「ほっ」と。キャンペーン

aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

Aglaonema Tricolour

Aglaonema Tricolour
入手名です。
Aglaonema pictum tricolor あるいは Aglaonema cf. pictum toricolor といったところでしょうか。
特にこだわってはいませんが・・・。
 
まぁ、いわゆる「元祖トリカラー」です。多分。

(2012.4.22、イモのみ03.27)
d0249970_32913.jpgd0249970_321055.jpg

d0249970_315985.jpg
結局、古葉が2枚落ちた。

でも新しい綺麗な模様の葉は健在なので。。。


鉢の端の方に植えられている理由↓
d0249970_310571.jpg
期待しても良いのかな???






ともあれ、葉っぱ・・・
d0249970_353599.jpgd0249970_353711.jpgd0249970_354358.jpg
d0249970_354572.jpg
d0249970_355096.jpg
d0249970_355279.jpg

一番新しい葉はうちに来てから開きました。
白の面積が広く、なかなかのハイスペック!
これが「元祖」なのか?
何か違う気がする。。。






今回導入トリカラーの秘密。。。。

d0249970_3151470.jpgd0249970_3151795.jpg

実はもうひと株ありました。

注文は昨年の7月なわけですが、調子に乗りすぎでしたね・・・。


こっちの株のほうがバランスが良いです。

葉の枯れも無く状態良好。




d0249970_3145567.jpg
おイモの方は・・・まぁ普通。

よく見ると、新芽を刈り取った跡あり。

出荷時の状態によっては発生小株は切り取って育成に回しているとのことでした。
指定株での取り置きをお願いした時点でそう聞いてはいましたが、まさか本当にそこまで育つとは思ってもいなかった。

ちょっとタイミングが惜しかったかな。



「トリカラー」と言われつつ、普通に4色出てますが、
d0249970_3272637.jpg
密かに5色とか6色の素質も持っているようです。


タイで流通の園芸トリカラーには当たり前のように6色出ている種類も存在しているようですが(もはや「トリカラー」でないですが・・・)、これはそれほどのものではではないです。
(と言いつつも期待していないわけではないと・・・。)




と、そんなこんなが導入のトリカラーでした。
ホント、大事に育てます。。。
[PR]
by bbex58582 | 2012-04-26 17:00 | アグラオネマ | Comments(0)
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite