「ほっ」と。キャンペーン

aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

花 & 蕾

水上ケースより

ブセファランドラ sp. シンタン
以前紹介した奇形葉付きの蕾、咲きました。
というか、やっぱりコレは蕾で間違いなかったです。
正確には、奇形葉が邪魔で花びらが開けないようだったのでピンセットで無理やり開いたのですが・・・。
d0249970_137443.jpg
(2011.09.28撮影)

ケースのガラス越しに・・・角度が悪い。

d0249970_1364863.jpg
上から

記念すべき水上栽培で初の花です。
(少しインチキでしたが・・・)

初なのに、奇形・・・


アリダルム sp "Jupiter" Kapuas-1
動きが遅く、7月の導入から初の葉っぱが出る(発生の子株は除く)と思ってたのですが、蕾だったようです。
d0249970_1432538.jpg
(2011.09.28撮影)

「もしかしたら蕾かも」と最初から思ってはいたのですが、本当に蕾とは・・・。

普通に葉っぱを展開して欲しかった。
ただでさえ成長が遅いのに・・・。

d0249970_1433910.jpg
拡大

どうみても蕾です。

d0249970_1434983.jpg
無事に開花してくれるでしょうか?

アリダルムの花は初なのでなんだかんだ言っても楽しみです。


ホマロメナ sp. “Lompi産” 
開きそうで開かない蕾・・・
d0249970_1505976.jpg
(2011.09.28撮影)

でも咲いても気付かないかも・・・
根元が混み合い過ぎです。

d0249970_1525172.jpg
株の方は脇芽が次々に出てきて凄い状態になりつつあります。
元気よすぎ・・・。

(9/9の写真と比べると生長が一目瞭然・・・)



「蕾」と言えば水中のアヌビアス.バルテリーも今年2個目の蕾を出しました。
水温が落ち着いてきた為でしょうかね?
ポット購入から2年近いかなりの大株です。
大株過ぎるのも困り者で水槽内のスペースが・・・。
そんなわけで開花はどちらかといえば歓迎です。
(水槽内は乱雑過ぎるので写真は無しで・・・)



(写真はクリックすると拡大されますよ。)

[PR]
by bbex58582 | 2011-09-29 12:00 | 水上ケース | Comments(0)

透明葉・・・

先日ブセファランドラsp.カユラピスの透明葉株のことを書きましたが、
日曜日に水槽を漁っていたら新たな透明葉モノが発掘されました。

とりあえず写真を・・・
d0249970_113224.jpg
(2011.09.25撮影)

アヌビアス ナナ系の何か・・・
「プチ」「ミニ」「ゴールデン」「ボンサイ」のうちのどれかだと思う・・・


非常に状態が悪いです。
と言うのも、これの置かれていた場所っていうのがものすごく暗いところ(Anバルテリー大株の根元付近)で、まともに光合成できていなかったのでしょう。更に夏場の高水温も追い打ちをかけたと考えられます。
むしろ生きていたのが不思議なくらい・・・。
なぜこの石がそんなに暗いところに置かれてしまったのか記憶が定かではないですが、とても可哀想なことをしてしまいました・・・。

ともあれ、透明葉です。
葉が厚いので透明感にやや欠けますが、深緑系エキノドルスの感じに似ています。
まぁこれについては原因が原因、ただの生長障害なわけで、だからどうしたの・・・という話ですが。

あまり見れるものではないのでとりあえず記録ということで・・・。



(写真はクリックすると拡大されますよ。)

[PR]
by bbex58582 | 2011-09-27 09:00 | アヌビアス | Comments(0)

コンデジの限界?腕? / ブセ.シンタン 撮り直し

先日の記事のブセファランドラsp.シンタンの葉縁の波波を撮り直してみました。

d0249970_22212719.jpgd0249970_22213885.jpg

d0249970_22251640.jpg
(写真はクリックで拡大されます。今回は特に大きめ。)



この葉を撮りたかった。

葉縁は大きく波打っていて、その中に更に細かな波打ちがある。
水上葉特有のウェーブ、地味だけど、凄過ぎます!


ただ、コンデジの限界か私の腕か、
被写体の素晴らしさを伝えきれない・・・。
d0249970_22253187.jpg
d0249970_22254149.jpg



  あ´っ・・・デジイチ購入の前振りじゃないですよ。
  購入の予定は全く無いです。
[PR]
by bbex58582 | 2011-09-25 09:00 | ブセファランドラ | Comments(0)

シダsp. / ♥前葉体♥

イモブロブなのにシダ。
それはそうと気持ちの悪いタイトルだな・・・♥はではなくです。

とりあえず写真を、
アリダルム sp "ジュピター" の根元、というか根です。 です。
d0249970_131235.jpgd0249970_132123.jpg

断言はできないけど、うちの環境で胞子の付着は無い筈。
現地・カプアスのシダの可能性

これからどうなっていくのでしょうか。
「消滅」の可能性が一番大きい?



(写真はクリックすると拡大されますよ。)

[PR]
by bbex58582 | 2011-09-24 09:00 | イモ以外 | Comments(2)

ブセファランドラ sp. モトレアナ

ブセファランドラ sp. モトレアナ
   sp.? cf?

d0249970_03526.jpg
(2011.09.23)

水上移行安定後に展開の葉の柄が異常に長い。

( 左の葉が薄いのはまだ展開したばかりだから。)


ちょうど1年前くらいにA.P.BARNさんで購入のブセファランドラ。
品名は「ブセファランドラspモトレアーナ」で、聞けば「ナカモト便で2010年6月に入荷」とのことだった。
このとき同時に「ブセファランドラsp SERIAN (カミハタ便)」などを購入したのだが、当時は本当に何も分かっていなかった・・・。
ともあれ、導入後水中栽培で生長が遅いながらも特に問題はなかったのだが、今年5月の水上ケース稼動を機に水上に上げて今に至っている。
d0249970_01049.jpg
水上葉

葉っぱ自体は形といい葉脈の感じといいとても良いのだが、柄が長過ぎるのがちょっと・・・。

まぁ、面白いと言えば面白い・・・。

ちなみに購入時の写真が見つかったので、
d0249970_0172523.jpg
小さかったなあ。
これで¥2,000でした。
当時「安い」と思った記憶があるけど・・・
産地不詳(確認忘れ、時期的にSERIANか?)で特徴に欠ける印象、
それにKn便ブセの現状をみると・・・

ともあれ、良くも悪くも思い出です。



(写真はクリックすると拡大されますよ。)


ところで、
[PR]
by bbex58582 | 2011-09-24 06:00 | ブセファランドラ | Comments(2)

新・水上ケース

ブセの水上化(2011.09.21~)
スペースがないなら作ればいい。
プラケースで水上移行です。
d0249970_21231398.jpg
水中で調子の悪かったブセ.シンタンを2鉢(左)。
水上でカッコよく育ってもらいます!

水上初挑戦はカユラピスとランジャウエンティマウ。
どちらも期待大です!

あと、クダガンを1株。


水上化初挑戦です。
d0249970_2130981.jpgd0249970_21303634.jpg
もっとも、どちらも水上株を入手して水中栽培していたのでしたが・・・


密かなお気に入り
d0249970_21323887.jpg
モスsp.シンタン 
TBさんから入手のブセ.シンタンに付着していたコケです。
意外に綺麗なウロコゴケ(?)。
水上は初です。



ラップで保湿。
季節的にどうかというのはあるけど、とりあえず立ち上げ完了。
No.3 水上ケース といったところです。


ちなみに No.2 はコレ
d0249970_21383572.jpg
うーん、不格好!

中のメンツは凄いのだけど・・・。




(写真はクリックすると拡大されますよ。)

[PR]
by bbex58582 | 2011-09-22 22:30 | 水上ケース | Comments(2)

波~波~ / ブセファランドラ sp. シンタン (水上)

先日、ブセ.シンタンの水上株がカッコイイと書いたけど・・・

何が凄いって、このパフォーマンスには参りました!
葉の縁、大きい波の中に細かい波。
d0249970_2104327.jpgd0249970_2105657.jpg


写真が下手でゴメンナサイ。(・・・あとでケースから出してちゃんと撮り直そう)
敢えて書くならこんな感じ
d0249970_2143153.jpgd0249970_215469.jpg

水中栽培では見られません。
水上株ならではです。


小さい水中株を試しに水上に上げて4ヶ月半、
ブセファランドラsp.シンタンの良さを再認識したのでした。



(写真はクリックすると拡大されますよ。)

[PR]
by bbex58582 | 2011-09-22 21:30 | ブセファランドラ | Comments(0)

水上ケース 2011.09.20

久々にアグラオネマ以外のネタを・・・
(「ネタ」と言うほどのことでもないですが)



咲かないパターン①
ブセファランドラ sp. “Dark gray”
 こうなる予感はしていたのですが・・・
d0249970_18574668.jpg
(2011.09.20)

蕾の花びら部分が茶色く萎れていました。
・・・残念。



咲かないパターン②
ホマロメナ sp.“Lompi産”
d0249970_1923174.jpg

黄色
枯れ? 腐り?

でも残りの4個の蕾は健在です。
そろそろ咲きそうな気配も。



アリダルム caulescens‘angustifolium’"Sarawak"
この株だけ葉の展開ペースが異常。
d0249970_19265796.jpg
葉の展開ペースが早くなったなぁ、と思っていたら更にペースアップ。

新葉展開途中で次の葉が・・・。



ブセファランドラ sp.シンタン
水上葉も増えてきました。
改めてよく見ると、とてもカッコイイ!
d0249970_19333368.jpgd0249970_19334534.jpg
葉の色艶・縁のウェーブ
・・・とても良いです!(蕾は変だけど)
もう何株か水上に上げたいのだけど・・・スペースが・・・。





(写真はクリックすると拡大されますよ。)

[PR]
by bbex58582 | 2011-09-20 20:00 | 水上ケース | Comments(0)

ニアスのトリカラー!

祭りは終わってもアグラオネマネタです。
いっそのことブログタイトルを aglaonem@raceae にしてしまおうかと思ったり思わなかったり・・・。
(思ってません。でも白状すると、祭りの間だけ変えようかとは密かに考えていました。)
アグラオネマ祭りであれだけたくさんの種類が並んだのにトリカラーが無いのは寂しい限りでした。
なので、トリカラーネタ行きます!


Aglaonema pictum "tricolor" type EUREKA P. Nias
(AZ0611-4)

d0249970_2231143.jpgうちに届いたのが7/18だからちょうど2ヶ月です。
あとになって思えば、棒とはいえ頂芽部分の優良株だったのです。 →
ただ、これを受け取ったときは細さ・弱々しさが気になってしまい、これの良さを理解できませんでした。
このまま育てていれば今頃・・・なんて考えてしまいますが、過ぎた事です。

2ヶ月前はこれを受け取ったもののビビってすぐには手が出せず、
1週間の放置後に3分割してしまったのでした。

ともあれ、現在
d0249970_2238944.jpg
(2011.09.17 撮影)

ゆっくりながらも順調に育っています!


一番下
d0249970_22395543.jpg
これの生長が一番遅い。


真ん中
d0249970_22403514.jpg
上からのぞき込んだら根が見えました。
順調そうです。


そして一番上、
d0249970_22405798.jpg
葉の展開が始まろうとしています!

元々の生長点部分なので動きが早い!

この葉は小さな丸っこい葉になりそうな感じ。
模様は・・・どうなるだろうか。

切り詰めていなければ・・・(しつこい)



トリカラーネタって言っても葉がないことには・・・

タイトルにも「ニアスのトリカラー!」って・・ ・ ・ ・
[PR]
by bbex58582 | 2011-09-18 12:00 | アグラオネマ | Comments(2)

アグラオネマ祭り (2_8) 興興興・白

Aglaonema Heng Heng Heng white

Heng Heng Hengの白色変異種として作出されたようです。

HengHengHengの倍以上ながらもお手頃価格だったのでセットで行ってみました。
結果的には失敗だったのですけど・・・


到着時(2011.09.13)
d0249970_20513525.jpg
色とかは・・・微妙。

感想としては「デカイ!」
henghenghengには小さめの葉も混じっていたけどこれはすべての葉が大きかった。


植え付け後(2011.09.16撮影)
d0249970_20575826.jpg
う~ん・・・

悪いわけでは無いのだけど・・・
良いわけでもない・・・

そしてデカイ

d0249970_20565985.jpg
嫌いじゃないけど、好きでもない・・・

そしてデカイ


アンヤマニーにも白タイプの変異品種があったからどうせならそっちにしておけばよかった。
というか、どうしてアンヤマニーホワイトに見向きもしなかったのか?
通販でよくある後悔です。

ともあれ、縁あってうちに来たのだから大事に育てます。(本日、2回目・・・)



(写真はクリックすると拡大されますよ。)


以上で終了です。
[PR]
by bbex58582 | 2011-09-17 22:05 | アグラオネマ | Comments(2)
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite