「ほっ」と。キャンペーン

aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

A.pictum type EUREKA で見るアグラオネマの増殖

(2012.12.23 撮影 より)

アグラオネマの増殖を目指したとき、「切るべきか、切らざるべきか」というのは悩むところかと思う。d0249970_47983.jpg

切れば(ほぼ)確実に子株を得られるけど、幼株からの再スタートとなり生長に時間を要す。
切らずに脇芽を期待するなら、確実に脇芽が出てくるとは限らないけど、出たならその時点で完成に近い表現が期待できる。

ちょうどエウレカの子株たちでその傾向が顕著だったのでUPしてみます。
増殖に関して、エウレカはちょっと異常なので参考にはならない気もするけど...

Aglaonema pictum "tricolor" type EUREKA P. Nias
子株
d0249970_355650.jpg
番号は以下に対応しています。
d0249970_453260.jpg
説明すると、

① 芽が見えたので思わず無茶カットをしてしまったところからの増殖子株。

② ①カットの約1月後にこれも短い茎を残してのカット。でも根はかなりしっかりしていた。そこから出てきた子株。

③ 葉も残したし、気分的にも余裕を持ってのカット。 2株出てきた。

④ 切らずに育てつづけたところで出てきた脇芽。ちなみにこれだけ常湿栽培。

更に詳しく、
d0249970_47093.jpg

まだまだ時間がかかりそうな幼株...

d0249970_47292.jpg

模様の変化としては"棒"3分割の去年と同じくらいのペースでしょうか?
生長自体はずっと早いです(と言うよりも、去年が遅過ぎました)。

d0249970_47516.jpg

抓んでいる葉が3枚目。

なかなか良いペースです。


関係ないけど、3芽目が育つ雰囲気もあり。
元気良過ぎ!
d0249970_4134497.jpg


d0249970_47983.jpg

1枚目にしてこの模様!
流石です!

そういえば、土中から3芽出ていたけど、ひとつ枯れてしまいました。
子株に低湿度はキツイようですね。
d0249970_4164750.jpg


これを見る限り、脇芽株が突出しています。

つまり切らないのがベストなのか? 
しかし、そうとは言えません。

まず、そもそも脇芽が出てこない場合があります。
同じニアス産のclass2 緑3色(eu緑3色タイプ)では鉢上30cmくらいまで育て込んでも脇芽んど全然出してくれません。
また、切ったとしてもその上側の分離株で脇芽が期待できてしまう場合もあります。
現実に、このエウレカでは既にカットした分離株で脇芽が育っています。
d0249970_4355085.jpgd0249970_4355688.jpg

このあたり、エウレカの増殖力の凄まじさを感じます。

つまり結局のところ、切るのと切らないの、どっちが良いかなのですが、一概に「こうだ」と言えない以上、切ることなくまずはしっかりと株の完成に努めるべきかな...と。

そもそも増殖を前提に育てるのは何か違うような...とここまで書いておきながら。
グダグダですみません。。。





グダグダついでに、
殖やすにしろ育て込みを極めるにしろ、思惑から外れてしまうのが花芽。
d0249970_56203.jpg
こうなったらお手上げです。

一応、花芽に競合して葉も出してはいるけど...

まぁ、折角なのでタネ取りチャレンジと行ってみます。
現在エウレカ3株に緑3色のニアス計4株とLAシベル2nd、あと"元祖"で花芽が見られます。
実生株に見る夢。道を外さない程度に遊んでみます。
[PR]
by bbex58582 | 2012-12-29 06:30 | アグラオネマ | Comments(2)
Commented by SZDYOUTA at 2012-12-30 00:40 x
株がありすぎてどれがどの株だかわからなくなるほど…流石です。
実生は楽しみですね。どれかが上手くいきさえすればそれはそれはとても楽しみなことじゃないかと…
Commented by Kt at 2012-12-30 20:04 x
SZDYOUTA 様
エウレカは面白いことにどの鉢も生長の段階が違うので区別が容易になってます。
ただ、ほぼ全ての鉢がラベルなしの管理なので時折何だったか怪しくなることもあり、そろそろラベリングしてやらないと厳しそうです(...面倒)。
実生栽培は今年のはじめにTBさんにオマケで頂いたネブローサムの種子で挑戦したのですが、管理不足もあり玉砕させてしまいました。そのリベンジも込めてチャンスあらばと思っているのですが、それ以前に種取りが難しくまだスタート地点にすら立てません。
リベンジ云々は抜きにしても、実生株表現の可能性とういう点はとても魅力なので成功させたいところ、密かに来年の目標とします。
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite