「ほっ」と。キャンペーン

aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

新入りアグラオネマ ネブローサム2色

Aglaonema neblosum "Star spots" Mersing Barat
d0249970_21562689.jpg
滅茶苦茶 格好良い ネブローサムのバイカラー! 
しかも大株。 
植えつけてあるスクエア鉢が何気に3.5号ですので・・・って分かりにくいですが、ネブローサムにしてはデカイです。

これもNATUREさんの5周年セールより。
"Plain Leaf" 購入の際に 「ネブローサムで何か他に無いですか?」 と聞いて出てきたひとつががコレ。
聞いてみるものですね。
葉の質感とか銀斑の入り方とかその色合い具合とか・・・最高です。
一見ピクタムっぽいけどよく見ると確かにネブローサム。
って、学術的な分類はわからないですけど・・・なんとなくです...
元株は2009年9月のkn便でしょうかね? "散星"っての。 それはそうとこの産地のネブローサムは皆格好良いですね。(特にこの自生写真の次の次の更新ページのトリカラーネブローサムが格好良過ぎる…)

ちなみに価格もピクタム級、3割引でもピクタム級・・・でも後悔は無い。


ネブローサムのバイカラーはもうひとつ。
kn便で先々週入荷の。 実は先々週末、ピクタム取りにFeedOnさんへ足を運んでたのでした。
その週末は時間的に中野まで遊びに行く余裕があったもので...
 
d0249970_22152359.jpg
Aglaonema nebulosum "Bicolor" ロンピン産細葉 で合ってるかな?
(NATUREさんから増殖株がリリースされてる上のと同産地の細葉バイカラー(以前購入・あまり調子がよろしくない)と同じものかと思ってたけど...違うかも。よく分からないのでその辺は要観察です。)
これは小さいです。 葉の長さがスタースポットの半分くらい。
バイカラー模様のコントラストが素晴らしく思わず購入。
小さい中に格好良さが凝集された感じです。


以上、ネブローサム バイカラー 2タイプを新たに迎えました。
両者とも既に完成された感じ。
この状態を維持しつつ、更に大きく育て上げたいです。


それにしても、ネブローサムは単色モノといい2色モノといい良い味出してます。。。
[PR]
by bbex58582 | 2012-10-31 00:00 | アグラオネマ | Comments(2)

新入りアグラオネマ 緑単色系

巷の(?)アグラオネマブームは実際のところ 「トリカラーブーム」 なのでしょうか?
でも緑単色モノも捨てたものではないと思うのです。

そんなわけでKSB便より
d0249970_1503174.jpgd0249970_1503085.jpg
アグラオネマ sp.
ランカウイ島産


シンプレックスでしょうかね?

格好良いです!

現地画像に一目惚れ。
で、ちょっと奮発した次第。


後悔は無い。。。




普通に常湿に置いていますが問題なさそう。
生長の動きを見せないのは心配だけど、まぁそのうち動いてくれることでしょう。


KSB便からもうひとつ、
d0249970_21158.jpgd0249970_21072.jpg
こっちはボルネオ島採取の木立ちタイプ

アグラオネマ sp. Bau Sarawak

ネブローサムでしょうか?

地味ですが味わい深い感じ。
やや艶消し気味の独特の葉質、TB便で来たサラワク産の特徴と同じですね。

このタイプはリリースされたときから興味はあったのですが、イマイチタイミングが合わず・・・
で、今回上のランカウイ産購入のタイミングで一緒に導入と至りました。


これも常湿で育てていたのだけど、先日植え替えたら地中の茎が長くて長くて・・・カットしたので現在ケース内で養生してもらってます。
が、この時期にケースに入れてしまうと湿度的に5月か6月まで出せない。
折角常湿で育っていたところ勿体無い気もしますが、当面ケースで文字通りの温室栽培といきます。


緑単色をもう一つ。
被ってますがどちらかといえばこっちが本命。
d0249970_217282.jpgd0249970_2172825.jpg
まだ幼株ですが、
Aglaonema sp. "Plain Leaf" Johor Malaysia

これもネブローサムでしょうかね?
上のに比べ緑がより濃く、かつ、より艶消しされた葉質のアグラオネマです。

NATUREさんリリースの増殖株。
前から気になっていたのですが、価格とタイミング的な躊躇があって・・・
あと、以前購入した細葉バイカラーネブローサムの増殖子株がうまく育てられないってのも躊躇の理由になっていました。

が、先日の5周年セールで吹っ切れて購入!
思ったよりもしっかりした株なのは嬉しい誤算。

これはしっかりと育て上げねばと思います。
親株然と育った姿が楽しみ!



NATUREさんのセールではもう1種類購入。
思わぬ(大)暴走でしたがそれは次回に、 明日か明後日か? PC相変わらず重くて、更新が滞る。。。
[PR]
by bbex58582 | 2012-10-30 09:30 | アグラオネマ | Comments(4)

ブセファランドラ sp......

ノマド行けませんでした・・・否、行きませんでした。
この週末、何かとヤボ用があったものの、その気になれば行くことは難しくなかったのだけど...
家から会場まで片道1時間15分くらい(多分)・・・これとモチベーションと時間的余裕のバランスで結局行かずに終わってしまいました。
言い訳はさておき、そんなわけでお会いできなかった皆様にはスミマセンが、またの機会にヨロシクです・・・。


以上が前置き。


本題は導入植物の紹介。
ブログ放置中にも色々と導入していたので何度かに分けて紹介と行きます。

まずコレ、9月頭の導入物。
で、アグラオネマ以外では唯一の導入物であるという・・・

ブセファランドラ sp.  ・・・ です。
各所ブログがノマドネタで盛り上がってるときにこれを出すのは如何なものかという話ですが、今出さないとさらにタイミングを失するので、、、、
d0249970_0532014.jpgd0249970_0532391.jpg
はい、カユラピス2ではありません。

kn便の 「アキレス」 です。

TB便の 「カユラピス2」 再入荷から遡ること少し前、数週間後に起こることなど露知らず、おぉぉぉ と思って思わず注文。


これは「丸っこい葉っぱの株」ってことで選んでもらいました。
(葉先が丸っこいってことで)

お店に足を運ぶ時間が取れなかったので通販でした。


ちなみに写真は10/18、
導入から1ヶ月半くらい、だいぶ溶けました。

元々ちょっと微妙な感じの株でしたが、何とも寂しい状態に。
まだ新芽を吹きそうにありません。
根の方は動いているので早く復活してもらいたいところです。


普通だったらコレで終わりなのですが、ここで暴走。

d0249970_0533056.jpg
d0249970_0533151.jpgd0249970_0532969.jpg
もうひとつ同じの。。。

こっちは 「尖った葉っぱの株」 としてチョイスしてもらった株です。

色々なタイプの感じのが混ざっていたようだし、値段も値段だったので軽く暴走した次第。

違いがとっても微妙なところですが、こっちの株のボリュームは凄い。
(これでも大分溶けた後です。)

葉色の濃さもGOOD

よく見ると2芽!

暴走の甲斐があったというのものですかね(苦笑)。


こっちの株では新葉も展開し、それなりに動いております。
(新葉は展開したそばから溶けてしまいましたが…)



ちなみに現在花芽を上げているところ。
 ・・・う~ん、、、NO GOOD!

この導入のすぐ後にTB便からカユ2の再入荷があったのは想定外でしたが、
とりあえず深く考えずこのブセファランドラの独特の草姿を楽しみたいと思います。

ともあれしっかり育てないことには・・・




導入植物の紹介続きます。
後は全部アグラオネマ・・・
先にネタばらしすると、ピクタム×4、ネブローサム×4(多分)、他2。
改めて数えると1ヶ月半くらいの間に酷いな。。。
[PR]
by bbex58582 | 2012-10-30 09:00 | ブセファランドラ | Comments(0)

新栽培ケース ~ 植物を収容しました

新規設置の栽培ケース。
夜な夜な2日かけて植物を引越し。
1200*600のスペース×2つと余裕をこいてたのだけど・・・

順番が逆になるけどまず上段。 10/23お引越し。
d0249970_1294862.jpg
手前の開口部はビニールで覆っています。
いずれはアクリル板か何かのちゃんとした蓋にしないと...

ケースinケースで一部2階建てにしているけど、思っていたよりも全然入らない。
まぁ、大きめの鉢が多いので仕方が無いのか...

高さのある分無駄な空間が多いのは改善の余地ありかも。

とりあえず、ニアスの緑3色ピクタムがまだ若干の余裕を持って収まってくれたのには良しとしたい。


下段、10/22の引越し分。
d0249970_1294889.jpg
6割ピクタム、3割5分がネブローサムで残りがその他。

暴走の跡が伺えるそうそうたる面子!?

幼株が多いけど、高さ430にはまだ全然余裕があるので、存分に育って欲しく思う。
下段左側
d0249970_1294685.jpg
暴走の跡については追い追い紹介していきたいとして、
このエリアはほぼピクタム、というか2鉢以外全部ピクタム。

例外のひとつ中央手前(写真右手前)のメタリカ復活株は葉っぱ2枚・・・4枚にまで復活したところで2枚溶けて大きく後退。導入から1年以上経過した姿としては物足りな過ぎるけど、これに関してはロストしなかっただけ御の字。なんとか早く安定させたいところ。

d0249970_1294687.jpg
ニルバーシュさん。
切り株(右葉)からの新芽2つ。
1枚目にしてこの柄は反則ではなかろうか。
しかも元株よりも大きい葉サイズ!

元株の方では葉数としての生長は着々と進むものの、サイズとしての生長が非常にゆっくり。

子株の今後の動きへの期待が高まります。

右側
d0249970_1294749.jpg
ネブローサムを中心としたエリア。

一部、ハダニの被害を受けて痛々しい状態。
右端手前の丸坊主の棒、お気に入り上位のタイプ(当ブログでは多分未紹介)だったのに...

もっとも、これは霧吹きを怠りハダニの増えやすい環境にしてしまっていた自分に非のあること。
今後の教訓にしたい。

d0249970_12947100.jpg
TB便できたサラワクのバイカラー。

化けました。

想像していたのとちょっと違う感じに育ったけど、全てにおいて期待以上!
形状・質感・模様・色合い・・・どれをとっても素晴らしい。

追加注文で買ったのは大正解だったように思う。

(が、こうして見ると、やっぱりサンガウのも買っとけばよかったなぁと思ったり思わなかったり…)


アグラオネマの中でも特にお気に入りのピクタムとネブローサム、これまでいくつかのケースに分散させていたので気付いていなかったけど、これほどの数になっていようとは・・・。
まだ気になるタイプはいろいろあるけど、ブレーキをかけないとまずいかも。
(お財布的にも)

週末のAZノマドは・・・どうしましょ。。。
[PR]
by bbex58582 | 2012-10-25 09:00 | 水上ケース | Comments(4)

水上栽培水槽棚 ~ 水槽設置!

重かった。

まず上段
d0249970_1164352.jpgd0249970_1164763.jpg1200*600*600

向きが間違っていますが・・・
間違っていません。

しかし、重かった!
それにデカイ!

2Fまで上げるのに苦労しました。
廊下とか幅が75cmでギリギリ・・・
階段に至っては手摺を外す羽目に、手摺が無いところでこの重い水槽を持って登のは恐かった...


設計通りで満足・・・と思いきや、
隙間発見、、、

設計ミスか組立てミスか・・・
否、そもそも床が歪んでいる・・・多分。

ショックだけど、水を張るわけでないし、このまま行こうか...


ともあれ、続いて下の段
d0249970_1164755.jpg1200*450*600

こっちの中古品はキズや汚れが目立っていて見苦しいけど、まぁ、そこは機能優先ということで...

そもそも、このサイズのアクリル水槽自体滅多に無いので・・・
いや、新品買えよって話ですが、新品だと幾らするのだろうか?
まず手が出せないでしょう(苦笑)。

模範解答としては、3~5mm程の薄いアクリル板でのオーダーメイドなのだろうけど・・・10mmってホント重過ぎでした。


そんなわけで設置完了!
d0249970_1165083.jpg
上段水槽に入れたのはとりあえずプラケやら発泡スチロール箱に避難させていたもの。
水槽が大きいので余裕でスッポリと。
流石の収容力、これからが楽しみです。


収容するのは、常湿化していないアグラオネマ全部と、スキスマとホマロメナの大部分、あとジュエルオーキッドとその他適当に…
まぁ、ここまでできたのだから、あとは適当にのんびりり進めていこうかと思う。


ピクタムとネブローサムでどれだけのスペースをとるか、まずはそこからになるかな。




もうすぐ見納め >>more
[PR]
by bbex58582 | 2012-10-22 09:00 | 器具 | Comments(2)

DIY ~ 水上栽培水槽棚

当初の予定からかなり遅れたものの、何とか完成。
d0249970_21164063.jpgd0249970_21164339.jpg
水上栽培水槽収容の棚。 否、アグラオネマ栽培水槽の為と言った方が適切かも...

ともあれ、素人にしては、なかなかの大作・・・かな?!

使った材木、2×4材1820mmのを17本に1×4材は同9本。
ビスは300本くらい使っただろうか。

照明は40W蛍光管形のLED管(各18W)をとりあえず5本。
眩しい。

天板を付けないと使えないけど、最上段は主に観葉鉢を置く予定。
でもって、メインは水槽をはめ込む下から2段目と3段目。

水槽はアクリル、上には1200×600×600、下には1200×450×600(H)を横にして設置します。
色々と間違っているのは承知だけど、今更後には引けない・・・
これらの水槽は中古で購入済み、既に1ヶ月以上物置で眠っています。早く起こしてあげないと…。

軽さが売りのアクリル水槽もH=600となると板厚10mmで重さが半端ない。
そもそも板厚10mmの水槽を水上栽培に使うってのがそもそもの間違いなのね。
しかも横置き・・・
それ以前に、このサイズの水槽で水上栽培って・・・

ともあれ、我ながら暴走してしまったことは仕方ない。
ちゃんと突っ走り抜きます(苦笑)。


さて、水槽の設置が大変だ・・・。
[PR]
by bbex58582 | 2012-10-19 22:00 | 器具 | Comments(0)

エウレカっ子

Aglaonema pictum "tricolor" type EUREKA P. Nias
(2012.10.09)
子株の現状を・・・さらに殖えています。

子株 その1、その2
d0249970_142741.jpgd0249970_14263.jpg
過去にも登場させていたこの2鉢、ゆっくりですが順調です。

去年程ではないけど1枚目から2枚目までに時間がかかった。
(他のピクタムに比べてもこの間の期間が長い)

エウレカはスタートダッシュは苦手なのかも、勢いさえつけば凄い生長速度を見せるのに。


続いて 子株 その3、その4
ミズゴケ植えの株、結局切ってました。
d0249970_1551667.jpg
元々は切る予定ではなかったのだけど、栽培ケースの天井に届いたところでたまらずカット。

で、この現状。



d0249970_1551638.jpg
3ヶ所から芽が出てうち2芽が順調に生長している状態。
ひとつは中途半端な段階で生長ストップでした。

d0249970_155157.jpg
いちばん遅れて深いところから出てきた芽の勢いが凄まじい。

葉のサイズもさることながら、1枚目からしてトリカラー!

でもって既に2枚目が準備されているという・・・凄い。
地中から出てくる芽はちょっと別物のようです。


更に続いて、 子株 その5、その6 ("子株"という言い方には語弊がありますが...)
切らなかった株からも来てます。
d0249970_271745.jpg
常湿栽培の株です。

根元から芽が出てきました。
幹の途中からも。

続けていればいつかはこんな感じの芽を拝めるだろうとは思っていたけど、まさか今年のうちにとは…

d0249970_271726.jpgd0249970_27161.jpg

上はこんな感じになっています。
d0249970_271679.jpg
採取者AZさんの言葉を借りれば「8合目」といったところでしょうか?
いい感じにエウレカらしくなってます。

が、葉の枯れが残念。

スポット状の黄色い枯は裏をアザミウマ(多分)に齧られた結果。
広範囲にわたる枯れはハダニにやられました。

...ムシ憎し。


ともあれ、切っては殖え、切らなくても殖える。
この先どうなることやら。。。

ニアスつながりで >>More
[PR]
by bbex58582 | 2012-10-10 09:00 | アグラオネマ | Comments(2)

Aglaonema pictum 'tricolor' 西スマトラ産

6月のNo★Madにて購入のAPTです。

チョロっと紹介してそれきりだったので、現状報告をば、

Aglaonema pictum 'tricolor' 西スマトラ産
(2012.10.06)

芽!
d0249970_1482572.jpg

葉!
d0249970_1480100.jpg

葉・葉!
d0249970_148187.jpg

そんなわけで、ちゃっかりこんな感じ。
d0249970_1485929.jpg

購入株の茎が長くて、しかもあちこちから根を出していたものだから・・・
思ったよりも動きは遅かったけど、まぁ、予定通り。 これからが楽しみです!

・・・っと、忘れてはいけない肝心の元株は、  >more
[PR]
by bbex58582 | 2012-10-07 09:00 | アグラオネマ | Comments(2)
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite