「ほっ」と。キャンペーン

aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

新入りアグラオネマ 緑単色系

巷の(?)アグラオネマブームは実際のところ 「トリカラーブーム」 なのでしょうか?
でも緑単色モノも捨てたものではないと思うのです。

そんなわけでKSB便より
d0249970_1503174.jpgd0249970_1503085.jpg
アグラオネマ sp.
ランカウイ島産


シンプレックスでしょうかね?

格好良いです!

現地画像に一目惚れ。
で、ちょっと奮発した次第。


後悔は無い。。。




普通に常湿に置いていますが問題なさそう。
生長の動きを見せないのは心配だけど、まぁそのうち動いてくれることでしょう。


KSB便からもうひとつ、
d0249970_21158.jpgd0249970_21072.jpg
こっちはボルネオ島採取の木立ちタイプ

アグラオネマ sp. Bau Sarawak

ネブローサムでしょうか?

地味ですが味わい深い感じ。
やや艶消し気味の独特の葉質、TB便で来たサラワク産の特徴と同じですね。

このタイプはリリースされたときから興味はあったのですが、イマイチタイミングが合わず・・・
で、今回上のランカウイ産購入のタイミングで一緒に導入と至りました。


これも常湿で育てていたのだけど、先日植え替えたら地中の茎が長くて長くて・・・カットしたので現在ケース内で養生してもらってます。
が、この時期にケースに入れてしまうと湿度的に5月か6月まで出せない。
折角常湿で育っていたところ勿体無い気もしますが、当面ケースで文字通りの温室栽培といきます。


緑単色をもう一つ。
被ってますがどちらかといえばこっちが本命。
d0249970_217282.jpgd0249970_2172825.jpg
まだ幼株ですが、
Aglaonema sp. "Plain Leaf" Johor Malaysia

これもネブローサムでしょうかね?
上のに比べ緑がより濃く、かつ、より艶消しされた葉質のアグラオネマです。

NATUREさんリリースの増殖株。
前から気になっていたのですが、価格とタイミング的な躊躇があって・・・
あと、以前購入した細葉バイカラーネブローサムの増殖子株がうまく育てられないってのも躊躇の理由になっていました。

が、先日の5周年セールで吹っ切れて購入!
思ったよりもしっかりした株なのは嬉しい誤算。

これはしっかりと育て上げねばと思います。
親株然と育った姿が楽しみ!



NATUREさんのセールではもう1種類購入。
思わぬ(大)暴走でしたがそれは次回に、 明日か明後日か? PC相変わらず重くて、更新が滞る。。。
[PR]
by bbex58582 | 2012-10-30 09:30 | アグラオネマ | Comments(4)
Commented by ほんだし at 2012-10-30 12:19 x
単色のもいいのありますよね。
地味って印象はあんまりないですね。
草は緑ってイメージですからw
がっつり巨大化させないといけませんねw
Commented by Kt at 2012-10-30 23:18 x
ほんだし 様
草は緑 ・・・ 仰る通りですね。変な草のおかげで感覚が狂っています(苦笑)。
大きくしますよ~。
特に3番目の。 まだほんの子株ですが、NATUREさんの親株画像には憧れますね。

Commented by Kt at 2012-10-31 22:49 x
ほんだし 様
ネブローサムはピクタム程の派手さは無いですが、落ち着いてしっかり自己主張している感じがとても好きです。
NATUREさんの親株は写真でしか見ていないですが、模様といい株のバランスいいとてもよいですよね・・・ナマで見てみたいな。。。

栽培に関しては愚図り出すとなかなか手に負えなくなってしまうので何とか良い状態を保ちたいです。
(と言っている側から花芽を上げているのですが・・・)
Commented by Kt at 2012-10-31 22:49 x
Yossie_y2k 様
アグラオネマは良株の実物を見てしまうとその世界に引き込まれますよね。
私はロタンダムをナマで見てアグラオネマの世界に引き込まれました。

ネブローサムだけの話ではないですが、模様や葉形のバリエーションは見ていて飽きないですね。
既に色々なタイプを集めてしまったのでしばらくは育成に専念しないとなぁと思います。
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite