aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:水槽( 5 )

初導入の

新120水槽に水草を入れました。
「入れました」です。。。
ミニ流木やら溶岩石やら鉢やらを並べただけ・・・ホント、畑です。
せめて大きい流木をいくつか入れてで雰囲気を作れれば良かったのだけど。
それはまたいずれ機会があれば・・・。

入れた水草はアヌビアスとブセファランドラとミクロソリウムとボルビティスとモスだけ。
あっ、あとピプトスパサか・・・。
偏りっぷり、畑っぷり、見せられたものではありません(汗)。。。

それともうひとつ酷いのが、コケ
アオミドロ系(?)の細いのが・・・。

そんなわけでヤマトヌマエビを投入です。
個人的にヤマトは初!

とりあえず10匹パックを購入。
全然足りない気もするけど、様子見&予防程度に。
追い追い、追加します。
d0249970_215399.jpg
まずは水合わせ。

ここまで慎重にする必要は無いかもだけど念の為。
ミナミヌマエビの初導入では簡単な水合わせで1/3くらい☆になってしまったので・・・。

と思ったら水合わせ途中に跳ね出る子がいて逆に焦った。。。

d0249970_2143876.jpgd0249970_2144088.jpg
水合わせをしていたら色・模様が乗ってきました。
これぞヤマトな模様。。。


d0249970_2144356.jpg
で、早速のお仕事。

食べることがお仕事です。



そんなわけで今後よろしくお願いしますよ!


もうしばらくしたら魚も入れないと。
何を入れようかな?
[PR]
by bbex58582 | 2012-03-26 08:00 | 水槽

2ヶ月遅れて・・・120!

1月、120cm水槽を買ったはものの・・・

1月中に立ち上げる予定だったけど・・・主に寒さに負けました(弱)。
 庭水道での洗い作業とか、冬には無理でした。

で、結局3月になってからの立ち上げ。
「立ち上げ」とは言っても、ハタケ水槽なのでそれほど気合の入ったものではありません。
ただ、底面濾過にしたかったのでその為の工作などに時間と手間がかかったような。

d0249970_1465110.jpg
塩ビ管に穴あけ。

半田ゴテでしるしをつけてそこをドリルで反対側まで貫通させる。


d0249970_1465481.jpg
1mの塩ビ管に2.5cm間隔で4列(穴あけ作業としては2列)、なので1本80穴。
これを4本。

320 !

でも不思議と苦ではないのです。


d0249970_1464947.jpg
むしろこの作業が地味に苦痛。
バーコードシール剥がし。

指先は痛くなるし・・・


(こんな記録、どうでもいいことですけど)



そんなこんなの作業を経て、水槽の方。

が、デジカメが電池切れだったりして肝心の(?)写真が無い。

「底面ろ過」の部分を簡単に書くと、

 ・メインの骨格としては、塩ビ管1m×4列
 ・塩ビ管の周りに3~5cm大の溶岩20kgくらいを投入。 ←表面積と流水経路の確保の為。
 ・パイプと溶岩石はネットで包んで水槽最下層へ。
 ・砂利(粗め)30kg ←ガーデン用の砂利として購入 (少しだけ経費削減)
 ・砂利(細かめ)15kg ←アクア用の砂利、再利用

とまぁ、そんな感じで・・・。    しかし、底床材だけで65kgとは…。
d0249970_214289.jpgd0249970_214434.jpgd0249970_214565.jpg
d0249970_214746.jpgd0249970_214997.jpg
途中からバッテリー復活もこれだけでは何のことやら・・・

こんなので良いのかなと思いつつも作業はなんとなくのイメージで。。。


この後水を入れて完了!(とは簡単に言うけどバケツで水道と何往復したことか・・・)

と、思いきや・・・ここで衝撃の事実が発覚!

んんん・・・何かがおかしいと思ったら、

水槽左側
d0249970_2232877.jpg
水面から上、6.8cm

水槽右側
d0249970_2233067.jpg
水面から上、5.6cm


その差1.2cm! 水槽は120cmだから、傾き1%!!!
え゛ーーーー。
コレ、床の傾きです。。。 地震で家が歪んだか???

90cm水槽では気付かなかった、去年の地震以後あまり上のほうまで水を張ってなかったし・・・。

このまま使用は少々怖かったので・・・ジャッキアップ!
水を抜いて持ち上げるとか面倒すぎるし、水を抜いたところで重いので。
しかし、まさか家の中でジャッキ作業をすることになろうとは。

d0249970_241149.jpgd0249970_2385440.jpgジャッキ2台で持ち上げて下に1.2cm厚のゲタを履かせた。

一時はどうなるかと思ったけど、意外とスムーズにできました。


当然、床は傾いたままだけど・・・。


ともあれ、そんなこんなで、ひとまず完了。 120×45×45。
d0249970_2472676.jpg
(2012.03.某日)

周りが散らかってるので、写真はコレだけで勘弁(苦笑)。

調子を落としていた水草(主にミクロソリウム)もこれで良くなる・・・かな。
しっかり管理しないと。。。


かなり久々にアクアらしい記事だったかな?
ん、アクアらしいか???
[PR]
by bbex58582 | 2012-03-22 10:00 | 水槽

油膜取り装置?!

「装置」と呼ぶには語弊がありますが。

軽く衝撃・・・

d0249970_1475417.jpg

サカサナマズ・・・ではりません、オトシンクルスです(見ての通りです)。

突然何かに目覚めてしまったのか、1ヶ月くらいまえからこの行動をとるようになりました。

最初にこの光景を見たときは焦りました。
てっきり弱ってひっくり返って浮いているものかと思いました。

この水槽は油膜が酷かったのですが、かなり少なくなりました(消えてはいないです)。

でも、油膜なんか食べて大丈夫なんでしょうかね?
まがいなりにも「油脂」なわけで、病気とかが心配です。
[PR]
by bbex58582 | 2011-10-14 18:00 | 水槽

ホワイトリーフ?

涼しい日が続いたので水槽の水温も落ち着いてきました。
d0249970_2256866.jpg
60*45*45アクリル水槽

(2011.08.23 20:30頃)
27.3℃


盆休み前の暑さで水温が一番大変なことになっていた60*45*45のアクリル水槽でも、温度の影響を受けやすいシダ・コケ類も何とか乗り切ってくれたようです。
ただ、アヌビアス類では新葉がしわくちゃだったり、異常に小さかったり、斑が入ったりと高温障害の症状が現れてしまいました。
d0249970_23436100.jpg
バルテリーの葉。
通常よりゴワゴワでデコボコ、斑入り。
典型的な高温障害の症状です。


これについては枯れないだけ良かったと思うようにしています。

また、ブセファランドラでも一部に葉の矮小化などが見られますが、アヌビアスよりは影響は小さいようです。
そんな中、水槽の奥の方に放置していたカミハタ便の ブセファランドラ sp.SERIAN に今までに無い異常が発生していました。
d0249970_231177.jpg
(2011.08.23撮影)
新葉が真っ白!


高温障害だとは断言できないですが、この真っ白な新葉にはビックリです。
左右の2枚を見るに、白い葉を展開して後から緑に変わっていくパターンかもしれません。
Kn便の「ホワートリーフホワイトウェーブ(8/24 訂正 &リンク追加)」とかいう変異個体(?)と同じようなパターンでしょうかね?
このカミハタのブセは完全に放置状態でしたが当面、注意深く観察していきたいです。
[PR]
by bbex58582 | 2011-08-23 23:26 | 水槽

水温・・・

今日は暑かった(35℃熊谷気象台)。。。

明日も今日くらいで、明後日・明明後日は更に暑いとか(38℃)。。。。。。

水槽は木造2階建ての2階、東向きの自室に3本置いてあるのだけど、クーラーで27℃管理の90*45*45水槽はいいとして、何も冷却対応していない60cmの2本が・・・

①60*45*45 アクリル水槽 (床上90cmに設置)
d0249970_20172536.jpg

(2011.08.08 20時頃)

32.0℃


②60*30*36 ガラス水槽 (床上30cmに設置)
d0249970_20203373.jpg

(2011.08.08 20時頃)

30.5℃

①水槽の下段に設置してあるのだけど、この温度差は何だろう?


水温計は安物だけど購入時に温度のズレをチェックしているのである程度は信頼できます。
(温度計だけは通販では買えません)

照明は15:00~翌1:00に設定
①は蛍光灯18W×1 + 蛍光灯型LED(9W)×2
②は蛍光灯18W(inv)×1

去年はこの暑さでネグロオトシンを落とした苦い思い出があります。

生体は①はメダカとミナミヌマエビと貝で②はブラックモーリーと白コリとオトシンとミナミヌマエビ。
むしろ水草が不安です。
①水槽のアヌビアスバルテリーは生長障害進行中ですし…。

やはりファンくらいは設置しないとマズイかな(気休め程度かもしれないけど無いよりは)


夏は頭が痛いです・・・。

More
[PR]
by bbex58582 | 2011-08-08 20:49 | 水槽
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite