aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:アグラオネマ( 191 )

Aglaonema pictum "呉越同舟シリーズ" (2015.09.19)

type EUREKA P. Nias【AZ0912-4】 × Sibolga sulatan Alt 700m (Noppi's No.2)
5/16の前回投稿(http://aquaraceae.exblog.jp/21793708/)からだいぶ育ちました。
d0249970_14274258.jpg
左側の12鉢です。
あまり育ってないように見えるかもしれませんが6株は既に株分け済みで別のところに行っているので…

順番に

No.1
d0249970_14304578.jpg

既に株分け済みでメインはこっち、
d0249970_14304898.jpg


No.2
d0249970_1435306.jpg



No.3
d0249970_14353291.jpg

d0249970_14353445.jpg
d0249970_14353666.jpg



No.4
d0249970_1436256.jpg

なかなか良さ気!!
d0249970_14362854.jpg



No.5
d0249970_143759.jpg
d0249970_14373035.jpg

株分け済みだけど失敗したかな…
d0249970_14373220.jpg



No.6
d0249970_14382260.jpg

株分け済みの株もあるけどあまり変わらず、、、というか後退?
d0249970_14382494.jpg



No.7
d0249970_1442291.jpg



No.8
d0249970_14425086.jpg



以下白無しタイプ
No.9
d0249970_1443979.jpg

d0249970_14433321.jpg



No.10
d0249970_14435140.jpg
d0249970_1444846.jpg
d0249970_14442182.jpg
切りたいけど場所がない…


No.11
d0249970_14443984.jpg


No.12
d0249970_14445192.jpg


平均すると♂親の影響が強いような気がする。
とはいってもNo.4なんてほぼ♀親の感じ。
実生なんてそんなもん。

まとめて一気に株分けしようと思ったけど栽培スペースが無いことに気付いて断念。。
[PR]
by bbex58582 | 2015-09-20 18:00 | アグラオネマ

エウ×ニル

Aglaonema pictum "tricolor" type EUREKA P. Nias 【AZ0912-4】 
 ×
Aglaonema pictum "tricolor" NIRVASH P.Nias 【AZ0611-3】
d0249970_13584010.jpg
この春に採れた種から。
種8つ、内1粒はかなり未熟なうちに採ってしまって…
ものすごく小さいです。
d0249970_1413950.jpg
まぁ、ちゃんと生えてくれたので御の字です。
蒔いたのは1ヶ月以上早いのに動きは3ヶ月以上遅いし、しかも小さい…ちゃんと熟してから取らないとダメですね。
(分かりきったことですが…)

ともあれ、期待の大きい交配です。
両親とも白が強いタイプなので楽しみです(親画像は1,3行目のリンクから…)
既に白無し確定の子も居ますけど…

8粒蒔いたと書きましたが生えているのは7株。
1つ動いてくれないのがあります。
d0249970_1462650.jpg
d0249970_1462889.jpg
再起動してくれるのか、ダメな子なのか…
ピクタムの発芽率はほぼ100%なのですが実際のところ20粒に1粒くらい生えてくれない種子があります。
発芽率約95%…四捨五入で100%?
仕方の無いことですが、この約5%に当たるとちょいと残念ですね。。

ちゃんと生えてくれた子だけでもじゅうぶんに楽しめそうなので大事に育てていきたいです。
動きも良いので来春頃にはいい感じになってるでしょうかね?
[PR]
by bbex58582 | 2015-09-20 17:00 | アグラオネマ

Aglaonema pictum "tricolor" type EUREKA P. Nias ~ 4便目の白っぽいやつ

唐突ですが Aglaonema pictum "tricolor" type EUREKA P. Nias 【AZ0912-4】 について少々思うところがあり、書いてみます。

2年半近く前ですが第3回目のアクアリウムバスで甲斐さんのところから買った株です。
先行入場で甲斐さん、長谷さん、服部さんの共同ブースがバスジャックをした回ですね、、、懐かしいです。

 購入時(2013.04.28)
d0249970_3271094.jpg
当時から普通のエウレカではなかったです。
だからこそ気になって買ってみたわけですが、同じ理由でか結構遅くまで売れ残っていた記憶があります。

 全盛期(2013.10.20)
d0249970_327252.jpg
d0249970_327398.jpg
改めて見ても白いですね。当時個人的に"白エウレカ"と呼んで区別していました。
あと、標準的なエウレカよりも葉幅が広めでしょうか。

が、これを最後に綺麗な姿は見ていません。。。

この後、開花&結実(13+8粒)→根腐れ→開花&結実(7+1粒) を経てボロボロになってしまいました。

 2015.08.29現在
d0249970_3264739.jpg
d0249970_3265247.jpg
d0249970_3265165.jpg
d0249970_3265085.jpg
d0249970_3264849.jpg
d0249970_3265689.jpg
状態が酷いうえに葉の模様からして”全盛期”と比べたら全くの別物です。
葉の形さえも違います。
もともとエウレカっぽくなかったですが更にエウレカから遠ざかってしまいました。
これではニルバーシュの方が近いでしょうか?

こうなってくると切って下から作り直したほうが早い…あるいは下から作り直さないことにはどうにもならないかもしれませんが、そっちの増殖は全然です。
種からの交配子株はたくさん出来ているのですがクローン株はなんとか小さいのが2株だけです。
d0249970_3265826.jpg
潜芽付きの茎片からの増殖株、カットしたのが昨年末頃なので本来ならもっとちゃんとした株になっているはずのなのですが、出遅れてこの有様です。本当はもう1鉢あったのですが芽吹きに失敗したりと踏んだり蹴ったりなのです。
そもそもニアス産株を2年半近くも育てていて取れた子株が僅か2株って…我ながらありえないなぁと…

ともあれ子株、葉っぱが丸すぎます。
d0249970_40217.jpg
これでは"エウレカ"だと言われなくては分からないし、言われても信じられないかもしれません。
もし札落ちでもしようものなら間違いなく何だか分からなくなっていたでしょう。


そんな感じの4便目エウレカなわけですが、いろいろな特徴を見比べると、かの"モザイクエウレカ"に酷似しているのではないでしょうか?
全盛期の葉形がモザイクエウレカよりはやや細めな感じで、現在の葉はやや白味に欠けるかもしれませんが環境の違いでそのくらいのブレは起こりえるでしょう。
"モザイクエウレカ"では無いとしてもそれに近いタイプであることは間違いありません。

以上の比較は写真や育成している方からの伝聞に基づく憶測なのですが、つい先日"モザイクエウレカ"の子株を導入する機会に恵まれました(のっぴさんに感謝です!!)のでこれから比較・検証していきたいと思います。
d0249970_327010.jpg


以上、要約すると"4便目エウレカ"が"モザイクエウレカ"に似てるなぁ、という話でした。
"モザイクエウレカ"と育て比べて何か分かったらまたUPします、多分。
[PR]
by bbex58582 | 2015-08-30 12:00 | アグラオネマ

実生ピクタム(No.1) #6

アグラオネマ ピクタム
パダン産緑3色(TB便・モザイクタイプ) × アンダマン諸島産(ID)


#1→http://aquaraceae.exblog.jp/19022415/
#2→http://aquaraceae.exblog.jp/19258937/
#3→http://aquaraceae.exblog.jp/19598621/
#4→http://aquaraceae.exblog.jp/19879992/
#5→http://aquaraceae.exblog.jp/20390375/

かなり久々の紹介。
#5以降、色々とやらかしていて綺麗に出来上がってはいないけど葉の模様は概ね最終形態に達したかな...と。

No.1-1
d0249970_22575328.jpg
緑4色、期待を裏切らず綺麗になりました。

No.1-2
d0249970_22575662.jpg
やや沈没。 期待が大き過ぎたでしょうかね...
年明け頃に自家受粉で種が出来たけどやらかしてダメにしてしまったのが悔やまれます。

No.1-3
d0249970_22575898.jpg
ここ2枚で急に化けてきました。
普通に良いです。

No.1-4
d0249970_2258051.jpg
これは期待通りですね。
模様のカスレ具合とか最高です。
もう1段階変化がありそうな気もしますが、どちらに転ぶでしょうか?

No.1-5
d0249970_2258179.jpg
ダントツで気難しいです。
ビロードも強いし、素質は持ってそうな気がするけどとにかく難しいです。
いつになったら完成形が拝めることやら・・・
[PR]
by bbex58582 | 2015-06-09 23:12 | アグラオネマ

Aglaonema pictum "呉越同舟シリーズ"の♂親違い兄弟 (2015.05.16)

type EUREKA P. Nias【AZ0912-4】 × タイファーム・アンダマン似 です。
"呉越同舟シリーズ" と同じ♀親株で同時期に別の花芽で採れた♂親違いの8株です。
名前はまだ無い。

これもナンバーを振りました。

No.1
d0249970_2263061.jpg
d0249970_226321.jpg
ガラス蓋ギロチンの被害者です。 ドリルがスパッと逝っちゃいました。
トレード用にと思っていた株だったのですが...
脇芽も葉を展開しているので株分けしましたがちょいと残念。
でもコレ、素質は抜群だと思います。


No.2
d0249970_22104858.jpg
d0249970_22105092.jpg
これも期待できそうです。


No.3
d0249970_22114359.jpg
d0249970_22114024.jpg
これも良くなりそう。
この兄弟は当たりが多い気がします。


No.4
d0249970_22132673.jpg
1~3番のセンターホワイトタイプは♀親の遺伝ですが、いきなり白点が散るのは♂親の遺伝です。
両方同時に出るのは見ないですね。
この4番も期待して良いのではないかと思います。


No.5
d0249970_22165956.jpg
白点が少ない気もしますがまだわかりません。 期待はしてますよ。
これも脇芽が育ってきているので株分けしました。


No.6
d0249970_22183634.jpg
d0249970_22183742.jpg
急にこういった葉を出すから先が読めないのです。
これは大当たりの予感です。


No.7
d0249970_22203141.jpg
センターホワイトでもホワイトドットでもなく白無し。
実生なので仕方ないです。
なぜか葉が小さくて不安だったのですが最新葉で不安は吹き飛びました。
まさかの細葉、白が無いとはいえこれはこれで良くなりそうです。


No.8
d0249970_22233372.jpg
色々と良くないですが...まだ化ける余地はあるでしょう。
淡く期待です。


どの株も期待度が高いですがこの交配は両親が凄いですからね。
遺伝って重要です。

おさらいですが親株を紹介しておきます。
♀親
d0249970_22264885.jpg
この写真は2年前くらいでしょうか?
只のエウレカじゃないのですよ、これは。 個人的に「白エウレカ」と呼んでます。
実生親としても優秀で今回紹介の20株の他に ×ニルバーシュの交配種子を8粒を実らせました。今年の3、4月に蒔いたのでそのうち紹介できると思います。
その一方でこの株自体はだいぶ体力を使ってしまったようで紹介できる状態ではないのが残念です。


♂親
d0249970_22265589.jpg
アンダマン似ですがアンダマン以上の見栄えだと思います。
ちょっと気難しいところもあるようですが安定さえすれば素直です。
...と思ったらまた花芽を出しそうな雰囲気。
カットするか次の実生を狙うかは周りとのタイミング次第で考えます。
[PR]
by bbex58582 | 2015-05-16 23:00 | アグラオネマ

Aglaonema pictum "呉越同舟シリーズ" (2015.05.16)

type EUREKA P. Nias【AZ0912-4】 × Sibolga sulatan Alt 700m (Noppi's 2) です。
前回の記事(http://aquaraceae.exblog.jp/21641160/)で"呉越同舟シリーズ"と銘打ちましたがその後だいぶ育ちましたので...
が、本日やらかしました...ガラス蓋ギロチン。
幸い被害は小さかったですがいつ何が起こるかわからないですね(苦笑)

ともあれ、
d0249970_20525292.jpg
ピンボケか酷いですが...上3列の12鉢が"呉越同舟"です。
下の8鉢は♂親違い。
ちなみに右2列の上にガラス蓋を落としました全被害としては葉っぱ2枚半だけで済みましたがホント気を付けないとダメですね...

各株ですが葉数が増えてきて早くも脇芽を上げているものもあります。
週1回の水通しの効果か調子も上々です。
ひとつふたつ拗ねてる株がいるのは実生では仕方のないことですね?

今回はシリーズ12株の識別用にナンバーを振ってみました。
株分けして訳が分からなくなったら困りますからね。

ということで、

No.1
d0249970_2185284.jpg
新葉がギロチンの被害に遭いました...
d0249970_2185448.jpg
残念。
d0249970_2185654.jpg
幸い成長点は無事で次のドリルも覗いています。展開は1ヶ月後くらいでしょうか、待ち遠しですね。


No.2
d0249970_2112860.jpg
d0249970_21121092.jpg
分かりません...あと5枚くらいしたらなにか見えてくるでしょう。


No.3
d0249970_21134648.jpg
d0249970_21134876.jpg



No.4
d0249970_21145173.jpg
d0249970_21145372.jpg
良くなるとは思うのですが...


No.5
d0249970_21173454.jpg
d0249970_21173693.jpg
あれ...気が向いたら後で撮り直します。
ホントどうなるか読めません。 期待してますよ。
脇芽が育っていたのでこの後株分けしました。


No.6
d0249970_2121430.jpg
d0249970_2121743.jpg
これも脇芽が育ってきてるので株分けしました。
脇芽は元々種子だった部分から出てるんですよね。


No.7
d0249970_21272716.jpg
d0249970_21275860.jpg
センターが特徴的ですがどう育っていくのでしょうか?


No.8
d0249970_212981.jpg
成長が遅いです。
実生だと成長の速度もいろいろです。


No.9
d0249970_21292299.jpg
9番以降は白が無いです。
今後もおそらく出てこないでしょう。
両親とも白入りのマルチでしたが実生なので仕方ないです...が4株、1/3も白無しとは。
呉越同舟、沈没率高し。。。
まぁ、白無しであってもバランス良く綺麗なタイプだったら言うことはないですが。


No.10
d0249970_21294642.jpg
葉の形が良いです。
凹凸が強いのもなかなか。
模様はどうなるでしょうか?


No.11
d0249970_2130521.jpg
無地!
このままで良いのですが...そうなってはくれないでしょうね。


No.12
d0249970_21301780.jpg
実生で12株もあれば調子の悪い株も1つ2つあるでしょう。
8番もイマイチでしたがこれは更に良くないですね。
新芽は出てるのでもう少しこのまま様子を見ます。


以上12兄弟、もう3ヶ月もしたら先が見えてくるでしょうかね?
年末には完成するでしょうか? 
[PR]
by bbex58582 | 2015-05-16 22:00 | アグラオネマ

Aglaonema pictum "グリーンスプラッシュ" from Sibolaga 【AZ0913-1b】

気まぐれ投稿シリーズ...です。
取り木して見栄えが良くなったので記録をば。

Aglaonema pictum "グリーンスプラッシュ" from Sibolaga 【AZ0913-1b】
d0249970_18231251.jpg
広葉タイプです。
でもあまり広くない...Rootsさんの紹介の仕方「やや細葉」というのが的を射ているでしょうか?
最新葉
d0249970_1823145.jpg
ひとつ前の葉
d0249970_1823166.jpg

白の入らないマルチタイプそれでいていわゆる緑3色や4色といったタイプとも違う独特な色合いです。
模様の入り方も素晴らしい。

2013年の12月に導入、Heat Waveさんからの購入でした。
参考にAZさんの紹介ブログページはこちら→http://pokoujiaz.exblog.jp/19091843/
このブログ7,8枚目の幼株そのものを購入したようです。5,6枚目の現地写真がこのタイプですね。
記録用に画像を拝借
d0249970_18224890.jpg
d0249970_18225046.jpg
d0249970_18225380.jpg
d0249970_18225594.jpg
思えばこれが狙って買った個人的に最後のピクタムです。(個体レベルで狙ったわけではないのでこの時は狙い以上でしたが...)
衝動買いしたり狙っていた上で頂いたりしたりはしていますが「狙って購入」となるとこれ以来無いですね。
昨年のほとんどの期間で導入環境が整わず購入をためたっていたというのもありますが今のピクタム人気の状況下ではなかなか狙い通りの購入は難しいような...
って脱線しましたが、このグリーンスプラッシュ、狙い通りかそれ以上の成長を見せてくれました。
...めでたし!
[PR]
by bbex58582 | 2015-03-22 19:00 | アグラオネマ

法王緑遺伝子

連日の投稿ですがまたタネネタです。
が、今回のは今までと一味違う!?
今回Twitterの方で縁がありまして有田毒蛙さんから非常に貴重なピクタム交配種子を頂きました。
d0249970_224741100.jpg
ドラフトⅣ【AZ0710-9】×法王緑【AZ0512-X】 
しかもこの交配で採れたのはこの1粒だけどとか・・・貴重かつ希少、責任重大です!!
d0249970_22474445.jpg
ちょっと細長い感じでしたがサイズ・状態、申し分なし!
ちょっとした宝石のようですが実際にちょっとした宝石並みの価値が有るように思います。
d0249970_2247454.jpg
d0249970_22474746.jpg
芽もできていて種子状態もバッチリ!
d0249970_22474921.jpg
非常に楽しみです!
思えば法王緑はなかなか縁がありませんでした。
とても高価なタイプなのでなかなか購入に踏み切れず、逆にいざ買おうと思い切った時に限って売り切れだったりと・・・
法王緑そのものではないですがその遺伝子を受け継ぐ種子、なかなか感慨深いものがあります。

ともあれこの貴重な1粒、大事に育て上げたいです。
変化があり次第TwitterにでもUPしたいと思います。

有田毒蛙さん、この度はどうもありがとうございました!!!
時間はかかりますが殖やしてお返しできるように大事に育てていきます!!

タネネタついでに・・・ >>More
[PR]
by bbex58582 | 2015-03-19 23:25 | アグラオネマ

Aglaonema pictum "呉越同舟シリーズ" 他

type EUREKA P. Nias【AZ0912-4】 × Sibolga sulatan Alt 700m (Noppi's 2) です。
以前の記事→http://aquaraceae.exblog.jp/20938166/
13粒蒔きましたが12粒しか生えませんでした。
完熟の遅れた1粒は蒔いた後も生えて来そうで生えず蒔いてから約1年で種子がダメになってしまいました。
おそらくもともとそういった異常だったのだと思います。
ちゃんと生えた12株、秋に植え替えたのですがその前後の約3ヶ月もの間動きが全くなく不安にさせられましたが再起動して順調に育っています。
d0249970_2225536.jpg
ということで命名!Aglaonema pictum "呉越同舟シリーズ"
"シリーズ"なので個体ごとの名前ではないですがとりあえず。
由来は交配パターンから・・・
このアイディアはこの世界で知らない人はいないであろう某御仁の「こんな交配しちゃって・・・綺麗に育ったら"呉越同舟"とでも名付けたら・・・」といった感じのお言葉から。
ちょっと先走ってますけど面白いアイディアだったので頂きました。

両親とも素質ある個体なので楽しみです。
d0249970_2236695.jpg
d0249970_2236968.jpg
d0249970_22361196.jpg
無地の子株もいたりしますけど・・・
d0249970_22361376.jpg

12株もあるので1つ2つ大化けしてくれるのではないかと期待してます。

オマケで... →More
[PR]
by bbex58582 | 2015-03-18 23:01 | アグラオネマ

Aglaonema pictum "無地黒葉"

当ブログ久々に新規ピクタムの紹介です。気まぐれです。

新規ピクタムの紹介はここ1年半以上していなかったでしょうか?
新規導入自体少ないですが、新規株も調子が上がらずなかなか紹介する機会がありませんでした。
Twitterでは時々写真を上げてましたがブログで紹介するほどでない気がしたので・・・

ともあれ今回紹介のピクタム、あまり日の目を見ない印象ですが面白いといえば面白い個体です。
Aglaonema pictum "無地黒葉" from Sibolga Timur 【0913-2f】
12月のアクアリウムバスで購入しました…2013年の12月です。
AZさんの紹介ページはこちら→http://pokoujiaz.exblog.jp/19069901/
導入時の写真は見当たらないので省略。
で、現在。
d0249970_23275323.jpg
最新葉は展開間もないので明るい色をしています。
一応"黒葉"ではあるものの"無地"でな無い!
d0249970_23275557.jpg
模様の感じも毎回違うし果たしてどこに落ち着くのやら・・・
ちなみに新葉の展開は約4ヶ月ぶり、今回は冬時期ということで特に遅かったですが、そうでなくても動きが遅い。
昨年一度根腐れを起こしてしまったことを差し引いても動きは鈍いです。

…よく分からない株ですが、ゆっくりと付き合っていきたいです。
[PR]
by bbex58582 | 2015-02-20 23:38 | アグラオネマ
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite