aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

種蒔き

アグラオネマの種を2粒ゲットしました!!!
d0249970_22102358.jpg
完全に熟すと赤くなる筈。d0249970_22103656.jpg

なのでまだ若い。

発芽してくれるだろうか。。。


ともあれ播いてみよう!
ということで、まず果肉の除去。
d0249970_22794.jpg
意外と果肉は少ないのね。

d0249970_22111521.jpg
若過ぎる方。

でも綺麗に果肉が剥がれてくれました。

そもそも自然と落ちたのだから「若過ぎ」というわけでは無いのかも。
熟してはいないけど。


d0249970_22112631.jpg
表面のヌルヌルは発芽を阻害する・・・のでしたっけ?
(思い違いかも・・・)

後々カビが生えてきても嫌なのでキレイにします。

d0249970_22113595.jpg
と思ったけど、勢い余って薄皮まで剥いでしまった。

直感的にOKだと思う。
(大丈夫か???)

d0249970_22122666.jpg
浅目に蒔いた。

飼っていたカメが卵を産んだ時のことを思い出しつつの作業でした(笑)。
というか、やってることは同じですね。

d0249970_22123137.jpg
軽くソイルをかけて終了。

d0249970_22123992.jpg
この状態で様子見です。

楽しみ!


あっ、このタネ、TB便のオマケでした!
季子さんからの粋なオマケその2です。
親株は Aglaonema cf. nebulosum ”北Sanggau” Kab.Sanggau のバイカラータイプ (未リリース・TBさん秘蔵株)とのこと。
どうやら直販分A~Dに各2粒の購入特典のようでした。
これは凄く嬉しいです。

さて、子株はどんな葉模様を見せてくれるでしょうか。
単純にバイカラーなのかあるいはモノカラー、トリカラー、はたまた、霜降りとか全銀の可能性もあるでしょう。
こればかりは出たとこ勝負です。
って、取らぬ狸のなんとやら(苦笑)。

模様も楽しみですが、まずはちゃんと芽を出して欲しい。
お願いしますよ!
成田空港のゴミ箱から復活の底意地を見せてください!(←このエピソードには吹いた。検疫官さんこんな大事なもの勝手に捨てちゃイカンでしょ。。。:笑)

コレがオマケで来たってことは・・・購入物はアレなわけです。
念願のあの御方をゲットしました!
[PR]
by bbex58582 | 2012-03-06 22:00 | アグラオネマ
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite