aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

しるば~らいん レポート

Aglaonema Pictum “しるば~らいん” from Aceh Sumatera (2013.01 LA便)
d0249970_20542150.jpg
(2013.05.20)

LA便のアチェ産のアグラオネマ ピクタム "しるば~らいん"。
葉模様発現前で「無限の可能性を持った個体群」といった感じの触れ込みの、とにかく将来が楽しみな幼株として紹介されました。

導入から3ヶ月半、動き出しこそ遅かったですが調子が上がってきてここまでで新葉の展開は2枚。
化け始めているようです。
まだまだこれからではありますが、以前、軽く紹介しただけだったのでこの機会にじっくり見ていきたいと思います。

まず、購入時。 アクアセノーテさんからの購入です。(2013.02.03)
d0249970_22337100.jpg
株自体は他に比べて葉数も多くボリュームがあったように思います(実際に見たわけじゃないけど)

特徴であるべき"しるば~らいん"が極めて薄く、模様の出方が微妙だった分サイズ的にサービス株だったのでしょうか?
でも(多分)同じ理由でリリース後1週間経っても売れ残っていました。

当初この株では購入は見合わせるつもりでいたのですが、思い切って導入してみた次第、そんなですが、ここまでのところ"アタリ"です。


せっかくなので葉を1枚1枚見ていきます(しつこいけど^^;)
現地葉の古い順にいきましょう。

まず1枚目
d0249970_2105556.jpg
ちょっと汚れていてわかり難いですが、どう見ても緑1色です。

濃いめの緑ですが、"黒"よりも"青"寄りの濃さといったところでしょうか。(←写真で表現できていない...)

なかなか良い色だと思います。

d0249970_212851.jpg
柄が折れかかってプラプラですが、表皮だけで何とか繋がっています。
導入時からこんな感じでしたから強いものですね。


2枚目
d0249970_2133998.jpg
主脈部分に薄緑色が現われています。
この色も独特、エメラルドグリーンの薄くて少し濁った感じでしょうか?

それと、僅かですが銀粉が散っているのが分かります。
本当に僅かです。


3枚目
d0249970_217355.jpg
2枚目とほぼ一緒ですがシルバーパウダーが少し増えていますね。


4枚目
d0249970_219666.jpg
3枚目からあまり変化はないです。
強いて言えば薄緑色の面積が僅かに増えたかな...


5枚目。一番若い現地葉です。
d0249970_21101340.jpg
基本的には3、4枚目と同じですが、微妙に白斑の飛びが見られます。
あまりに微妙な白飛びですが、これに何となく可能性を感じました。
もしこの白飛びが無かったら購入に踏み切れなかったように思います。


6枚目(導入後最初の葉)。
d0249970_21163075.jpg
この葉の展開は4月の中旬、導入から2ヶ月以上かかりました。
模様は4枚目に戻ってシンプルなバイカラーにシルバーパウダー。
ただ薄緑の面積はだいぶ増しています。

葉の展開当初1週間くらいは本当にただのバイカラーで何とも拍子抜けでした。
その後、色が固まるにつれてセンターにシルバーパウダーが現われて今の感じになっています。
薄緑の色合いはまだ変化しそうです。

これが最終形態かなとちょっとした物足りなさを感じた反面、これはこれで良いのではという思いに傾きかけていました。

バイカラーも悪くはないなぁと思っていたら、7枚目
現在の最新葉です。
d0249970_21233783.jpgd0249970_21241393.jpg
なんとモザイク模様だけで4色出ました!
それにプラス、センターに例のシルバーパウダーですが、これも今ま出以上に濃い感じ(それでも薄いけど)
急に張り切り過ぎです(笑)。

「4色」の内訳は今までどおりの2色(1、2)に白斑(3)と明るい黄土色みたいな色(4)。
実は葉の展開が始まった頃に先端に白斑が見えてちょっと期待していたのですが、いきなり期待以上でした。

4番の色はこれまた独特、2に似ているけど葉裏らか見た色調が全く違うので完全に独立した色なのでしょう。
そして極めつけがセンターシルバー、薄っすらとはいえ、今までより濃く出ています!
何とも期待させてくれる1枚、これからが俄然楽しみになってきます。
d0249970_21285976.jpg


8枚目になるドリル。
d0249970_2130258.jpg
さてさてどう出てくれるでしょうか?

バイカラーには戻らないですよね、それはそれで良いですけど。


そんな感じでこれからがとても楽しみ。

同産地のマルチカラーピクタムとしては"ニンバス"が紹介されていますが、色合いは違うように思います。
(ニンバス持ってないけど)
模様の入り方としては現状を見る限り、ニンバスレベルのバランスの良い整ったモザイクを期待するのは酷かなとも思いますがどう出てくれるでしょうか?

ともあれ、素晴らしい個性の持ち主、大切に見守っていかねばなりません。
d0249970_21323856.jpg

d0249970_21331683.jpgそういえば、導入からしばらくはミズゴケで育てていたのですが、根が鉢裏からも伸びてくるようになり、用土への植え替えを行なっています。
株自体が倒れてしかも茎のあちこちから根を下ろしていたので思いのほか植え付けにくかったです。

でもって根元には潜芽がいくつも控えていたものだから・・・

切っちゃいました。
d0249970_2134632.jpg

増殖もひとつの楽しみ…とか言って、無事に芽吹いてくれると良いのですが。。。

たのみますよ!!!




以上、"しるば~らいん"のレポートでしたが、、、長いことブログをサボっていた反動でだいぶしつこい記事になってしまいました。



追記)
植え替え&株分け を後々の為に記録しておきます。
導入株はミズゴケ植え付けで育てていましたが、鉢底から根が伸びてきたので植え替えました。
(2013.05.12)
d0249970_23455117.jpg
鉢から抜いたところ。


いい感じに発根していました。

高湿度のせいなのでしょうか?根元から倒れて幹を水平に展開、そこから根を下ろしていました。
たまにこういった育ち方をするのがいます。
これはこれでなかなか良いのですが、植え付けに場所を取るのはいただけません。。。

元々の株がしっかりしていたので早くも潜芽か脇芽が育っていました。

このまま植え付けても良かったのですが、鉢への収まりが悪い。
それに新芽が伸びてきてから株分けするのは2度手間だし...
ということで、カットしました。
d0249970_23583183.jpg
根の配分が悪いですが、仕方がない...

このあと用土に植え付けたのが上の写真です。



ついでに記録しておくと、カットにはライターの火で炙ったカッターナイフを使用。
カット断面はティッシュペーパーで水分を吸い取ったのち石灰をまぶして(塗り込んで)保護。
さらにカット面周辺にくん炭を配置しながら植え込んでいます。
knトロケロールの一件以来、他のピクタムでも溶けを発生させてしまったものだから、だいぶ神経質になっているところです。

なお用土は、
 硬質赤玉土(小粒) : ゴールデン粒状培養土 : パーライト : くん炭 ≒ 4 : 4 : 1 : 1
といった具合。
実際には気まぐれで鹿沼土を混ぜたり、旧鉢の用土をリサイクルで混ぜ込んだりしているのでこの限りではありません。
ゴールデン粒状培養土は水の吸いが悪く(その分保水性が高いわけだけど)、植え付け後一定時間の腰水が必要で手間なので給水済みのリサイクル用土は重宝します(粒が崩れているようだと論外だけど)

以上、とりあえず将来的に自分用のつもりで現状を記録しました。
軒並みですが、参考にする際は自己責任にてお願いします。
[PR]
by bbex58582 | 2013-05-20 22:00 | アグラオネマ | Comments(8)
Commented by siti108 at 2013-05-20 22:40
こんばんわ!
しるば~らいん化けましたね!
3番の色がグレーに見えるのですがなんとなくニンバスみたいになりそうですね^^
うちのはようやくドリルが出てきました!
どんな葉っぱが出てくるか楽しみです^^
Commented by ほんだし at 2013-05-21 08:32 x
だいぶ化けましたね(^^)
同じ個体群ならやっぱり似てくるんですかね?
環境よく育てると期待が持てるってことですね!
逆もまた然り・・・だと怖いですが(^^;
今ある株をしっかり育てなければ。。。
Commented by えは at 2013-05-21 10:12 x
成長記録が小まめに記載されていて非常に参考になりました。
子株の幼葉からは想像が出来ない代物でしたね。
そしてこの化け様。物凄い期待値が溢れてきますねw
今後のレポートも楽しみにしております!
Commented by Renton513 at 2013-05-21 13:18 x
こんにちは^^
素晴らしいレポートありがとうございます!
しるばーらいん、は持ってませんが…w
化けるものですね!たしかに、3番と4番の色が違う…
そして茎がすごい倒れてたのでびっくり!
これは一旦作り直しですね^^
子株もワサワサ出てくるだろうし楽しみですね~!
Commented by Kt at 2013-05-21 22:04 x
siti108 様
まさかこう来るとは思ってませんでした。
カメラと腕ががしょぼいので色を伝えるは難しいのですが、確かに3番は白というよりはシルバーと言った方がいいかもしれないですね。でもってセンターのがホワイトパウダー。
ニンバスになってくれますかね?
次の葉がとても楽しみです!!
未確定系はワクワク感がたまりませんね(←じれったいとも言いますが...)
Commented by Kt at 2013-05-21 22:04 x
ほんだし 様
本格的にはこれからですが、とりあえず化けてくれました。
遺伝子9割、環境1割くらいでしょうかね?(←テキトー)
暑くなってくるこれからの時期蒸れとかに気を付けないと...

模様未確定の株が・・・いくつあるんだ。。。
一度育て上げてから次に進むべきなのかもですが、気付くと増えてます。
Commented by Kt at 2013-05-21 22:05 x
えは 様
1枚1枚をじっくり見ていくと何かドラマがあります。
緑単色からの出発でどこまで行ってくれるでしょうかね?
これからが楽しみです!
Commented by Kt at 2013-05-21 22:05 x
Renton513 様
おそるべき売れ残り株です。
本当にわからないものですね。。。

4番の色はちょっと独特なんですよ。
見方によってはゴールド...これからの出方に密かに期待しています。
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite