aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

アグラオネマ ピクタム トリカラー

色々なサトイモ科の植物たちにあって アグラオネマ ピクタム トリカラー はちょっと特別な存在です。
どう特別なのかってのは愚問でしょう(笑)。

この植物に最初に手を出したのが今年の7月。
その後気付いたら色々増えてました。
とは言っても子株ばかりで、これからじっくり育て上げねばなりません。
あと1年したら凄い事になっていそうです!

とりあえず現状を記録として・・・


①ニアスの「エウレカ タイプ」(AZ便)
Aglaonema pictum "tricolor" type EUREKA P. Nias ¥16,800
今まで何度となく登場させていますが、このブログを始めるきっかけとなった植物ですので特別です。
現状、葉っぱ1枚のが3株。
前回の投稿(11/4)からほとんど変化がありません(汗)。
やはり温度が足りないのでしょうかね。
照明点灯時20℃、消灯時16℃ くらいです。
d0249970_22431269.jpg
一番上の株 

9月末から全然動いていません。
3ヶ月も・・・です。

次の葉の兆しがあるようなないような・・・



※(愚かにも)3分割した棒の元の位置のことです。


d0249970_224727100.jpg
真ん中の株

唯一のミズゴケ植え。
葉が一番大きいです。

新葉の出てくる準備は整った様子。↓
d0249970_22474435.jpg

d0249970_22511314.jpg
一番下の株

これも次の葉の出てくる場所というか裂け目(?)が出来上がってます。↓
d0249970_2251258.jpg
新葉の展開は2月頃でしょうかね?
導入当初の思惑としては、年内には葉っぱ3枚くらいのが3株・・・なんて夢見てましたが・・・。
ともあれ、カットした3片全てがちゃんと育ってくれているので御の字だと思うことにしています。
素質としては文句なしに素晴らしものを持っているので来年の動きがとても楽しみです。


②ニアスの「緑3色」(AZ便)
Aglaonema pictum "tricolor" P. Nias class2 (緑3色) ¥9,500
d0249970_239490.jpg
(2011.12.30)

前回の投稿(12/6)のときに展開し始めていた葉がまだ開ききっていません。
温度の低さはこうも成長に響いてくるようです。
(ケース温度は終日19℃程度)
d0249970_23141915.jpg
しかし、奥には次の葉も覗いています。

流石にニアスのトリカラー、遅いながらも止まりません。


この株は完成された状態で入手したので既にかなりの見応えです!
現在ケース内にて管理していますが、春になったら外に出して観葉化させようかと考えております。
条件さえよければ動きも速いので暖かくなってからがとても楽しみです。


③kn便、スマトラ島産の面々
スマトラ島で採取された子株です。
生長後の表現は不明。 ・・・不明と言われてはどうしても大化け期待してしまいます。
入手株はそろって復活品とか売れ残り品、一癖ある面々です。
まぁ、輸入直後の株よりも安心して導入できたので・・・。

(1)Aglaonema pictum "Velvet Tricolor" Smatera ¥4,800
d0249970_23343235.jpgd0249970_2334381.jpg
ハート型の葉はベルベットの質感が他よりも強いです。
センターのホワイトラインは濃いめ。

導入時
d0249970_23344354.jpg
(2011.11.10)

復活株ということでの入手でした。
これだけ採取標高の表記はないですが、時期的に600mでしょうかね?

(2)Aglaonema pictum "Tricolor" Sibolga sulatan Alt 900m ¥4,800×2
(2-1)
d0249970_2334490.jpg
既に「トリカラー」してます。
あとはセンターの銀模様がこれからどれだけ散ってくれるかが問題ですね。


d0249970_23341336.jpgd0249970_23341940.jpg

(2-2)
d0249970_23355958.jpgd0249970_23354679.jpg葉が開く前の状態で購入しました。
葉模様からすると 2-1 と同じタイプでしょうかね?
やや緑が濃い気もしますが・・・
まぁ時間が解決してくれるでしょう。

導入時
d0249970_2333529.jpg
(2011.11.10)

このタイプは茎がしっかりしていました。

左株は「復活株」としてリリースされたものです。
「復活」とは言っても葉が展開して「選べる状態になった」のでネットにアップされたということのようです。

右の株は葉が開く前で本来のリリース前でしたが少し冒険をしてみました。

(3)Aglaonema pictum "Tricolor" Sibolga sulatan Alt 700m ¥4,500
d0249970_165382.jpg
先日紹介したばかりですね。。。

模様が上の3株と明らかに違うタイプだったので・・・。
質感は(1)ほどではないですがベルベット感強め。


現状、葉っぱ1枚で生長点なし。
大化けしてくれないと割が合わないかもです・・・(気分的に)。

まぁ、気長に育てます。
 *"Sibolga sulatan"はgoogleの地図だと”Sibolga selatan”になってますね。
  google地図は結構間違いが多いので何とも言えないけど、どっちが正しいんだろう?

  
(1)と(2)はカミハタ便のスラウェシホマ購入のときの導入。A.P.BARNさんからです。
(3)は先日FeedOnさんにてです。


とりあえずここまででの子株たちを並べるとこんな感じ。
d0249970_114451.jpg
(2011.12.30)

全部育つと壮観でしょうね!

凄く楽しみです。


写真の株全部合わせて¥35,700‐
アンダマン諸島トリカラーを買ってもお釣りが来ちゃいますね・・・。



実はまだあります。



④普通の園芸種トリカラー ¥11,000×2
いわゆる「元祖トリカラー」と呼ばれているタイプ。
ですが、予約取り置き中で手元にありません。
11月時点でこんな感じに育ってるとのことでした。
d0249970_1303533.jpg
現在タイにおります。

3月頃に来日予定。
送料がまだなので払わないとなりません。¥5,000。
なんだかんだ言って最初に買った(お金を払った)トリカラーはコレです。
今年の7月、エウレカ購入の前日でした。
当初は晩夏~秋頃に送ってもらう予定だったのが、雨の日が多く育ちが非常に悪いとのことで先延ばし先延ばし、冬は避けたいので結局来春まで待つこととなったのでした。
しかし、夏頃から「雨が多い」と聞いていましたが、あのような惨事になるとは思ってもいませんでした・・・。

以上のトリカラー導入にかけた金額は¥67,200!(送料・諸手数料 別) とんだ散財ですな・・・。

それにしてもこの半年で調子に乗って色々と買いすぎてしまいました。
1年前にはこんなことになろうとは想像もしていなかったです・・・。

トリカラーに関して来年は、よほどのことがない限り、新規導入は控えようと思っています。
今の子株たちの育成に専念して、まずはちゃんと「形」にしてから次に進みたいな・・・と。
でも、ニルバーシュの3便目があったりしたら・・・危ないですね。。。
[PR]
by bbex58582 | 2011-12-31 09:00 | アグラオネマ
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite