aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:器具( 9 )

ホリバー ブルー 

アザミウマによるアグラオネマの葉の食害。
以前から多少の被害があったのですが、秋頃から無視できなくなりました。
というか、気付けばケース内でアザミウマの大量発生。
農薬の使用も考えましたが自分の生活空間でもある場所なのでその案は保留。
いろいろと調べて行き着いたのが物理的な捕獲による対策。
類似製品がある中で一番効果がありそうな印象を受けたのが「ホリバー ブルー」という製品でした。
しかも行きつけのホームセンターに売っていたので...

11月末頃の記録です。
真面目な記事を書こうと思いつつ、写真だけ撮って後回しにしていたら1ヶ月が経ってしまいました。
で結局、内容が薄いままの投稿でごまかします。 ・・・ 典型的なダメパターン。


そんなわけでホリバーブルー。
アザミウマ用の捕獲粘着トラップです。農業用の。。。
d0249970_21574284.jpgd0249970_221163.jpg

造りは至ってシンプル。
青色のプラスチックシートに高粘度の液状樹脂(おそらくポリブテン)が塗ってある、ただそれだけ。
「青」という色の誘引効果でアザミウマを引きつけ粘着で捕獲するというものです。
この商品の存在をネットで知ったとき、てっきりゴキブリホイホイ的なしっかりした構造のものをイメージしていたのですがだいぶ違いました。
特にイメージと違って困ったのは両面に粘着液が塗られていること。
しかもセパレーター的なものは無く、パッケージ内でシート同士が普通に重なっていました。
使うときにそこから1枚1枚を剥がして使うと。
本来の用途、ビニルハウスでの大量使用を考えたら実に合理的なのですが、水槽温室での使用には大いに難ありです。(もちろん、文句など言えませんが)
結局、ビニールに片面を張り付けて片面のみの粘着とし、大きすぎるので細かく刻んでから使用することにしました。
なお、その作業の写真は無し。こんなベタベタするものをいじりながらカメラの操作などできません。。。
d0249970_2158341.jpgd0249970_2158549.jpgd0249970_2158756.jpg
これをケース内の各所に設置。
壁面に立て掛けたり高い位置に貼り付けたり、底面や鉢内に平置きしたり。

結論からいうと、効果が一番あったのは平置きのパターン。
逆に壁面の高い位置への設置はほとんど効果が見られませんでした。
どうやら床を這って移動するアザミウマが餌食となるような・・・。
色による誘引効果の程は・・・触れないでおきます。
d0249970_2158912.jpg
ともあれ、数日で効果が如実に現れ、葉に付着のアザミウマの姿もだいぶ減り、食害による葉の変色も概ね止まったようです(既に手遅れだったりもしていますが...)。

左写真は"アンダマン"の根元に設置のシート、設置1週間後。
一番の大漁でした。
それだけにアンダマンの葉もだいぶ黄変していて手遅れな感が。


しかし、“根絶“はできないので今後もこの対策は継続が必要です。
ホリバーは使いにくいので類似品を探すか、使いやすいように自作するか...

ともあれ、これでアザミウマ問題は解決ということで良いでしょう。

More
[PR]
by bbex58582 | 2012-12-29 06:00 | 器具

水上栽培水槽棚 ~ 水槽設置!

重かった。

まず上段
d0249970_1164352.jpgd0249970_1164763.jpg1200*600*600

向きが間違っていますが・・・
間違っていません。

しかし、重かった!
それにデカイ!

2Fまで上げるのに苦労しました。
廊下とか幅が75cmでギリギリ・・・
階段に至っては手摺を外す羽目に、手摺が無いところでこの重い水槽を持って登のは恐かった...


設計通りで満足・・・と思いきや、
隙間発見、、、

設計ミスか組立てミスか・・・
否、そもそも床が歪んでいる・・・多分。

ショックだけど、水を張るわけでないし、このまま行こうか...


ともあれ、続いて下の段
d0249970_1164755.jpg1200*450*600

こっちの中古品はキズや汚れが目立っていて見苦しいけど、まぁ、そこは機能優先ということで...

そもそも、このサイズのアクリル水槽自体滅多に無いので・・・
いや、新品買えよって話ですが、新品だと幾らするのだろうか?
まず手が出せないでしょう(苦笑)。

模範解答としては、3~5mm程の薄いアクリル板でのオーダーメイドなのだろうけど・・・10mmってホント重過ぎでした。


そんなわけで設置完了!
d0249970_1165083.jpg
上段水槽に入れたのはとりあえずプラケやら発泡スチロール箱に避難させていたもの。
水槽が大きいので余裕でスッポリと。
流石の収容力、これからが楽しみです。


収容するのは、常湿化していないアグラオネマ全部と、スキスマとホマロメナの大部分、あとジュエルオーキッドとその他適当に…
まぁ、ここまでできたのだから、あとは適当にのんびりり進めていこうかと思う。


ピクタムとネブローサムでどれだけのスペースをとるか、まずはそこからになるかな。




もうすぐ見納め >>more
[PR]
by bbex58582 | 2012-10-22 09:00 | 器具

DIY ~ 水上栽培水槽棚

当初の予定からかなり遅れたものの、何とか完成。
d0249970_21164063.jpgd0249970_21164339.jpg
水上栽培水槽収容の棚。 否、アグラオネマ栽培水槽の為と言った方が適切かも...

ともあれ、素人にしては、なかなかの大作・・・かな?!

使った材木、2×4材1820mmのを17本に1×4材は同9本。
ビスは300本くらい使っただろうか。

照明は40W蛍光管形のLED管(各18W)をとりあえず5本。
眩しい。

天板を付けないと使えないけど、最上段は主に観葉鉢を置く予定。
でもって、メインは水槽をはめ込む下から2段目と3段目。

水槽はアクリル、上には1200×600×600、下には1200×450×600(H)を横にして設置します。
色々と間違っているのは承知だけど、今更後には引けない・・・
これらの水槽は中古で購入済み、既に1ヶ月以上物置で眠っています。早く起こしてあげないと…。

軽さが売りのアクリル水槽もH=600となると板厚10mmで重さが半端ない。
そもそも板厚10mmの水槽を水上栽培に使うってのがそもそもの間違いなのね。
しかも横置き・・・
それ以前に、このサイズの水槽で水上栽培って・・・

ともあれ、我ながら暴走してしまったことは仕方ない。
ちゃんと突っ走り抜きます(苦笑)。


さて、水槽の設置が大変だ・・・。
[PR]
by bbex58582 | 2012-10-19 22:00 | 器具

鉢を迷う

プラ鉢
d0249970_358166.jpg
どれを使おうか・・・

d0249970_358211.jpg
エウレカの植え替えに


流石に右奥のは大きすぎる(苦笑)

手前左のスクエア3号あたりが妥当だろうか・・・


d0249970_3582325.jpg

d0249970_3582852.jpg
根が・・・10本!?




あと、根とは明らかに違うポッチが気になる。
1株に3ヶ所くらい・・・




とにかく、植え替えないと。。。
[PR]
by bbex58582 | 2012-05-26 21:30 | 器具

LED

賛否両論あるけど、少なくとも水上栽培で使う分には問題なしと判断。

アクア用はゼンスイの参入で一気に安くなったように思うけど数を揃えるとなると高い。
で、家電用。
水上栽培での使用感がとても良かったコレ。 安かったので大量購入です。
d0249970_1816422.jpg
Panasonic EVERLEDS
LDA7D-A1

照射角的に部屋用の照明としては完全とは言い難い(明るさでカバーできるレベルだけど)ものの、逆に植物の育成には無駄が少なくちょうどよいように思う。

これで水上栽培環境を色々と弄れる。


まぁ、当然全部植物用ではないけど・・・。


既にに使用中の水上ケース
d0249970_18164390.jpg
DIY感丸出しで、しかもケース内の保温の関係で変な使い方をしているけど、至って良好です。


別ケースでは、エウレカも今はこのLEDで育ってます。


水中は、「クリスタルエリート」ってのを使ってますが、LEDだけだと有茎草はイマイチでしたね…育たないわけではないけど。
でも、モス・シダ・サトイモならLEDだけでも大丈夫のようです。
このLEDも1灯で30cm水槽でモスとミクロとブセを育てましたが特に異常はなかったです。

まぁ、使い方次第なんでしょうね。
(そう言ってしまうと、何もLEDに限った話ではないですが・・・)
[PR]
by bbex58582 | 2012-04-21 20:00 | 器具

CO2拡散器

CO拡散器、いろいろあるけど私はこんなのをメインで使っています。
d0249970_224163.jpgd0249970_2241977.jpgd0249970_2241839.jpg
トリオコーポレーション販売のナチュラルCOシステムに付属の拡散器。
発酵式とのセットの拡散機だけをボンベに繋いで使ってます。
(単品でも売られているようだけど・・・)


このデザインというか形状をどう見るかは意見の分かれるところでしょう。
個人的には好きです。

はじめてこの製品を目にしたのは某ホームセンター・アクアコーナーの水草販売水槽。
目が釘付けになって数分間眺めてました。
よくあるガラスのディフューザーに些か不満を感じていた折、こんなのあったら面白いな的な物が実は存在していて、しかも想像以上に洗練された形状だったという・・・プラスチックだけど

でも結構なお値段で(プラスチックの割にと言うか・・・)発酵キットは要らないし・・・。
結局、ちょうどヤフオクに出ていたのを落札。
プラスチック製品だからか?出品者に申し訳ないようなお値段で・・・。

2年半くらい前の話です。



ともあれ、肝心のCO溶解能力はかなり高い様子。
拡散器としてトップクラスの性能なのでは・・・と密かに思ってます。

具体的に、管から出てきたCOの気泡は見る見る小さくなり単体では浮上できなくなったところで幾つかの気泡と合体、最終的には約9個の気泡が合わさって上へ抜けていくけど、このときの気泡のサイズは出たときの2/3くらい(体積比で8/27ほど)。
ということで溶解率は約97%!!!← (1-(8/27/9))*100%

高性能の秘密?! いたりー、ちょっと意外(?)な生産地、でも流石です!
d0249970_224206.jpg

バブルカウンター要らずってのもポイント高いです。

ちょっと重いけど動画を貼ってみました。
ゴミが舞ってたりと汚いですが・・・。



ともあれ、この拡散器にはこれからも活躍してもらいます。

以上、マイナーな器具にして隠れた名品のお話でした。。。
[PR]
by bbex58582 | 2012-03-23 00:00 | 器具

また壊れた・・・

安物はダメ ですね・・・

d0249970_2574955.jpg
水上栽培ケースの照明に使用のLED電球

帰宅してケースをみたら暗い。
2つのうちの1つが消えてました・・・また壊れた。
(2011.10.12 )

購入して1年しないうちに壊れて、メーカー保証で交換してもらってたのですが・・・。
正確には覚えていないけど、交換からまだ1年も使ってないのではないかと思う。
d0249970_311387.jpg
「設計寿命4万時間」
・・・4千時間も使えてないです。
   しかも5個中3個がそんな感じ。
   残りの2個もまだ2,3千時間しか使ってないからなんとも・・・。

照射角度と明るさが良かったので2水槽で計3個も使っていたど、流石にこの故障率は我慢できないです。

後続にはPanasonicのEVERLEDS LDA7DA1を思案中・・・
LED電球もだいぶ安くなりました。価格com.で見たらLDA7DA1の最安が1000円程度・・・驚きました。


アクア用はまだ高価なうえにややクセが強いので水上栽培では家電用のLEDを使うのです。
蛍光灯という選択肢はもうないです。(メタハラは論外・・・うちだと停電必至です。高いし。)
[PR]
by bbex58582 | 2011-10-13 06:00 | 器具

植木鉢の話。

水上栽培を始めるよりずっと前。
某専門店でまとめ買いしました。

d0249970_15153584.jpg

手前左から2.5、1.8、1.5、1.0号  奥右 2.0号中深
奥のプラポットは6cm透明と、左の黒プラは先日NATUREさんからのAZ購入時にサービスで付いてきたもの(実測7.5cm)

当面困らないくらいたくさんあります。
そもそも栽培スペースに困っていて鉢を増やせません・・・。



オマケで
ラベル
d0249970_1537327.jpg

水上栽培開始頃に買ったのだけど、まだ封すら開けていません。
使う日は来るのか。。。




どうでもいいことだけど、


More
[PR]
by bbex58582 | 2011-08-06 15:45 | 器具

水上栽培ケース

水上栽培は今年のゴールデンウィーク頃から開始。
当初はプラケースに5cm水を張って腰水、ケースはラップで密閉、といった最低限な感じでのスタートだった。
もちろん、そんなのには満足いかず、6月のはじめに60cm水槽を使った本格(?)栽培ケースを立ち上げた。
保温性・保冷性を考慮して5.5面を発泡スチロールで覆った設計。

d0249970_101964.jpg
外枠はホーセンターで購入の木材。
見た目は悪いけど、安さと加工のし易さで良く使います。




d0249970_103930.jpg

水槽は高さ40cmのハイタイプ。
水深はかなり深め(これには訳が、)。
台はは塩ビ管とプラスチック板で作りました。
とりあえず見た目は2の次…。




d0249970_111662.jpg

右下手前にはエキノ オパクス ヴェルデ川 を鎮座させるつもりだったのだが・・・、光量不足で断念。
デッドスペースになってしまったとおもいきや、先週の猛暑時は凍らせた保冷剤投入の場所として重宝しました。
保冷性を考慮した設計もクーラーがなくては意味がない。
まして、先週のように最高気温が普通に35℃を超えるようだと水温も30℃超に。




d0249970_112826.jpg

ライトはLED7W×2個 (家電用) 水上栽培分には十分でしたが、水中でエキノを育てるには明らかに不足でした。
ケース内の温度上昇を抑える為(&電気代節約)のLED使用ですが、アクア用は高いので…。
でも、このライトは普通に水槽でも使っていますが、悪くないです。
でもでも、壊れやすいのが欠点。3個中2個が1年以内に原因不明の故障を起こすという故障率の高さ(メーカー保証で交換してもらいましたが)。





d0249970_114670.jpg

立ち上げ当初




d0249970_115817.jpg

写真は6月のはじめ頃のもの。



既にいろいろと増やしてしまってギリギリまで密集させてもスペースが足りない状況。
プラケースを再登場させてなんとかのりきっていますが・・・
[PR]
by bbex58582 | 2011-07-23 01:31 | 器具
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite