aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

アグラオネマ ピクタム トリカラー

色々なサトイモ科の植物たちにあって アグラオネマ ピクタム トリカラー はちょっと特別な存在です。
どう特別なのかってのは愚問でしょう(笑)。

この植物に最初に手を出したのが今年の7月。
その後気付いたら色々増えてました。
とは言っても子株ばかりで、これからじっくり育て上げねばなりません。
あと1年したら凄い事になっていそうです!

とりあえず現状を記録として・・・


①ニアスの「エウレカ タイプ」(AZ便)
Aglaonema pictum "tricolor" type EUREKA P. Nias ¥16,800
今まで何度となく登場させていますが、このブログを始めるきっかけとなった植物ですので特別です。
現状、葉っぱ1枚のが3株。
前回の投稿(11/4)からほとんど変化がありません(汗)。
やはり温度が足りないのでしょうかね。
照明点灯時20℃、消灯時16℃ くらいです。
d0249970_22431269.jpg
一番上の株 

9月末から全然動いていません。
3ヶ月も・・・です。

次の葉の兆しがあるようなないような・・・



※(愚かにも)3分割した棒の元の位置のことです。


d0249970_224727100.jpg
真ん中の株

唯一のミズゴケ植え。
葉が一番大きいです。

新葉の出てくる準備は整った様子。↓
d0249970_22474435.jpg

d0249970_22511314.jpg
一番下の株

これも次の葉の出てくる場所というか裂け目(?)が出来上がってます。↓
d0249970_2251258.jpg
新葉の展開は2月頃でしょうかね?
導入当初の思惑としては、年内には葉っぱ3枚くらいのが3株・・・なんて夢見てましたが・・・。
ともあれ、カットした3片全てがちゃんと育ってくれているので御の字だと思うことにしています。
素質としては文句なしに素晴らしものを持っているので来年の動きがとても楽しみです。


②ニアスの「緑3色」(AZ便)
Aglaonema pictum "tricolor" P. Nias class2 (緑3色) ¥9,500
d0249970_239490.jpg
(2011.12.30)

前回の投稿(12/6)のときに展開し始めていた葉がまだ開ききっていません。
温度の低さはこうも成長に響いてくるようです。
(ケース温度は終日19℃程度)
d0249970_23141915.jpg
しかし、奥には次の葉も覗いています。

流石にニアスのトリカラー、遅いながらも止まりません。


この株は完成された状態で入手したので既にかなりの見応えです!
現在ケース内にて管理していますが、春になったら外に出して観葉化させようかと考えております。
条件さえよければ動きも速いので暖かくなってからがとても楽しみです。


③kn便、スマトラ島産の面々
スマトラ島で採取された子株です。
生長後の表現は不明。 ・・・不明と言われてはどうしても大化け期待してしまいます。
入手株はそろって復活品とか売れ残り品、一癖ある面々です。
まぁ、輸入直後の株よりも安心して導入できたので・・・。

(1)Aglaonema pictum "Velvet Tricolor" Smatera ¥4,800
d0249970_23343235.jpgd0249970_2334381.jpg
ハート型の葉はベルベットの質感が他よりも強いです。
センターのホワイトラインは濃いめ。

導入時
d0249970_23344354.jpg
(2011.11.10)

復活株ということでの入手でした。
これだけ採取標高の表記はないですが、時期的に600mでしょうかね?

(2)Aglaonema pictum "Tricolor" Sibolga sulatan Alt 900m ¥4,800×2
(2-1)
d0249970_2334490.jpg
既に「トリカラー」してます。
あとはセンターの銀模様がこれからどれだけ散ってくれるかが問題ですね。


d0249970_23341336.jpgd0249970_23341940.jpg

(2-2)
d0249970_23355958.jpgd0249970_23354679.jpg葉が開く前の状態で購入しました。
葉模様からすると 2-1 と同じタイプでしょうかね?
やや緑が濃い気もしますが・・・
まぁ時間が解決してくれるでしょう。

導入時
d0249970_2333529.jpg
(2011.11.10)

このタイプは茎がしっかりしていました。

左株は「復活株」としてリリースされたものです。
「復活」とは言っても葉が展開して「選べる状態になった」のでネットにアップされたということのようです。

右の株は葉が開く前で本来のリリース前でしたが少し冒険をしてみました。

(3)Aglaonema pictum "Tricolor" Sibolga sulatan Alt 700m ¥4,500
d0249970_165382.jpg
先日紹介したばかりですね。。。

模様が上の3株と明らかに違うタイプだったので・・・。
質感は(1)ほどではないですがベルベット感強め。


現状、葉っぱ1枚で生長点なし。
大化けしてくれないと割が合わないかもです・・・(気分的に)。

まぁ、気長に育てます。
 *"Sibolga sulatan"はgoogleの地図だと”Sibolga selatan”になってますね。
  google地図は結構間違いが多いので何とも言えないけど、どっちが正しいんだろう?

  
(1)と(2)はカミハタ便のスラウェシホマ購入のときの導入。A.P.BARNさんからです。
(3)は先日FeedOnさんにてです。


とりあえずここまででの子株たちを並べるとこんな感じ。
d0249970_114451.jpg
(2011.12.30)

全部育つと壮観でしょうね!

凄く楽しみです。


写真の株全部合わせて¥35,700‐
アンダマン諸島トリカラーを買ってもお釣りが来ちゃいますね・・・。



実はまだあります。

④フツーのトリカラー(園芸種)  >>>more
[PR]
by bbex58582 | 2011-12-31 09:00 | アグラオネマ

スキスマトグロッティス sp. ボルネオ

スキスマトグロッティス sp. ボルネオ
シダとイモ」のよっしーさんのボルネオ島自己採取というスペシャルなスキスマです。
10月中旬にトレードでうちに来たのですが、その後の報告を・・・。

受け取り時点で新葉が展開する直前の状態だったのですが、実は導入後まもなくその葉は溶けてしまいました。
迷彩模様の葉が楽しみだったのですが何とも残念でしたし、それ以上によっしーさんに申し訳なくて・・・。

しかし、ようやく復活のメドが立ちました。
d0249970_2394176.jpgd0249970_2394725.jpg
(2011.12.30)
溶けた葉っぱと全く同じ場所から新しい葉が見えます。
生長点が潰れたあとにはこういった復活の仕方をするのですね。

とりあえず、年内に復活のメドが立った事を報告出来て良かったです。
これで安心して年を越せます(2回目:笑)。

この様子だと、葉が展開されるのは1月の下旬頃になるでしょうかね。
今度こそ楽しみです。
そして来年はしっかりと育って欲しいです。 ・・・というか、しっかりと育てなくては!

d0249970_251344.jpg
今の葉。

次の葉の迷彩模様が楽しみです。
[PR]
by bbex58582 | 2011-12-31 08:30 | スキスマトグロッティス

ホマロメナ sp. マウントベサール

ホマロメナ sp. マウントベサール

ちゃんと新葉が出てきてくれました!  これで安心して年を越せます(笑)。
d0249970_211124.jpg
(2011.12.30)

ネジネジです。


でも、赤くない・・・。

切り株
d0249970_212216.jpg
とりあえず、5芽は確定のようです!


来年がとても楽しみです!
[PR]
by bbex58582 | 2011-12-31 08:00 | ホマロメナ

スキスマ2種類 と アグラオネマ4種類 ・・・

今年は草への散財が激しくて、11月のAZ便と ホマロメナ Mt.ベサール あたりで新規導入は一休みにしようかと思ってたのだけど・・・。

買い込んでしまった。。。。。

先日(12/25)FeedOnさん にて。
とても気になる草がブログで紹介されていたものだから足を運んでみました。
そしてタイトルの大量(?)購入となったわけです。
もの凄く今更な感じなのだけど、11月のkn便の残り物。
良いのが残ってたら買おうかななんて思っていくつか目星をつけていたのだけど思いのほか残ってて・・・。
あとお店に秘蔵されていた草とか・・・。

後々気付いたらアグラオネマとスキスマに偏ってやんの(笑)。

記録として紹介しておくと、買ったのはこちら。
d0249970_232377.jpg
5/6で「Nakamotoさん便」:苦笑。

それよりも値段付きのラベルって結構危険な存在です。
まぁ金額的には大人しめなのですが・・・。


って、これで紹介終わりってのは寂しいので、ちゃんと紹介しますよ > > > more
[PR]
by bbex58582 | 2011-12-27 09:00 | 購入の記録

芽!

ホマロメナ sp. マウントベサール

導入から3週間程経ちました。
d0249970_20453431.jpg
(2011.12.18)
動きなし。。。

逆に植え付け後に葉がデローーンってなってそのまま戻らず。
腐りかけた1枚をカットしました。

根は少し伸びているようなので一安心・・・かな?

気長に見守っていきます。
しかし、カットした下の方で動きが、
d0249970_20454169.jpg
芽!

芽!

芽!

拡大
d0249970_20454918.jpg
芽が3つ出てます。
赤い!

プラス2つくらい出てきそうな雰囲気もあり。
もしかしたら地中でも芽が出てたりして。






根っこにカビが出てるけど
(まち針の頭みたいな白いの)
・・・大丈夫だよね?!
これからの生長が楽しみです!!!




「芽」 といえば、こっちでも。

アグラオネマ メタリカ
調子に乗って2株導入したものの散々な状態で・・・
1株は完全に消滅(涙)、もう1株も絶望的でしたが、何とか持ちこたえました。

そして、
d0249970_2059710.jpg
(2011.11.26)

芽・・・らしきものが出てました。



これを見たときはとても嬉しかった。。。
d0249970_20594413.jpg
(2011.12.18)

しかし、動きは非常に遅いです。
(温度の関係もあるとは思いますが・・・)
とにかく、なんとしても復活させねば!

早くて半年?
もっとかかりそうだな・・・
[PR]
by bbex58582 | 2011-12-18 22:00 | ホマロメナ

花 - アグラオネマ アンヤマニー

葉っぱを楽し筈の植物ですが、花も悪くはないです。

先月の Heng Heng Heng white の開花に続き、アンヤマニーも咲きました。

アグラオネマ アンヤマニー タイから個人輸入 @¥450
d0249970_2235327.jpg
(2011.12.15)
  ↓
d0249970_224923.jpg
(2011.12.16)

花の拡大
d0249970_2242468.jpg
Heng Heng Heng white よりも雄しべ部分、いわゆる「ヤングコーン」(?) が花の割に大きくて豪快な印象です。

Heng Heng Heng white のときは気付いたら萎んでいたのでよく観察できなかったのですが、なるほど、奥の雌しべはこんな感じになってるのですね。

手ぶれの失敗写真。逆に幻想的な感じで消すには惜しかったので ↓
d0249970_2243335.jpg
d0249970_225277.jpg
改めて、アンヤマニーの葉っぱ。

赤!

結構、気に入ってます。



アグラオネマ Heng Heng Heng も開花近しです。    これもタイから個人輸入で同じく@¥450d0249970_2253660.jpg

アンヤマニーと同時開花となってくれたら交配して遊べたのですが、そう都合良くはいきません。
アンヤマニーの雄しべを冷凍保存は・・・家庭用冷凍庫だと無理だろうな。
まぁ、いつかそういったチャンスはあるでしょう。

d0249970_2254492.jpg
葉っぱ。

色合いは悪くないのだが・・・デカイ。
しかし、タイから個人輸入のアグラオネマたちは安かった子たちばかり好調で・・・。
購入11株のうち、金額だと78%分にあたる高級3種5株(うち1株消滅)は調子が悪くて目も当てられません。
なんだかな~。

[PR]
by bbex58582 | 2011-12-17 06:00 | アグラオネマ

ブセファランドラ sp. "Sekadau2"

ブセファランドラ sp. "Sekadau2"
d0249970_2157383.jpg
(2011.12.15)

今年の4月末に導入、水上栽培で管理。


うちに来てから展開した葉が

異常ににカールしているし、葉自体もやや薄っぺらい感じ。
何が悪いのだろう?

株別れや子株の発生は嬉しいけど、この姿は・・・
[PR]
by bbex58582 | 2011-12-15 22:30 | ブセファランドラ

鯖・・・

揃って動きがあったので。
d0249970_21334823.jpg
(2011.12.15)

ピプトスパサ sp. サバ
  
ブセファランドラ sp. サバ

揃って新葉を展開。

d0249970_21335489.jpg
左上の葉が今回展開された新葉。
今までの葉とはひと味違う。
やや細長めでデカイ。

全然安定してくれないですね。
それはそれで面白いのかもしれないですが・・・。

d0249970_2134124.jpg
今回の動きとは関係ないけど、葉裏。

葉っぱの感じから予想される通り・・・です。
分かる人には分かる筈(笑)。


d0249970_2134895.jpg
ブセ

導入以来2枚目の葉です。

この葉っぱだけで何のブセか答えられる人はいないのではなかろうか・・・。



d0249970_21341715.jpg
次の葉も控えているけど・・・

理想の草姿は遠そうです。
[PR]
by bbex58582 | 2011-12-15 22:00 | ピプトスパサ

復活?

サトイモネタではないです。

衣装ケースの水上ケースに引っ越した鉢。
今までよりも光量が格段にアップ。
そのせいでしょうか、意外なところで変化が起こっています。

d0249970_2225174.jpg
アグラオネマ トリカラー エウレカ の鉢
ミズゴケ植え


葉っぱ展開から動きなし・・・
用土植えの2鉢も全然動いてないです。
カットした一番上の株は2ヵ月半も全く動いていないことになります。
参りました・・・。


そんな中、関係の無い所で動きが。

d0249970_22251032.jpg
ミズゴケに注目

一部で緑に変化!
d0249970_22252340.jpg
発芽(?)してる
d0249970_22253694.jpg
ホマロメナ ロクサド の鉢

d0249970_22254675.jpg
d0249970_22255826.jpg
ワラワラと出てきています

ホームセンター購入の 「 圧縮ミズゴケ チリ産」 

まさか生きていたとは・・・。
コケの生命力には敬服します。
[PR]
by bbex58582 | 2011-12-10 23:00 | イモ以外

水上ケース 2011.12.06

水上ケース内の動きをポツポツと、 動いてくれない子もいますが・・・

アリダルム sp "Jupiter" Kapuas-1
d0249970_21353118.jpg
ひと月くらい前に開花した株。

開花後すぐに葉を出してきました。
その後の動きはとても遅いですが、動いてくれているので安心です。
発生子株の方も着実に大きくなっています。


もうひと株の方、
d0249970_21352382.jpg
こっちは一足先に葉を展開(?)
でも、葉の形が・・・これからまだ変化するのかな?


ジュピターは「全然動かない」という話をよく聞きますが、うちは何が違うんだろ?
水上栽培環境としては光量も含めて最低限なレベルなのだけど・・・逆にそれが程よいのかもしれないし、単に個体差の範疇なのかも。
結局よくわかりません。


ブセファランドラ sp. "Simunjnan"
d0249970_21353680.jpg
小さい葉を展開。

導入後の1枚目だから仕方ないのだろう。
次には期待したいです。


脇芽(のような箇所)の方は変化なし。
勘違い? 
脇芽であることを期待しているのですが・・・。


ブセファランドラ sp. “Sri Aman”
d0249970_21354256.jpg
4月末にうちに来て最初の葉が10月中旬、その段階で新芽も出ていたので成長速度が急激にアップしたのかと思いきや、そこからの動きが想像を遥かに超える遅さ。ジュピターよりもずっとずっと遅いです。

お手上げですね。。。

芽の色はとても良い感じなのだけど・・・


ブセファランドラ sp. "Sabah" 
d0249970_21354822.jpg
導入後2枚目の葉ももう少しで展開。

とは言ってもね・・・。


ブセファランドラ sp. "Melawi"
d0249970_22212746.jpg
そろそろ導入から1年が経ちます。
ようやく立派な葉を展開してくれました。
水中の方も同サイズの葉を展開し始めてくれてます。

導入以来、長く不調でしたがこの秋くらいからようやく安定してくれたのかな・・・長かった。


ブセファランドラ sp. Kapuas-3
d0249970_2136129.jpg
導入後最初の動きが蕾だったというパターン。

葉を出してー。


ブセファランドラ sp. "Sekadau3"
d0249970_21361085.jpg
前の葉の展開から1月以上経っての新葉。
生長と共に動きが遅くなっている様子。

とはいえ、これから展開される葉のウェービーには期待が膨らみます。
(でも、お隣のブセ.シンタンのウェービーには適いそうにない予感・・・)




水上ケースは水温24℃管理で気温は20~22℃くらい(水槽の上部箇所)になっています。
照明の直下以外ほぼ全面を発泡スチロールで囲っているので水温管理だけである程度の空気温の安定も得られている様子です。
写真を撮る為にフタを開けたら温度が一気に下がって可哀想でした・・・。
[PR]
by bbex58582 | 2011-12-07 23:00 | 水上ケース
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite