aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:DIY( 1 )

クーラー設置

水上栽培水槽にクーラーの設置です。
というか、クーラー作りました。

先週は涼しかったですが、今週から暑さが戻るようなので間に合ってよかったです。
先々週までの暑さで一部生長障害を起こしています。
d0249970_2232436.jpg
生長障害
ホマロメナの新葉



生長障害はまだマシな方で、一部に枯れ・腐りも発生しました。
一番のダメージは導入したばかりのブセファランドラsp.パールグレイ。
新芽を含む葉の数枚が根本から腐り落ちるなど散々でした(涙)。
全枯れには至っておらず、また、茎の下半分は水中維持なのでロストの心配はないですが、ショック大です。

そんな暑さも凍らせた保冷剤の水槽への投入などでなんとかしのいでいましたが、ここにきてようやくのクーラー導入です。

スペースの関係で小型クーラー限定、となるとパティエンジニアリングから出ているペルチェクーラーくらいの選択肢しかなかった訳ですが、高い!
(某店で中古¥3,500というのもあったのだけど開店即売り切れだったらしく買えず。)

そんなわけで「作っちゃおう」と思ったのが5月の半ば。
そして最初にとった行動がコレの購入。
d0249970_2234536.jpg
ポータブル保冷庫
オフハウスにて¥1,200(類似品で一番安かった)
(AC100Vコード欠部品、車用DC12Vコードのみ)


部品取り目的
ペルチェ素子とその廃熱部品一式、電源部品(ACアダプタの基盤)が揃うかなと。
AC100VコードはPC関連のものと共通っぽかったのでないことは特に気にしていなかったのだがこれが痛恨の(と言うほどではないが)ミス。

ACコードがない→店で動作確認未実施(?)
ということなのか、見事壊れていた!
電源を繋いでも冷えない。ファンは回っていうのだが…。要はペルチェ素子の故障或いは寿命?
こんなもの売るなよオフハウス!

これに気付いたのは購入の翌週頃で返品も交換も無理。
まあ、ペルチェ素子なんてある意味消耗品なわけだから気にしても仕方ない。
でも、こんな故障品を普通に販売しているオフハウスには唖然。
私みたいに部品取り目的の購入者なんて奇特なわけで、普通の購入者からみたら詐欺以外のなんでもない。
オフハウス酷いです。

脱線しましたが、ペルチェ素子は別途購入。
肝心の冷却部分にはアルミの角パイプを使用(ホームセンターにて購入)。
脳内で色々と設計変更があったりして(略)最終形状が決まったのが6月の終わり頃だったろうか。
既に栽培水槽の温度は限界を超えていて・・・。
(6月なのに35℃超が当たり前みたいな・・・異常でした)

ともかく、揃えた部品の組立。
塩ビ管に四角い穴を開けてアルミ角パイプを通してとなかなか面倒な加工を行い、水漏れ防止はエポキシ接着剤の厚塗りに頼り、等々な感じ(作成途中の写真を撮っておけば良かったことにあとになって気付いても遅し)でできたのがコレ(最終的な完成は7/21・・・)。
d0249970_22401952.jpg



廃熱部品一式は結局古いパソコン部品から。
(止めピンが1つ行方不明でハリガネでの固定はご愛嬌・・・)

d0249970_22411463.jpg冷却部分。
見てのとおりです。



実は廃熱部品の接触不良でペルチェ素子を2つも壊してしまっています。
ここで使われているのは買い足した3個目。

以上総制作費約¥4,000。安いのか高いのか(高いです)
中古部品の転用・多用で安く抑えているものの、ペルチェ素子を2つ無駄にしたので高くなってしまった。

外観はともかくとりあえず形になって一安心。

試運転は良好。

性能テストを実施。
プラケースに水2Lを入れクーラーへ接続。
d0249970_2243037.jpg

d0249970_22432216.jpg
スタート時
27.0℃


d0249970_22433595.jpg
15分後
25.3℃


d0249970_22434113.jpg
30分後
24.3℃


d0249970_22435658.jpg
45分後
23.8℃


d0249970_22442983.jpg
60分後
23.0℃


d0249970_2332994.jpg
75分後
22.4℃


d0249970_22444555.jpg
90分後
22.0℃


d0249970_22445558.jpg



冷却能力は…10~15kcal/h  低!
書き忘れていましたが、消費電力は100V AC 36W (12V DC 28W)の筈。

数字にがっかりしつつも、設置しました。
d0249970_235566.jpg
チャームの特売時に買っておいた逆サーモにつないで完成。
ちなみに、ポンプの電源も逆サーモから取っており、冷却時だけ流れるようにしました。



早速運転なのだけど、逆サーモの温度設定が約1℃ずれていることが判明。
使用上の支障は無いものの、なんとなく損した気分・・・。

ともあれ運転。
28℃の水温が1時間程で27℃に。
水量は約25Lだから、冷却能力≒25kcal/h … ???

ちゃんと機能しているのでひとまず満足。
これで夏を乗り切れそうです。
・・・乗り切れるか?

能力不足と故障が不安。
水漏れだけは勘弁です。
(接着剤の劣化もだけど、アルミの腐食が心配)




以上が実は昨日7/23のことなのですが、今日一日の運転状況としては、昼の間ほぼ動きっぱなしで水温27℃をキープ。
外気温が32~33度℃だったから・・・ この夏、大丈夫か?
とりあえず、今週は35℃超の日が続くようなので経過観察します。



DIYの後はだいたいいつも素直に既製品を買えば良かったと軽く後悔。
でもまあ、「設計→製作」の課程が面白いわけで・・・。

ともあれ、今回の制作物は「運用」に関してはハイリスクな感があるので、もしこのブログをきっかけに似たものを作成しようという奇特な方がいらしたらくれぐれも自己責任でお願いします。
[PR]
by bbex58582 | 2011-07-24 23:54 | DIY
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite