aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

アグラオネマ バイカラー 他

世間はTB便の嵐ですね(世間と言ってもかなーり限られた世界ですが・・・)特にブセファランドラが熱いです。
あと、同時期入荷のLA便も非常に興味深かったです。
それに、ギニア便も相変わらず良いですね・・・輸送距離は東南アジアの数倍なのにあの価格ってのも・・・でも何故かアフリカワイルドには縁がないです(余裕ができたら攻めてみたい分野です)。
ついでにごく一部では「RS便」も熱いようです。

そんな流れに全く乗れていない私はいつもコメントを頂いている方々のブログ記事に気の利いたコメントを書くことができないでいます・・・皆様ゴメンなさい。




そんな訳で、世の流れ(「世」と言ってもかなーーり限られた世界ですが・・・)に逆らってはいないけど全然乗れていない、しかも「アクア」から外れているアグラオネマのお話です。



ことあるごとに「生長が遅い」と書いていた アグラオネマ バイカラー
ようやく新葉の展開が終わりました。

展開があまりにも遅いので、葉の左右で緑の濃さが違う。
これはこれで綺麗。
d0249970_23361737.jpg
(2011.08.31)
フラッシュなしで撮影(蛍光灯下)
画像処理なし(トリミングのみ実施)


ちなみにフラッシュを焚いて撮ると、
d0249970_23382762.jpg
こっちのほうが実際の色に近いかも。


撮影技術がないとダメですね・・・。



話題がそれましたが、このアグラオネマ購入時に、ショップの方から
「原種のアグラオネマは成長が凄く遅いよ」
と聞いていたのですが、それを実感しました。
また、「ロタンダムはもっと遅い」との話を聞いたのだけど・・・どれだけ遅いんだ・・・。

ちなみにこのとき アグラオネマ sp. ロタンダム なるものの実物を初めて目にしたのですが・・・凄かった
「凄い」としか表現できないのは自分の語彙力が乏しいためもあるけど、「かわいい」「綺麗」「妖艶」「・・・」どれとも違う、とにかく「凄かった」のです!
既に売約済みのそれを入手することはできず、予約していたこの「アグラオネマ バイカラー」を受け取り帰路についたものの、「ロタンダム」が頭を離れず、いろいろ探したが挙句にタイの業者さん(日本人の方)から輸入することにしたのが7月の中旬頃。

送料も安くないのでついでだからと他の種類も合わせて注文(計5種類、後日更に追加して合計9種類)したものの、そのうちの1種類が生長待ちとのことで、現在首を長くして待っているところなのです。
(最大で2ヶ月くらいとのことなので、そろそろ来るはず!)

ちなみに、ちなみに、この予約をした翌日にNATUREさんのHPでAZ便到着の情報を目にしてしまい、この時点で頭の中がアグラオネマに染まっていて、かつ、金銭感覚が少し狂っていたことも重なり 「トリカラー エウレカタイプ」 を購入してしまったのでした。
 (以前「勢いでエウレカを買ってしまった」とのことを書きましたが実はこんな経緯があったのでした。)

ともかくそんなわけで現在、「アグラオネマ祭り」に向けて待機中なのですが、おとなしく待つことの出来ない私は先日の園芸種(バタフライ?)に続き、原種のアグラオネマを2つ買ってしまいました。

こんなの
d0249970_044051.jpg

と、こんなの
d0249970_045149.jpg

(詳細は後日)


TB便は見送ったのに、色々と植物が増えています・・・。


(写真はクリックすると拡大されますよ。もしご興味があればどうぞ。)






ちなみに、ちなみに、ちなみに、実は更に狙っているアグラオネマがあって、
・・・Charmの¥320(本店価格)観葉植物の「おまかせアグラオネマ」。
間違っても「メタリカ」はないだろうけど(笑)、値段が値段なので興味があります。
(¥320ホマロメナも攻めてみたいところだったのですが売り切れで残念)
近々Charmを利用しようかと思っているので、そのとき売り切れていなかったら買ってしまおうか・・・。



葉っぱの魔力怖るべし・・・というか、我ながらかなりキちゃってますね・・・。
[PR]
by bbex58582 | 2011-09-01 00:27 | アグラオネマ
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite