「ほっ」と。キャンペーン

aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

ピクタム 開花のその後

ピクタムの開花が続きましたが、花芽のその後の記録をば。

シベル2nd
開花(11/16~)
現状(12/21)
d0249970_1195410.jpg
予想通りですがダメみたいです。

柄が黄変、あと数日で朽ち折れるでしょう。

このピクタムは子房の形状が他のアグラオネマでは見ない形状をしていましたが、今回だけの変異だったのか、そういう種類なのか、次の花で確認です。
子株の方も花芽を上げました。
d0249970_1195670.jpg
"子株"といってもこっちの方が大きいのですが、、、



アンダマン
開花(11/19~)
現状(12/21)
d0249970_1313715.jpg
もしかしたら、もしかしているかも。。。

実の膨らみ具合に差が出ています。

今までダメだった実では、どれも全てが均一に膨らみその後ある時点で生長が止まって枯れるというパターンでしたが、これは...

ちょっとだけ期待します。


ちなみに、2番目の花は花粉を吹出し終えて雌しべが朽ちると同時に全体的に黄変して枯れました。
写真の3番目の花も同じみたいです。




TBパダン緑3色
開花(11/21~)
現状(12/21)
d0249970_1404589.jpgd0249970_1404418.jpg
これも、「もしかしたら!」と、ちょっと期待です。



ピクタムでは今、シベル2ndに加え、ニアス緑3色とエウレカが3株ほど花芽を上げています。
花よりも生長を望みたいけれど、生長を止めてまで花を咲かせるからには、種子にも期待をしてしまいます。
新世代での葉模様の可能性には期待する価値が大いにあるでしょう。
(追記:書き忘れていていましたが、タイ園芸ルートのも開花間近でした。ただ、調子を落としていてギリギリでマトモな葉っぱが2枚しか無い状態なので、株への負担を考えたら開花後即カットといきます。タイミングが会えば花粉用に...)
[PR]
by bbex58582 | 2012-12-23 06:05 | アグラオネマ
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite