aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

Aglaonema Pictum tricolor "Siberut 3rd"

Aglaonema Pictum tricolor "Siberut 3rd" LA便
ツルツル葉で緑3色。 この産地のピクタムはちょっと独特。
d0249970_22445465.jpg

模様はさておき、生長のスピードなどについてちょっと考察してみる。
d0249970_22445847.jpg
6月に導入してから葉っぱ3枚展開。

最初の葉っぱが8月の中旬だったので、その後3ヶ月で2枚。

よく育つ筈の時期でそのスピード、遅い。
2ndも同じくらいの速度なので、これは産地的な特徴なのだろう。

ニアス産と比べたら1/2以下の生長速度ではなかろうか。
 
比べても仕方ないが...

実は導入時に茎がとても長かったので刻んでいました。
d0249970_225583.jpgd0249970_22551051.jpgd0249970_22551151.jpg

そして現在、
d0249970_2302378.jpgd0249970_2302567.jpg
5ヶ月近く経過してこの通り。
ただでさえ生長が遅いのだから、そうなのでしょう。
左鉢の左株は11月に入ってからようやく芽が地上に出てきたところ。
右鉢はだいぶ溶けたりしたものの、9月頃に小さい葉を展開させ、その後停滞中。

ちなみに、メイン株の根本では、
d0249970_2303170.jpg
脇芽展開中。
もしかしたら2芽目も...?

動きはこっちのほうが速いです。

結果を見る限り刻んだのは失敗でしたね。
採取後LAさんの元で養生されていたし、根の付いた状態で刻んでいたので動きは速いのでは...と思っていたのですが、普通に生長が遅いタイプではこの通り。
先のTB便サラワク産バイカラネブロの例からしても、「切るな」というのが基本なのでしょう。
...今更ですが。



※訂正(11/18)
少し前の写真で捜し物をしていたら勘違いが発覚。
"2nd"ですが、3ヶ月で葉っぱ4枚分の生長をしていました。
ここで紹介の脇芽が現在葉っぱ4枚。
5枚目もあと1週間くらいで展開される勢いです。
全然遅くないです。むしろ速い方。

導入間もないころのイメージが先行して肝心な記憶が飛んでました。。。
[PR]
by bbex58582 | 2012-11-16 00:00 | アグラオネマ
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite