「ほっ」と。キャンペーン

aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

Aglaonema Pictum tricolor "Siberut 3rd"

Aglaonema Pictum tricolor "Siberut 3rd" LA便
ツルツル葉で緑3色。 この産地のピクタムはちょっと独特。
d0249970_22445465.jpg

模様はさておき、生長のスピードなどについてちょっと考察してみる。
d0249970_22445847.jpg
6月に導入してから葉っぱ3枚展開。

最初の葉っぱが8月の中旬だったので、その後3ヶ月で2枚。

よく育つ筈の時期でそのスピード、遅い。
2ndも同じくらいの速度なので、これは産地的な特徴なのだろう。

ニアス産と比べたら1/2以下の生長速度ではなかろうか。
 
比べても仕方ないが...

実は導入時に茎がとても長かったので刻んでいました。
d0249970_225583.jpgd0249970_22551051.jpgd0249970_22551151.jpg

そして現在、
d0249970_2302378.jpgd0249970_2302567.jpg
5ヶ月近く経過してこの通り。
ただでさえ生長が遅いのだから、そうなのでしょう。
左鉢の左株は11月に入ってからようやく芽が地上に出てきたところ。
右鉢はだいぶ溶けたりしたものの、9月頃に小さい葉を展開させ、その後停滞中。

ちなみに、メイン株の根本では、
d0249970_2303170.jpg
脇芽展開中。
もしかしたら2芽目も...?

動きはこっちのほうが速いです。

結果を見る限り刻んだのは失敗でしたね。
採取後LAさんの元で養生されていたし、根の付いた状態で刻んでいたので動きは速いのでは...と思っていたのですが、普通に生長が遅いタイプではこの通り。
先のTB便サラワク産バイカラネブロの例からしても、「切るな」というのが基本なのでしょう。
...今更ですが。



※訂正(11/18)
少し前の写真で捜し物をしていたら勘違いが発覚。
"2nd"ですが、3ヶ月で葉っぱ4枚分の生長をしていました。
ここで紹介の脇芽が現在葉っぱ4枚。
5枚目もあと1週間くらいで展開される勢いです。
全然遅くないです。むしろ速い方。

導入間もないころのイメージが先行して肝心な記憶が飛んでました。。。
[PR]
by bbex58582 | 2012-11-16 00:00 | アグラオネマ | Comments(9)
Commented by ほんだし at 2012-11-16 07:32 x
うちは最初のノマドで買った棒がいまだに葉っぱ出てませんw
まぁ、根っこ1本しかなくて、それも溶けたりしてたので仕方ないかもですが・・・。
今はミズゴケに横たわらせてますが、順調に伸びてます。
葉っぱはまだですがw
Commented by Renton513 at 2012-11-16 09:57 x
LA便シベルってツルツル葉なんですね~!
ブログ等でよく見てますが、それは知りませんでした!
刻んだ後の用土ってやっぱりミズゴケのほうが、少しだけ成長はやいのですかね~
Commented by Renton513 at 2012-11-16 09:57 x
LA便シベルってツルツル葉なんですね~!
ブログ等でよく見てますが、それは知りませんでした!
刻んだ後の用土ってやっぱりミズゴケのほうが、少しだけ成長はやいのですかね~
Commented by szdaqua at 2012-11-16 10:16
ニアスのトリカラーが異常に強くて早いので、感覚が狂っちゃいますね^^;
繊細な印象を受けるシベルトリカラーは、やはり切り刻まずに育てた方が良いのですね。なるほど。
1枚目の写真からもこれからの期待が高まっていく模様ですね!!
Commented by Kt at 2012-11-17 17:19 x
ほんだし 様
え~、まだ棒でしたか。
根っこが動いているなら大丈夫なのでしょうけど、心配ですね。
どうしちゃったんでしょう?
こうなったら刺激を与える為に刻んじゃうとか・・・スミマセン、悪魔の囁きは無視してください。。。
Commented by Kt at 2012-11-17 17:20 x
Renton513 様
ツルツル…テカテカと言うほどではないですが、概ねツルツルといった感じです。
・・・で間違っていないよなぁ、、、と思って改めて観察すると・・・最新の葉では艶消し感が出てますね。。。(←オイオイ)
まだ若い株で一つ前の葉まではツルツルでしたが、これから艶消し気味の質感で落ち着いていて行きそうです。2ndがそうなので。
(あまりいい加減なことを書かないように気をつけねば...)

今回のは刻んだ長さが全然違うので単純比較はできないですが、経験上、確かにミズゴケのほうが動きが早い傾向にあるように感じます。
でもやっぱりいきなり刻むのはよろしくないですね...
Commented by Kt at 2012-11-17 17:22 x
szdaqua 様
勢いのついたニアス産は別格ですよね。確かに感覚が狂わされます。
ニアス産に比べるまでもなく、シベル産はデリケートですね。(それほど離れていない島なのに...って、それは関係ないですか。)
この産地のピクタムは、ピクタムというよりはネブローサムの感覚で育てるのが合ってそうです。ほとんど一緒ですけど、心構え的な微妙な部分で…。
生長が遅くて、それでいて脇芽を出しやすい種類にあっては、刻むのは結果的に遠回りですね。
リスク分散としてはアリかと思いますが...。

葉模様などは既に現地画像の感じに並んでいるように思うので、これから栽培下でどうなるか、のんびり楽しみます。
Commented by もの@ぐさ at 2012-11-18 12:04 x
はつコメします^_^

大変参考になる記事です
我が家のシベル産も2nd、3nd共に3ヶ月で
葉が1枚と言ったペースです。やっぱり非常に動きが遅いのですね

カット後の棒は横置きと縦挿しで成長に違いありますか?
Commented by Kt at 2012-11-18 19:24 x
もの@ぐさ 様
コメントありがとうございます。
ブログ " mono@草 " の方、お気に入り登録させていただきました。
今後ともよろしくお願いします。

シベル産はやっぱり遅いですよね、ウチはこれでも速い方なのでしょうかね?
1stも出遅れているようですし、この産地のはちょっとクセがあるのでしょうね。

刻んだ枝の生長速度についてですが、スミマセン情報不足で答えられないです。
私のやり方としては、通常挿し木(縦置き)で、既に芽が出ているときは伏せ木(横置き)...ってな感じに使い分けていました(例外もありますが)。
深い理由は無いですが、何となく感覚的にです。
このやり方ですと、挿し木ではまず根が出てから次に芽が出ると思われ、ちゃんと根付いているからでしょう、芽の生長速度としては挿し木のほうが速いです。
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite