aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:他のイモ( 4 )

Araceae sp. Santa Fe, Central Luzon, "Tricolor"

フィリピンのトリカラーサトイモ、秘蔵っ子です。
Araceae sp. Santa Fe, Central Luzon, "Tricolor"
d0249970_16532320.jpg
アグラオネマかスキンダプサスか・・・?
どちらにしても格好良い!

ようやく展開した1枚目の葉っぱ。
現地葉に比べてデカイ。


何便って言ったら良いのか?
チェルブさんゆうさん達のフィリピン共同採取便のゆうさんお持ち帰り分(でいいのかな)

今年2月のはじめ、ネットで紹介されているのを見て問い合わせ・即購入でした。


d0249970_16524911.jpg
色合いこそ渋めな感じだけど、メリハリの効いた感じが何とも言えません。

色合いが似ていると言えば アグラオネマ ネブローサム トリカラー だけど、それが水彩絵具なら、これは 油性絵具 か ペンキ と言った具合。
[PR]
by bbex58582 | 2012-06-10 01:00 | 他のイモ

ボルネオソード  (?)

(2012.04.30)

ボルネオソードとして2010年11月にヤフオクにて購入。
d0249970_22112210.jpg
水上育成株。

購入の株は水中で育てている。
写真は根茎の破片から発生のもの。
水上のほうが生長が速いし状態も良い。

どこまで大きくなるのだろうか?




d0249970_22112049.jpg
ピプトスパサ か オオイア か。

そもそも ピプトスパサ と オオイア の違いが分からん…。
(ブセ、アリダルムとの違いだって分かってないし、サトイモ科全般に知識不足・・・まぁ学者じゃないので。。。)

d0249970_22112115.jpg
微妙にレッドエッジ!

d0249970_22112162.jpg
子株!!!

写真を撮ろうと鉢を出して発見。
[PR]
by bbex58582 | 2012-05-01 22:00 | 他のイモ

ホッタルム(?) 水中化計画 [嘘]

Araceae(Hottarum?)sp. "Gunung Hose"Kapit省
(2012.04.13)
導入以来、ミズゴケに植えて放置していたけど、どうも動きが無いので掘り返してみました。
d0249970_4143617.jpg
草体の外観的には悪くなっている感じは無いけど、とにかく動かなすぎでした。



掘り返してみたら、案の定・・・↓

イモが半分溶けて、残りも黄変していました。
発根は確認できたので草体自体はやはり悪くはない様子。

d0249970_4143368.jpgd0249970_414342.jpg

イモは簡単にポロっと外れたので改めて植え直し。
慣れないミズゴケはやめて、おなじみの用土植え。
石を根で包む感じにして、それを鉢に浅く埋め込みました。
自生状態のことも考えると茎を埋め込むのは避けたいので。。。
d0249970_41434100.jpgd0249970_4143532.jpg

水上栽培ケースにて、深めの腰水。
今度こそちゃんと育ってくれることでしょう(と期待を込めて・・・)

残ったコレは・・・
d0249970_414355.jpg
一応、イモ。
黄変していて部分的に溶けている。

放っておいたら全溶け必至。

でもまだ死んだとは断言できない。

某ブセファランドラでは黄変したイモから子株が出てきたことがあるので、これももしかしたらもしかするかも・・・なんて淡い期待をしつつ、石に巻きつけて水中に沈めてみました。
直感的に水中です。

9割方、溶けて消滅といったところでしょうが、試せることは試しておきます。
[PR]
by bbex58582 | 2012-04-14 15:00 | 他のイモ

正体不明 ‐ 謎のイモ

イモsp.
サトイモ科で間違いないと思うけどそれ以外は不明。

(2011.08.08撮影)
d0249970_20292211.jpgd0249970_2030989.jpg


2009年末に某店にて購入。 確か¥150。
アクア再開から半年も経っておらず、ましてやサトイモ科の草の知識は皆無だった頃、アヌビアスの一種だと思って値段につられて購入した。(お店柄、店員さんも種類などは把握していなかった)
d0249970_2046462.jpg
(2009.12.30)
購入時

その後、約1年半水中で維持したけど新葉を出すペースと葉1枚が枯れるペースがほとんど一緒で、栽培に関してお手上げ状態だったが、6月初めに水上ケース立ち上げを機に水上栽培に移行した。
水中栽培での1年半の間に展開した葉は4、5枚程だったが、水上移行からわずか2ヶ月で既に新葉3枚を展開。
明らかに水上向きのイモだった。

しかし、一体何者だろう???

 分かっていること
  ・水上向きだが水中維持も可能
  ・根は石に着生する
  ・新葉は薄い茶色~オリーブ色(水上)


d0249970_203607.jpg
(2011.08.10撮影)



ともあれ水上では調子が良いので今後が楽しみ。

More
[PR]
by bbex58582 | 2011-08-10 20:56 | 他のイモ
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite