「ほっ」と。キャンペーン

aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:アグラオネマ( 191 )

アグラオネマ実生記録(2014.06~)

アグラオネマ(主にピクタム)の実生挑戦の記録を整理してみました。
2012年頃から開花の度に挑戦していましたが持ち株が増えて実生のチャンスも増えてきました。
記録は全て取っていたはずだったのですが、改めて整理してみると明らかにメモを紛失していたり・・・
そもそも記録の取り方というのが、花粉を包んでいた紙に受粉相手と日付をメモして栽培棚に画鋲で止めていたのですが、些か雑過ぎました。
ということで一通り整理したのですが…✖ばっかり。

とりあえず昨年の夏以降(6月以降)の記録を列挙してみます。


交配日 ♀ × ♂(花粉採取日) 結果 備考
14.06.05 シベル2nd×コムタタム(6/1) ✖
14.06.17 シルバーキング①×コムタタム(6/15) ✖
14.06.18 LAアチェ広葉スティーリア①×LAシベル2nd(6/6) ✖
14.06.23 シベル2nd×LAアチェ広葉スティーリア(6/21) ✖
14.06.27 kn シボルガ700 "コゲル"①×LAアチェ広葉スティーリア(6/21) ✖
14.06.29 LAアチェ広葉スティーリア②×LAシベル2nd・GN選抜(6/25) ✖
14.07.02 シルバーキング②×KSBランカウイ シンプレックス(7/2当日) ✖
14.07.10 kn シボルガ700 "コゲル"②×アンダマン(7/10当日) ✖
14.07.10 kn シボルガ700 "コゲル"③×アンダマン(7/10当日) ✖
14.07.10 葉風空間 サンタフェ産アグラ×アンダマン(7/10当日) ✖
14.07.13 バイカラー(園芸・非ピクタム)×アンダマン(7/12) ✖
14.07.17 eRANスマトラ産園芸ピクタム①×アンダマン(7/10) ✖
14.07.25 eRANスマトラ産園芸ピクタム②×eRANスマトラ産園芸ピクタム(7/20)(7/27) ✖
14.07.25,27 アンダマン×eRANスマトラ産園芸ピクタム(7/20)(7/27当日) ✖
14.07.29 knシボルガ700 "シゲル"①×アンダマン(7/28) ✖
14.08.03 タイ元祖系・ヤフオク①×eRANスマトラ産園芸ピクタム(7/27) ✖
14.08.06 シベル2nd×タイ元祖系・ヤフオク(8/5) ✖
14.08.10 kn シボルガ700 "シゲル"②×eRANスマトラ産園芸ピクタム(7/27) ✖
14.08.15 タイ元祖系・ヤフオク②×LAアチェ広葉スティーリア(6/21,7/2)+eRANスマトラ産園芸ピクタム(7/27,28) ✖
14.08.15,17 実生1-4①×eRANスマトラ産園芸ピクタム(7/27)+タイ元祖系・ヤフオク(8/17当日) ✖
14.08.19 西スマ①×タイ元祖系・ヤフオク(8/17) ✖
14.08.19 実生1-4②×タイ元祖系・ヤフオク(8/17) ✖
14.08.19 トリスター×タイ元祖系・ヤフオク(8/17) ✖
14.08.30 eRANスマトラ産園芸ピクタム×実生1-4(8/23) ✖
14.09.18 実生1-2①×eRANスマトラ産園芸ピクタム(9/2) ○→✖ 1粒生長するも途中で枯れた(中に種は出来ていて蒔いたがダメだった)/親株株分けのダメージによると思われる
14.09.18? トリスター×eRANスマトラ産園芸ピクタム(7/27) △→✖ なぜか1粒だけ生長していたが中に種は出来ていなかった。
14.10.01頃(記録紛失) 実生1-2②×実生1-2(9/20頃?) ○→失敗 自家受粉成功(自花ではない)を初記録! 順調だったが勘違いで早期採取したら発芽前に溶けてしまった・・・不覚!!!
14.10.03 ニルバーシュ(常湿)②×実生1-2(10/3当日) ✖
14.10.10 モザ2①×実生1-2(10/3) ✖
14.10.20 ブルーニアス①×実生1-4(10/20当日) ✖
14.10.29 ロタンダムHyb(FO)×実生1-4(10/20) △ゆっくりと生長中?
14.10.31 class2エウレカ緑三色(小)×実生1-4(10/20) ✖
14.11.01 eRANスマトラ産園芸ピクタム×実生1-4(10/20) ✖
14.11.04 ブルーニアス②×class2エウレカ緑三色(11/4当日) ○
14.11.05 パダンチャンプールA①×eRANスマトラ産園芸ピクタム(11/5当日) ○ ゆっくりと生長中
14.11.06 モザ2②×ブルーニアス(10/21,11/5)✖
14.11.14 ニルバーシュ(ケース)①×ブルーニアス(10/21,11/5) ○→× 生長していたが親株の地下茎を切り詰めたら生長が止まり枯れた
14.11.16 モザ2③×eRANスマトラ産園芸ピクタム(11/5) △ほとんど生長はしていないが枯れない(15.01.17現在)
14.11.17 4便目エウレカ①×ニルバーシュ(11/17当日) ○ 順調。地下茎を切り詰めてダメージを受けた模様だがなんとか踏みとどまた。
14.11.18 class2エウレカ緑三色(小)②×ニルバーシュ(11/17) ○
14.11.18 パダンチャンプールA②×ニルバーシュ(11/17) ✖
14.11.26,27 パダンチャンプールA③×4便目エウレカ(11/20) ✖
14.11.27 ニルバーシュ(ケース)②×4便目エウレカ(11/20) ○→× 生長していたが親株の地下茎を切り詰めたら生長が止まり枯れた
14.12.04 4便目エウレカ②×ニルバーシュ(11/30) ○→△ 親株の地下茎を切り詰めたらダメそうな感じに・・・
14.12.04 class2エウレカ緑三色(小)③×ニルバーシュ(11/30) ✖
14.12.05 ニルバーシュ(ケース)③×パダンチャンプールA(11/23) ✖ 3つ目の花芽だったので即枯れ
14.12.08 実生3-2①×4便目エウレカ(12/8当日) ○?
14.12.15 4便目エウレカ③×ニルバーシュ(12/8,9) ○→△ 親株の地下茎を切り詰めたらダメそうな感じに・・・
14.12.22 西スマ①×4便目エウレカ(12/18) 経過観察中
14.12.23 アンダマン×4便目エウレカ(12/18) ✖ 親株に体力がなさすぎて即✖
14.12.25,27 タイ元祖系・ヤフオク①×アンダマン(12/25) ✖
14.12.29 実生3-2②×西スマ(12/24) 経過観察中
14.12.30 ブルーニアス①×4便目エウレカ(12/18) 経過観察中(多分✖)
15.01.07 エウ2色①×アンダマン(1/6) 経過観察中
15.01.07 class2エウレカ緑三色(小)③×アンダマン(1/6) ✖
15.01.07 アンダマン×ブルーニアス(1/3) 経過観察中(多分✖)
15.01.14 DFS緑三色①×アンダマン(1/11) 経過観察中
15.01.16 class2エウレカ緑三色(大)①×アンダマン(1/11) 経過観察中

 (Excelシートのコピペなので見にくいですが・・・)

受粉に成功しても株に体力がなくてダメだったり、自分のミスでダメにすることも少なくなく、今後への課題です。
種を作ろうにも大事なのは株作り。
まずは親株となる株をしっかりと育てるのが大事だと痛感しております。
ということで株作りから出直します。。。

d0249970_19461737.jpgd0249970_19461912.jpgd0249970_19461523.jpg
[PR]
by bbex58582 | 2015-01-17 20:00 | アグラオネマ | Comments(0)

Aglaonema pictum "tricolor" NIRVASH P.Nias

ブログ更新サボり過ぎました。
ログインの仕方も忘れるくらいに・・・

栽培が色々とダメダメなものでモチベーションが下がっておりましたが、ようやく最善の目処が立ってきましたのでブログも更新しないとです。

とはいえ、簡単に記事にできるネタがないので写真で濁します。
実生のこととか用土のこととか本気で記事にしようとしたらかなり長くなりそうなのでお預けです(永遠に書かないかも…)

ということで、Aglaonema pictum "tricolor" NIRVASH P.Nias 完成しました!
「完成」というのも変な話ですが、最終形態に到達してくれたかな?と。

d0249970_19315071.jpg

地上35cmくらいの大株、切らずに我慢した甲斐がありました。(面倒で切らなかったという説もありますが…)
d0249970_19315388.jpg

派手です。

このタイプ、AZ便初のピクタムだそうです。
その後数多のタイプが紹介されていますが他のどんなタイプにも劣らない表現だと思います。
成長に伴う葉模様の変化も面白く、どの段階でも綺麗なのもポイント高いです。
セールストークみたいになってしまいましたが、とにかく素晴らしいの一言です。

ちなみに、  >>more
[PR]
by bbex58582 | 2014-12-14 20:00 | アグラオネマ | Comments(2)

ピクタム実生 (No.1以外)

No.1シリーズ以外のピクタム実生を記録を兼ねてUPしてみます。
(2014.07.23撮影)

その前に報告... No.2はロストしました(涙)


では順に...

No.3シリーズ
TBパダン緑(マーブルタイプ)×タイプ・エウレカ(2便目)です。

No.3-1
d0249970_22184388.jpg
根腐れを起こしてミズゴケ養生。
一時はどうなるかと思いましたが、何とか持ちこたえてくれました。

当シリーズ唯一の白入り。
楽しみです。
頑張って育て上げます!


No.3-2
d0249970_22184792.jpgd0249970_22184569.jpg
パッとしない系かな・・・と思いきや、最新葉が何とも複雑な感じ。
意外に当たりかも。
今後の変化に注目です。


No.3-3
d0249970_22185093.jpg
まだ何とも言えません。
とりあえず、白は入ってこないかな。




続いては今年の実生分...
Aglaonema pictum トリカラー緑 "Padang" × Aglaonema pictum "緑三色カナリア" from Sibolga

種子採取の辺りは以前の記事参照
蒔いてからの動きは鈍かったですが、とりあえず3株とも1枚目の葉を展開しています。
d0249970_22332870.jpg
実は♂親の"緑三色カナリア"は手元からロストしてしまったのでこの子株はその分もしっかりと育てたいです。


type EUREKA P. Nias【AZ0912-4】 × Sibolga sulatan Alt 700m (Noppi's 2)
種子採取の辺りは以前の記事参照
13粒の種子が採れていましたが...
d0249970_2239759.jpg
現時点で12粒の種子が発芽。
速いものでは2枚目の葉まで展開しました。
子株の葉はセンターホワイトだったり無地だったり・・・今後の変化が楽しみです。
面白い柄、出て来て欲しいですww

1粒だけ未発芽ですが、これは先行して採取した種子。
発芽の兆候は見えるのでいつか発芽してくれるでしょう。



type EUREKA P. Nias【AZ0912-4】 × タイファーム・アンダマン似
これも上のと同じ親株から採れた種子。
8粒採れていました。
d0249970_22451229.jpg
8粒全て発芽!
展開した葉をよく見ると、センターホワイトだったりスポット系だったり、♀親・♂親それぞれの特徴が出ています。
これも今後の変化に注目!



アンダマン × タイファーム・アンダマン似
不調です!!
d0249970_22515258.jpg
5/14に採取して5/17に蒔いた種子。
蒔いてからかなり経過しているのですが動きが鈍い!!

5粒蒔いて2粒しか発芽が確認できません。
なお1粒はカビが出て腐ってしまいました。
残りの2粒はどうなることやら・・・

そもそも8粒は採れると思っていた種子も5粒しか採れず、発芽も悪いと・・・

アグラオネマ種子の発芽率は基本100%なのですがどうしたものか・・・




シベル2nd × class2(エウレカ緑3色タイプ)
これはフルーツが変だった・・・
Twitterで何度となく写真をUPしているのでここでは省略しますが、他のピクタムと異なり完熟前のフルーツがクリーム色でした。
熟したフルーツは普通に赤くなっていましたが、これまでで一番大きかったです。2粒採取。
d0249970_22552543.jpg
蒔いてからほぼ1ヶ月ですが、2つとも順調に発芽中。
どう育つでしょうか?



"Padang Campur" from Padang【AZ1012-10a】 × type EUREKA P. Nias【AZ0912-4】
受粉に成功したもののフルーツの生長とともに親株が弱り、完熟前に力尽きました。
そんなわけで種子は諦めていたのですが切った3日後くらいに「もしかしたら行けるかも・・・」と思いフルーツを剥いてみたらギリギリ行けそうなのが3粒 (切った花芽をゴミ箱に捨てていなかったのはファインプレーでした ^^;)
ダメ元で蒔いてみました。。。
d0249970_2375646.jpg
未熟種子3粒のうち2つは溶けてしまいましたが、1つは発芽の様子あり!!
ここまで来たら何としても育て上げたいですね...気が早いですが。

親株がどちらも特徴的なので非常に楽しみなのですよ。
♀親 "Padang Campur" from Padang【AZ1012-10a】
d0249970_23121792.jpgd0249970_23121838.jpg

♂親 type EUREKA P. Nias【AZ0912-4】
d0249970_15545716.jpg


以上が手元の全実生ピクタムです。

そうそう、以前にブログ記事で書いたVer.Philippinesの未熟種子は全滅でした。
なかなかうまくいってくれないものです。。。

ともあれ、発芽までこぎ着けた以上の株には今後の変化に期待したいです。
これだけあればいくつか当たりがあるでしょう。
[PR]
by bbex58582 | 2014-07-23 23:30 | アグラオネマ | Comments(2)

Aglaonema pictum "tricolor" type EUREKA P. Nias (白タイプ?) × 

【AZ0912-4】です。

去年4月のアクアリウムバスでの購入株、白が多いような・・・というタイプです。

半年前に紹介していましたがその後を...
(半年前)
d0249970_15545716.jpg

結論から言って、この時が最盛期。
調子は良いですが葉模様は後退しています。
(2014.04.20)

d0249970_20403425.jpg

TwitterでしつこいくらいにUPしていましたが、花が咲いて実が成って・・・と、そっちにエネルギーを使っちゃったんでしょうね。
でも花を咲かせながらも新葉を出したりと、とても優秀でした。
実もたくさん取れたし。

ということで、その辺りの記録をば。
最近そんなネタばかりですが...

>長くなるので...More
[PR]
by bbex58582 | 2014-04-20 22:00 | アグラオネマ | Comments(0)

緑3色×緑3色

ピクタムの種が採れました!
d0249970_2182262.jpg
(2014.03.22)

今回は味見はナシ、残留農薬がね・・・

Aglaonema pictum トリカラー緑 "Padang" × Aglaonema pictum "緑三色カナリア" from Sibolga
緑3色同士の交配です。
狙ったわけじゃないけどタイミング的に・・・
記録では受粉が昨年の10/28、種子ができるまで5ヶ月近くかかったようです。

d0249970_21854.jpg
(2014.03.21)

実は親株は瀕死・・・

種子が育つと親株への負担が大きくなるのか、これまで種子が取れた株では親株は全滅。
今後の課題です。



ともあれ、種子
d0249970_2182556.jpgd0249970_2182691.jpg

d0249970_2182892.jpg

これに軽く用土を被せ、水を切らさないように浅く腰水をして密閉ケースへ。
完熟種子なので数日で発芽が始まるでしょう。



そうそう、今回の親株


d0249970_2182913.jpg
(この株自体は親ではないですが、同じクローンなので...)

Aglaonema pictum トリカラー緑 "Padang"
(TB便 2012年夏入荷)
当ブログでも何度も紹介していますがマーブルタイプの緑3色です。
成熟株で柄が大味な感じになるのが玉に瑕ですが、幼株時の表現は何とも言えません。
過去には ×タイプエウレカ の子も残しています(No.3-1~3)


d0249970_2183033.jpg

Aglaonema pictum "緑三色カナリア" from Sibolga
【AZ0613-8a】
当ブログでは未紹介、昨年9月はじめにAZ便で紹介されたタイプです。
花芽付きの株を購入したのですが、思惑通りひと働きしてくれました。
これもモザイクというよりはマーブルに近い感じの模様でビロードが強め。
緑3色としては美しい部類に入ると思います。


この2つを親とする今回の種子3つ。
普通に考えて白なしタイプになりそうですがさてどうなるでしょうか?
両親が緑3色の似たタイプとあって正直なところ期待度は今までで一番低いです...が、どうなるか分からないのが実生の醍醐味、大事に育てていきたいです。
[PR]
by bbex58582 | 2014-03-22 22:00 | アグラオネマ | Comments(0)

実生ピクタム(No.1) #5

ショックな記事の後ですし、良い報告もしないと・・・

アグラオネマ ピクタム トリカラー
パダン産緑3色(TB便・モザイクタイプ) × アンダマン諸島産(多分ID)


#1→http://aquaraceae.exblog.jp/19022415/
#2→http://aquaraceae.exblog.jp/19258937/
#3→http://aquaraceae.exblog.jp/19598621/
#4→http://aquaraceae.exblog.jp/19879992/

そうそう、これも元は未熟種子だったんですよね。

#4の植え替えのあと気温の低下も手伝って動きが鈍かったのですが、栽培温度を上げたとたんに動き出して現在絶好調です。
2014.02.22
d0249970_187692.jpg
温度が上がって調子を上げたのは害虫(アザミウマ)もで、植え替え前からある葉はだいぶ傷んでしまいましたがそれを補って余りある新葉たち!(なお、アザミウマはキンチョールでイチコロでした。)

一株ずつ見ていきます >more
[PR]
by bbex58582 | 2014-02-23 19:05 | アグラオネマ | Comments(2)

ショック...

前の記事でアグラオネマ実生について書きましたが、まさに書いたとおりのことが起こってしまいました。

事件はこの株で起こりました。

折れ~(泣)
d0249970_17393561.jpg
2014.02.22

ふと見たら「く」の字形に折れている・・・
地上10cmくらいのところで。

常湿栽培ですよ。
意味不明です…



こいつら、どうすんだよ・・・
d0249970_17393850.jpg
いえ、ここ2週間くらいフルーツのサイズに変化が無いような気がしていて何となく嫌な予感はあったのですが・・・

フルーツを突き破って育っていた種子は実はこの半日前くらいに収穫していました。
フルーツ跡が黄色くなって種子も萎れはじめていたので・・・



まぁ、嘆いていても始まらないので... > More
[PR]
by bbex58582 | 2014-02-23 19:00 | アグラオネマ | Comments(0)

アグラオネマの受粉~実生について

Twitterで話題になったので…


今シーズンもアグラオネマ(主にピクタム)の実生を目指し、昨夏以来だけでもかれこれ30回くらい受粉に挑戦してきました(一応記録を取っていたので、改めて記録を見返して自分でもビックリ)。
結果、受粉の成功した花芽が多分9個でその後順調に育っているのが現在7個、ただ雲行きが怪しいのも数個あるので最終的な成功率はさらに低くなりそうです。
そんな具合でなかなか成功しないアグラオネマの種取り。
色々と試して分かってきたこともあるので受粉のコツなど簡単にまとめてみようかと思います。
ただ、あくまでも私の栽培下での結果で、かつ、限られたチャンスで試した結果なので間違ってる部分もあるかと思います。あくまでも参考程度とご理解を。。。

前置きが長くなりましたが本題に入ります。


が、ひとまずメモ書きで・・・
後日まとめなおします(多分)


受粉の手順
・花粉を採取する(開花の3、4日後頃に雄しべから花粉が噴き出る)。
・花粉を開花間もない花の雌しべに塗り付ける。
 (受粉可能なのは開花直後~花粉吹き出しの前日くらいまで ←つまり自家受粉はできない)
・果実が膨れてきたら成功(1ヶ月くらいで大体分かる)。
 駄目な場合は花芽全体が黄色く変色する。
・果実が膨れても株の調子が悪いと途中で駄目になる場合もあるので株状態の維持に努めつつ成熟を待つ。
・実は成熟するにつれ 緑→黄色→橙→赤 と変化する。
 通常、真っ赤になってから採取するが、未熟な緑色のうちに採取しても育つ(蒔いた後の動き出しは遅い)ので、例えば完熟前に親株が枯れるようなことがあっても諦めないこと。



以下、項目ごとに説明

花粉の採取
花粉は順調にいけば開花後3、4日目くらい(温度などの諸条件で前後する)に雄しべから噴き出ます。
が、噴き出ない場合も多々あり、花粉吹き出しの条件は未だ掴めておりません。
分かっていることとして、雄しべの周囲の湿度が低いと花粉を出さない場合がほとんどですので常湿で育てている場合などは開花したら花にビニール袋を被せて湿度を保ってあげる必要があります。
噴き出た花粉は筆や綿棒などで採取し受粉に使います。
なお、この時点で花粉を出した花(自花)は既に受粉できないようです。
ちょうどこのタイミングで咲いている花のめしべにつけてあげます。
また、紙の上に花粉を落とし、包んで保存することも(少なくとも短い期間なら)可能です。

花粉の保管
現在検証中です。
保管方法としては花粉を落とした紙にそのまま包み、乾燥剤(シリカゲル)を入れたジップポリに入れて保管しています。
ちゃんとしたラボだったらデシケーターとかを使うのでしょうけど、そこはあるもので凌ぎます。
保管条件は検証中ですが、とりあえず冷暗所で5日程度の保管は問題ないようでした。
冷凍保管がうまくいくようなら色々と面白くなるのですが、どんなものか?

受粉後の花芽
花粉を塗り付けた花芽は湿度を保って結果を待ちます。
この時点でその花芽はまだ花粉を出していないでしょうから花粉採取のためにも花芽周辺の湿度を保ちます。
受粉後2週間から1ヶ月で変化が見られるかと思います。
書くまでも無いですが、フルーツが大きくなってきたら受粉成功の可能性が高いですし、逆に変化が無かったり花芽がり色く変色して来たら受粉がうまくいかなかった可能性が高いです。

実の成熟まで
受粉から実の成熟まで早くても4ヶ月くらいを要します。
親株の状態維持に努めつつ、気長に待ちます。
 参考:過去記事ですが...http://aquaraceae.exblog.jp/19259292/
成熟までの期間が長いのでこの間に親株が調子を落とす場合もあるでしょう。
そのとき、実の生長がある程度進んでいれば緑色の未成熟果実でも蒔けば生えてくるのであきらめず挑戦してください。
 参考:これも過去記事...http://aquaraceae.exblog.jp/19022415/



以上、思いついたことを書き出してみました。
(我ながら読みにくい文章でスミマセン)
書いたはもののまだまだ分らないことだらけ。
「違うよ~」という指摘や、質問などありましたらコメントやTwitter・DMにでもよろしくお願いします。
[PR]
by bbex58582 | 2014-02-20 21:12 | アグラオネマ | Comments(8)

Aglaonema pictum tricolor "ver. Philippines"

Aglaonema pictum tricolor "ver. Philippines"
(2014.01.12)
d0249970_17542543.jpg
何度も紹介していますが2012年8月オク入手のアグラオネマ ピクタム。
フィリピンファーム由来なのかフィリピンで作出されたタイプなのか不明だけど、とりあえずこの名称。
本当はセンターホワイトのつもりで導入したのだけど育ったらこんな具合に...
以前の記事で取り木をした上の方。
ちなみに増殖を目論んでいた切り株の方はというと・・・溶けました(泣)。
気付いたら根腐れで手遅れな状態に...芽が3つ4つ出ていて楽しみだっただけに無念、出直します。

ともあれ、現在写真の状態。
10月末から11月中旬にかけて咲いた4つの花、そのうち3つの花芽で見事結実となりました。

More(結実フルーツの記録)
[PR]
by bbex58582 | 2014-01-12 22:00 | アグラオネマ | Comments(0)

アグラオネマ ピクタム ・・・ 2013年を振り返る

またまた久々のブログ更新になってしまいました。

薄々の予感はあったのですが、twitter開始以来ブログの更新頻度が激減してしまいました...新規導入の紹介もここ半年くらい全然してないし。。。

ブログの初期からですけど、ここのところは特に、草への情熱の多くがアグラオネマに注がれています...90%くらいでしょうかね、でもってその95%くらいがピクタムでしょうか。
もともとそれに偏っていましたが、その情熱が冷めるどころか更に加熱した1年だったのかなぁと。。。

思えばトロケロール禍で始まった2013年、色々な試行錯誤の末、育成に関する考え方の変化や技術の向上があったように思います。
とはいえ、その過程で状態を悪化させ回復途中の株も多数・・・肝心の「綺麗に育て上げる」という最大の課題は2014年に持ち越しになってしまいました。

同時に今年は(今年も?)たくさんのタイプのアグラオネマピクタムを新規に導入してしまいました。
数えてビックリ、2013年の新入りピクタムは約30タイプ(大汗)...一部はトレードなどで頂いたものですが、新規購入に関してはペースを落とさないと大変なことになりそう、来年は抑えていきたいと思います。
(ちなみに、タイプ別でピクタムは49タイプ(プラス実生9株)、ピクタム以外のアグラオネマは39タイプが手元にいました...我ながら何ともまぁ...)

また「新タイプ」に関すれば、交配での作出も色々と出来て来そうな感じ。
現在、計9粒の交配種子から子株が育っていますが、来年中には親株表現が確定してくるでしょう...楽しみです。
また現時点で実りつつある交配種子も多数、そんなこともあって新しいタイプを購入してまで増やす余裕も無くなりつつあるのですが、趣味として負担にならない範囲で楽しんでいきたいと思うところです。

そんなことを思いつつ、状態の良い株や葉の写真を撮ってみたのでそれを今年のブログ投稿の締めとしたいと思います。 (一部に重複あり。)

d0249970_17532117.jpgd0249970_17532370.jpgd0249970_17532613.jpg

d0249970_17533146.jpgd0249970_17533363.jpg
d0249970_17533669.jpg

d0249970_17534375.jpg
d0249970_17542258.jpgd0249970_180499.jpg

d0249970_180475.jpgd0249970_180668.jpg

d0249970_180189.jpg
d0249970_180344.jpg

d0249970_180451.jpg
d0249970_1825310.jpg

d0249970_1825667.jpg
d0249970_184731.jpg

d0249970_1845996.jpgd0249970_185776.jpg

d0249970_1852059.jpgd0249970_1853275.jpg

d0249970_1854257.jpgd0249970_1855840.jpg

d0249970_1861846.jpgd0249970_186276.jpgd0249970_1863679.jpg
[PR]
by bbex58582 | 2013-12-30 22:00 | アグラオネマ | Comments(2)
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite