aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Aglaonema Bicolor

育成アグラオネマ、数えてみると50種類(タイプ)超。d0249970_20353371.jpg
集めすぎ...
  
そんなコレクションにあって記念すべき最初のアグラオネマ。
生長遅いし、詳細不明。
でも随一の格好良さで独特の表現。 お気に入りのひとつ。

アグラオネマ バイカラー
(2012.12.30)
d0249970_20353566.jpg
2011年6月購入。ヤフオクで落札して、出品のショップさんへ引き取りに行った。
そこで目にしたロタンダムに衝撃を受け、アグラオネマの世界に嵌ってしまった。

このバイカラーは「インドネシア採取の原種系」とのことだったが...

その後、よく流通している園芸種のバイカラー("レッドライン"でおなじみのアレ、A.commutatum var.picturatum 'Maria'×A.tricolor)じゃないかと思ったりもしたけど、どうもそれとは違う様子。

これも原種ピクタムの一表現なのか? よく分からん。 (分類の知識が無いのが致命的...)

1年半育てた印象として、
とにかく生長が遅い
  18ヶ月で葉っぱ5枚。非常に遅い。
常湿に強い(?)
  導入以来ずっと常湿(冬季は低湿)で扱っているが、その間枯れた葉は1枚だけ。
  (これを理由に「常湿に強い」とするには根拠に弱いが、他の種類の常湿での状況と比べた印象として。)
レッドライン
  センターラインがほのかに赤くなる。
  いわゆる「レッドライン」と呼ばれるタイプと同じ表現だがそれが高湿度下限定(と思われる)なのに対し、
  これの株ではコンスタントに発現。
  また、葉が成熟しても(やや薄くなるものの)残る。
やや丸みを帯びた葉形
  写真の通り。この模様のアグラオネマにしては丸っこい葉っぱかと思う。
  (ただし、栽培環境・条件に起因の可能性もあり)
マットな質感の葉
  写真の通り。この模様のアグラオネマでは艶葉の印象があるが、この株は艶消し葉。

件の園芸種バイカラーは所持していないのでネットで得られる情報での比較になるが、どうも、同じものとは思えない。
というか、タイから色々と個人輸入した時期に園芸種バイカラーかコレが同じものだと思い込んでいて購入リストから外していたのが失敗だった。園芸種バイカラーも機会あらば導入したいが...

詳細不明とはいえ、なかなか面白い表現をした逸品だと思う。
立派な株に育て上げるのにどれだけ時を要すかわからないが、これからも大切に育てていきたい。

d0249970_20353714.jpgd0249970_20353841.jpgd0249970_2129119.jpg
[PR]
by bbex58582 | 2012-12-30 22:00 | アグラオネマ

A.pictum type EUREKA で見るアグラオネマの増殖

(2012.12.23 撮影 より)

アグラオネマの増殖を目指したとき、「切るべきか、切らざるべきか」というのは悩むところかと思う。d0249970_47983.jpg

切れば(ほぼ)確実に子株を得られるけど、幼株からの再スタートとなり生長に時間を要す。
切らずに脇芽を期待するなら、確実に脇芽が出てくるとは限らないけど、出たならその時点で完成に近い表現が期待できる。

ちょうどエウレカの子株たちでその傾向が顕著だったのでUPしてみます。
増殖に関して、エウレカはちょっと異常なので参考にはならない気もするけど...

Aglaonema pictum "tricolor" type EUREKA P. Nias
子株
d0249970_355650.jpg
番号は以下に対応しています。
d0249970_453260.jpg
説明すると、

① 芽が見えたので思わず無茶カットをしてしまったところからの増殖子株。

② ①カットの約1月後にこれも短い茎を残してのカット。でも根はかなりしっかりしていた。そこから出てきた子株。

③ 葉も残したし、気分的にも余裕を持ってのカット。 2株出てきた。

④ 切らずに育てつづけたところで出てきた脇芽。ちなみにこれだけ常湿栽培。

更に詳しく、
d0249970_47093.jpg

まだまだ時間がかかりそうな幼株...

d0249970_47292.jpg

模様の変化としては"棒"3分割の去年と同じくらいのペースでしょうか?
生長自体はずっと早いです(と言うよりも、去年が遅過ぎました)。

d0249970_47516.jpg

抓んでいる葉が3枚目。

なかなか良いペースです。


関係ないけど、3芽目が育つ雰囲気もあり。
元気良過ぎ!
d0249970_4134497.jpg


d0249970_47983.jpg

1枚目にしてこの模様!
流石です!

そういえば、土中から3芽出ていたけど、ひとつ枯れてしまいました。
子株に低湿度はキツイようですね。
d0249970_4164750.jpg


これを見る限り、脇芽株が突出しています。

つまり切らないのがベストなのか? 
しかし、そうとは言えません。

まず、そもそも脇芽が出てこない場合があります。
同じニアス産のclass2 緑3色(eu緑3色タイプ)では鉢上30cmくらいまで育て込んでも脇芽んど全然出してくれません。
また、切ったとしてもその上側の分離株で脇芽が期待できてしまう場合もあります。
現実に、このエウレカでは既にカットした分離株で脇芽が育っています。
d0249970_4355085.jpgd0249970_4355688.jpg

このあたり、エウレカの増殖力の凄まじさを感じます。

つまり結局のところ、切るのと切らないの、どっちが良いかなのですが、一概に「こうだ」と言えない以上、切ることなくまずはしっかりと株の完成に努めるべきかな...と。

そもそも増殖を前提に育てるのは何か違うような...とここまで書いておきながら。
グダグダですみません。。。

More
[PR]
by bbex58582 | 2012-12-29 06:30 | アグラオネマ

ホリバー ブルー 

アザミウマによるアグラオネマの葉の食害。
以前から多少の被害があったのですが、秋頃から無視できなくなりました。
というか、気付けばケース内でアザミウマの大量発生。
農薬の使用も考えましたが自分の生活空間でもある場所なのでその案は保留。
いろいろと調べて行き着いたのが物理的な捕獲による対策。
類似製品がある中で一番効果がありそうな印象を受けたのが「ホリバー ブルー」という製品でした。
しかも行きつけのホームセンターに売っていたので...

11月末頃の記録です。
真面目な記事を書こうと思いつつ、写真だけ撮って後回しにしていたら1ヶ月が経ってしまいました。
で結局、内容が薄いままの投稿でごまかします。 ・・・ 典型的なダメパターン。


そんなわけでホリバーブルー。
アザミウマ用の捕獲粘着トラップです。農業用の。。。
d0249970_21574284.jpgd0249970_221163.jpg

造りは至ってシンプル。
青色のプラスチックシートに高粘度の液状樹脂(おそらくポリブテン)が塗ってある、ただそれだけ。
「青」という色の誘引効果でアザミウマを引きつけ粘着で捕獲するというものです。
この商品の存在をネットで知ったとき、てっきりゴキブリホイホイ的なしっかりした構造のものをイメージしていたのですがだいぶ違いました。
特にイメージと違って困ったのは両面に粘着液が塗られていること。
しかもセパレーター的なものは無く、パッケージ内でシート同士が普通に重なっていました。
使うときにそこから1枚1枚を剥がして使うと。
本来の用途、ビニルハウスでの大量使用を考えたら実に合理的なのですが、水槽温室での使用には大いに難ありです。(もちろん、文句など言えませんが)
結局、ビニールに片面を張り付けて片面のみの粘着とし、大きすぎるので細かく刻んでから使用することにしました。
なお、その作業の写真は無し。こんなベタベタするものをいじりながらカメラの操作などできません。。。
d0249970_2158341.jpgd0249970_2158549.jpgd0249970_2158756.jpg
これをケース内の各所に設置。
壁面に立て掛けたり高い位置に貼り付けたり、底面や鉢内に平置きしたり。

結論からいうと、効果が一番あったのは平置きのパターン。
逆に壁面の高い位置への設置はほとんど効果が見られませんでした。
どうやら床を這って移動するアザミウマが餌食となるような・・・。
色による誘引効果の程は・・・触れないでおきます。
d0249970_2158912.jpg
ともあれ、数日で効果が如実に現れ、葉に付着のアザミウマの姿もだいぶ減り、食害による葉の変色も概ね止まったようです(既に手遅れだったりもしていますが...)。

左写真は"アンダマン"の根元に設置のシート、設置1週間後。
一番の大漁でした。
それだけにアンダマンの葉もだいぶ黄変していて手遅れな感が。


しかし、“根絶“はできないので今後もこの対策は継続が必要です。
ホリバーは使いにくいので類似品を探すか、使いやすいように自作するか...

ともあれ、これでアザミウマ問題は解決ということで良いでしょう。

More
[PR]
by bbex58582 | 2012-12-29 06:00 | 器具

開花のANT

Aglaonema cf. nebulosum ”北Sanggau” (トリカラー タイプ) TB便
ようやく開花しました。
d0249970_222338.jpg
12/15

長かった...

d0249970_222624.jpg
ネブローサムの花は丸っこくて可愛らしいです。

3色葉もお気に入り。
美しさは流行のLAアルゲ並み...と言ったら大げさですが、葉によっては模様の入り方がどことなく似ているかも。
アルゲ系ピクタムにはまだ縁がありませんが...



More
[PR]
by bbex58582 | 2012-12-23 06:15 | アグラオネマ

エウレカの植え替え

これも記録ということで。 d0249970_322530.jpg

今となっては、これが開花モードに移行の原因なんだなぁと...

2012.12.04
d0249970_322838.jpgd0249970_322952.jpg

3号スクエア鉢植え。
3号サイズ(9cm)なのは対角線で鉢の1辺は6.5cmなんですよね...
流石に小さくなってきました。
中で根が育って用土の盛り上がりがもう限界です。

と思って、抜いたら
d0249970_3272123.jpg
意外にも根を張っているのは上半分だけ。
肥料が良くなかったのでしょうかね?

ともあれ、植え替えは続行です。
根張り状況がわかるように半透明のポット(3号相当)へ植え付けです。
d0249970_3272444.jpg
上の用土をどけたら2つめの脇目も準備中でした。
(この芽は12/22現在、地上部に顔を出しています)


この勢いでもうひと鉢(以下も12/4)
ミズゴケ植えで維持し続けていいたのも限界っぽかったので、
d0249970_340555.jpg
「カップ麺状態」です。

慎重に根をほぐしてミズゴケを除去
d0249970_340571.jpg
凄い、根!

よく見ると、
d0249970_3405842.jpg
こんなに大きな芽が!

更に、
d0249970_341064.jpg
もうひとつ!

更に更に、
d0249970_341284.jpg

オマケに、
d0249970_341533.jpg


気を取り直して植え替えですが、
d0249970_3503121.jpg
用意していたポットだけど、これでは意味がない。

で、大は小を兼ねるってことで5号鉢に植え付けました。
流石に大きすぎ。。。

そんな5号鉢植え、ケース内で浮いている...
d0249970_3532910.jpg
(2012.12.22)

今はアンバランスでも将来的なことを考えて。
でもデカ過ぎるな...

来シーズンは常湿へ移行させる予定。
それに備えてこの鉢に慣らしておきます。

でもよく考えたら子株を取るのに植え直す必要があるのか...

そういえば、上の4番目の芽が動いて来ました。
d0249970_414737.jpg
地中もとても気になります。

それにしても、エウレカどれだけ殖えるんだって話です。。。

More
[PR]
by bbex58582 | 2012-12-23 06:10 | アグラオネマ

ピクタム 開花のその後

ピクタムの開花が続きましたが、花芽のその後の記録をば。

シベル2nd
開花(11/16~)
現状(12/21)
d0249970_1195410.jpg
予想通りですがダメみたいです。

柄が黄変、あと数日で朽ち折れるでしょう。

このピクタムは子房の形状が他のアグラオネマでは見ない形状をしていましたが、今回だけの変異だったのか、そういう種類なのか、次の花で確認です。
子株の方も花芽を上げました。
d0249970_1195670.jpg
"子株"といってもこっちの方が大きいのですが、、、



アンダマン
開花(11/19~)
現状(12/21)
d0249970_1313715.jpg
もしかしたら、もしかしているかも。。。

実の膨らみ具合に差が出ています。

今までダメだった実では、どれも全てが均一に膨らみその後ある時点で生長が止まって枯れるというパターンでしたが、これは...

ちょっとだけ期待します。


ちなみに、2番目の花は花粉を吹出し終えて雌しべが朽ちると同時に全体的に黄変して枯れました。
写真の3番目の花も同じみたいです。




TBパダン緑3色
開花(11/21~)
現状(12/21)
d0249970_1404589.jpgd0249970_1404418.jpg
これも、「もしかしたら!」と、ちょっと期待です。



ピクタムでは今、シベル2ndに加え、ニアス緑3色とエウレカが3株ほど花芽を上げています。
花よりも生長を望みたいけれど、生長を止めてまで花を咲かせるからには、種子にも期待をしてしまいます。
新世代での葉模様の可能性には期待する価値が大いにあるでしょう。
(追記:書き忘れていていましたが、タイ園芸ルートのも開花間近でした。ただ、調子を落としていてギリギリでマトモな葉っぱが2枚しか無い状態なので、株への負担を考えたら開花後即カットといきます。タイミングが会えば花粉用に...)
[PR]
by bbex58582 | 2012-12-23 06:05 | アグラオネマ

スーパーヒカル? トロケロールピクタムのその後

記録ということで...

ここまでの経緯として、
導入 (10/20)
最初の溶け (11/5)
更に溶け (11/12)


とな具合で、用土にて挿し木と伏せ木にて再起を図っていたのですが、
d0249970_2395519.jpgd0249970_239534.jpg
(11/12)




まず伏せ木の方、
11/18
d0249970_113650.jpgd0249970_11379.jpg

芽が出てきていたのですが、
12/1
d0249970_114030.jpg

合掌。。。

一方の先端部、挿し木の方は
12/1
d0249970_114338.jpg


12/22
d0249970_16168.jpgd0249970_16463.jpg
とりあえず地上部分を見る限りは生きているようです。
(地中で溶けているような可能性もあるので恐いですが。)
上から覗き込んだ感じだと新芽の気配もあるのですが、動きが全くありません。
まぁ、昨冬もエウレカが数ヶ月間沈黙したこともありましたし、心配しても仕方ないでしょう。

息を吹き替えしてくれたら儲けモノということで...って既に大損なのですが。
[PR]
by bbex58582 | 2012-12-23 06:00 | アグラオネマ

Aglaonema pictum"euBicolor"from P. Nias

2012.12.17

Aglaonema pictum"euBicolor"from P. Nias

エウレカ パッチのバイカラーな御方。
d0249970_2332687.jpg

Root'sさんの通販で購入。
他にも問い合わせてみたものの、間に合ったのはこれだけ。

カートを待とうか迷ったけど、サイズに惹かれて購入(笑)
d0249970_23311093.jpg
神テン サイズ?

模様が模様ならお値段ゼロの数がひとつ違っていたのかも。

d0249970_23311249.jpg
ウチで一番大きいエウレカと比べてもこの通り。


関係ないけど、エウレカの親株が3株揃って花芽を上げた。
やっとエウレカらしい葉を出すようになったのに、ちょっと残念。
当面は子株の生長を楽しもう...って半年前に逆戻り。


d0249970_23375410.jpg
この葉っぱ、控えめの模様がとても良い。

そう思う時点で重症か(苦笑)。

d0249970_2338211.jpg
実は3色...

まぁ、バイカラーということで。



ミズゴケへ植え付け。 特注の深い鉢へ。
d0249970_23462341.jpg
半透明の鉢、根が見鉢の内側まで伸びてきたら用土に植え替えようかと思う。

思っているだけで面倒がって植え替えないってパターンになるかも。


ちなみに、この鉢、プラスチックのボトルの上を切って穴を開けただけのもの。
ハチミツの...だったかな?
そもそも鉢じゃない。
とりあえず、半透明ってのがポイント高しってことで...

・・・鉢買わないと。


d0249970_23463254.jpgd0249970_23472972.jpg

葉っぱは2枚を残して枯れるの必至。
まぁ、すぐ増えるでしょう。ニアス産だし。

ニアス産といえば、「エウレカ緑」も気になったけど、スルー。
class2の緑3色との違いがイマイチ分からなかった。
d0249970_23571920.jpg
Aglaonema pictum "tricolor" P. Nias 緑3色 (class2)
一緒ぢゃね? 状態はともかく...

って、ここでも蕾が。。。
ウチの親株サイズのニアス産全滅です。(滅びてないけど)
こうなったら結実させて新タイプを作ろうかと密かに思ったりして。。。
[PR]
by bbex58582 | 2012-12-21 00:00 | 購入の記録

60cm水槽の収容力

2012.12.09

60*30*40(h)ガラス水槽の水上栽培ケース。
2011年5月か6月頃に立ち上げたはじめての本格的な水上栽培ケースでした。
その後、マイナーチェンジを経つつ1年半、この度お役御免として撤去作業です。
思えば掃除らしい掃除もせず、足し水だけで1年半・・・ご苦労さまでした。

そんなわけで、ケース内の草を移動ついでに撮りました。

順不同で鉢ごとに、

1 ホマロメナ ps. ロンピ産
d0249970_22293436.jpgd0249970_2229347.jpg
管理不行き届きにて根元が...
でもって、混み合い過ぎて矮小化。

何株あるんだ?


2 ピペル sp.アルナーチャル プラデシュ州(MIAO)
d0249970_2238265.jpgd0249970_22382571.jpg



3 ツタ sp. マウントベサール
d0249970_22383641.jpg



4 Schismatoglottis pseudohatchii (Sarawak)
d0249970_22383670.jpg
切り株からの脇芽株のひとつ。

このくらいのサイズで収まってくれると可愛くて良いのだけど...


5 Aridarum sp "Orientalis" East Kalimantan (kn)
d0249970_22383455.jpgd0249970_22383583.jpg
ちょっとした気の迷いで導入していました。

でも、独特の小型葉がなかなか良いのですよ。


ただ、モチベーション下がり気味の今となってはちょっとしたお荷物だったりして...
(これに限ったことではないですが)


6 ブセファランドラ sp. セカダウ2 (TB)
d0249970_2242467.jpgd0249970_2242494.jpg
これも管理不行き届きにて...

と言うかこのケース、管理らしい管理なんてしていないじゃんと言ってしまえばそれまで。


7 ブセファランドラ sp. クアラクアヤン 1
d0249970_22425678.jpg
ほぼ破片とも言うべき小さい株が勝手に育ってくれた。

そういうのに限って綺麗だったりする。


8 ブセファランドラ "ディープパープル"
d0249970_2243166.jpgd0249970_2243298.jpg
・・・

導入に躓いて主に溶けたけど何とか生きていた。

ここから元株レベルに持っていくのにどれだけかかるだろうか...
ちょっと気が遠くなるけど頑張ってみようと思う。



9 ミクロソリウム sp. 西表島
d0249970_335620.jpg



10 ブセファランドラ sp. シンタン産
d0249970_34312.jpgd0249970_343140.jpg
このスタイルはお気に入り。

状態イマイチだけど...


11 ブセファランドラ sp. "ダークグレイ"
d0249970_362565.jpg
10月頃にケース内の各所、主にブセで葉の溶けが発生。
このダークグレイも小さからぬ被害を受けたが、大事には至らず良かった。


12 ブセファランドラ sp. シムンジャン
d0249970_373899.jpgd0249970_375531.jpg
これも溶けたり枯れたりした葉が多数。
写真を撮る前は見れたもではなかったが、ちょっと整えたら意外に綺麗。
やっぱり、日頃からちゃんと管理しないと駄目だなと反省。

根っこが凄い事になっているし、植え替えてあげないと。。。


13 ブセファランドラ sp. サバ
d0249970_39818.jpg
まさかの極小株スタートだったけど、何とかここまで育った。
まだ先は長い...


14 アリダルム sp. サバ
d0249970_392318.jpg
これまた気の迷いで導入のTB便サバ産サトイモシリーズ(?)



15 ピプトスパサ sp. サバ
d0249970_394531.jpgd0249970_3101165.jpg
高温が苦手だったみたい。
夏にだいへばってしまった。

脇芽から復活中。


表土を被っていた菌糸みたいのをどけたら根から発生の子株を発見。



16 ブセファランドラ sp. セリ アマン
d0249970_3105844.jpg
生長しな過ぎ。

単に環境が合っていないだけなのか?
よく分からないけど、ウチではどうもダメダメ過ぎる(水中も)。


17 アリダルム sp. "ジュピター"
d0249970_3114254.jpg
これも生長がとても遅い。
そのくせすぐに花芽を上げるから、更に遅い。

草姿自体は格好良いのだけど...


18 ボルネオソード
d0249970_313328.jpgd0249970_3132698.jpgd0249970_3134245.jpg
ピプト?

元気が良過ぎる。
元は水中株から発生の小さい脇芽だったはずだけど、気付けばこれ程になっていた。


脇芽とか、根先から発生の子株(10月末に分離、別ケースで栽培中)とか、とにかく色々と元気過ぎる。


19 ホマロメナ sp. ロクサド
d0249970_316377.jpg
株分けを早まった子だったかな?

丈夫。


20 ブセファランドラ sp. セカダウ1 (TB)
d0249970_3161961.jpg
いい感じに育ってくれた。


21  ブセファランドラ sp. ウンティコン (TB) 実生 
d0249970_3163598.jpg
よっしーさんのプレゼント企画で頂いた株。

ちゃんと育ってますよ。。。


22 ブセファランドラ sp. クダガン (ID)
d0249970_274284.jpg
これも放置してたらいい感じになっていた。

クダガンの水上株の色艶は素晴らしい。


23 ブセファランドラ モトレアナ セリアン産 (kn)
d0249970_281698.jpgd0249970_283351.jpg
ウチにあるブセで一番好調のように思う。

茎の太さが異常。
植え替えてそれ程経ってない筈のなのだけど、また植え替えないと。
今度は3.5か4.0号の鉢だろうか?


24 スキスマグロッティス ロゼオスパサ ”Gunung Hose” Kapit省 (TB)
d0249970_2854100.jpg



25 ホマロメナ sp. ペンダン
d0249970_293362.jpg
太さ1mmもないような細い茎1,2cmのを伏せておいたら出てきた。

このホマの他の株は衣装ケースで調子を落としてしまったからコレが一番好調みたい。


26 ブセファランドラ sp. カプアス2 (AZ)
d0249970_295873.jpg

オマケで モス sp. カプアス
d0249970_2104715.jpg



27 Aridarum caulescens‘angustifolium’"Sarawak"
d0249970_2102057.jpg
生長、遅い。


28 ブセファランドラ sp. Tebakang (TB)
d0249970_211760.jpgd0249970_2112265.jpg
なかなか大きくならないけど、バランスは相変わらず良好。


29 Aridarum burttii "Gunung Hose" Kapit省
d0249970_2114395.jpgd0249970_2115911.jpg



30 アリダルム sp. "ジュピター"  17と被ってるけど…
d0249970_212236.jpgd0249970_2123950.jpg
生長が遅いながらも殖えている。


31 アヌビアス コインリーフ の筈...
d0249970_2152013.jpg
・・・


32 アヌビアス ナナ プチ かな?
d0249970_2134679.jpg



33 これも アヌビアス ナナ プチ かな?
d0249970_2154136.jpg
32もだけど、小さすぎ。
それ以前にプチだったかどうか記憶が...
もしかしたらノーマルナナ?
スターダストだったかも。



34 ブセファランドラ sp. カプアス3 (AZ)
d0249970_2162429.jpgd0249970_2164378.jpg
色も良いし、なかなか可愛い。


35 ブセファランドラ sp. セカダウ3 (TB)
d0249970_2171075.jpgd0249970_2172656.jpg
水上に上げて1年半、ようやくここまでになった。

スタートが小さすぎました。


以上がすべて60cm水槽に収まってました。
よく詰め込んだものだなぁ...と、今更ながら。

これらは壊れた衣装ケース分と合わせて90*45*45アクリル水槽へ引越し。
が、収まりきらず一部はプラケを出して対応。
結局、ケースの数が変わっていないという事態に...

そもそもの目的はガラス水槽2本分をアクリル水槽1本にまとめてガラス水槽を引退させることだったのに、想定外の衣装ケースの破損でこの目的も達せられず...

どうもこういった整理が苦手でいけません。。。
[PR]
by bbex58582 | 2012-12-15 21:00 | 水上ケース

衣装ケースの耐久力

2012.12.09

水上栽培に使っていた衣装ケース。

立ち上げてから1年以上経っていました。

照明は蛍光灯。
他の照明は全てLEDに変更済みだけど、唯一残っていた蛍光灯。
LEDに変えなきゃと思いつつも、ズルズルと使い続けていました。
自分でインバータ式に改造したものだっただけに、なまじ愛着があったのですが...
これがマズかった!

照明直下のフタにクラックが入っていて、軽く押したらこの通り。
d0249970_1803811.jpg
ポリプロピレンの紫外線劣化。
しかし、1年しか持たないとは...

このケース、ちょっと高いヤツだったのに...
もっと安いので遊んでおけばよかった。

これではどうしようもないので、中身は90cmアクリル水槽へ引越し。
(ちなみに衣装ケースよりも中古購入のアクリル水槽のほうが安かったという事実があったりして...)

当初の予定が色々と狂ってしまったけど仕方がない。

この機にアクア~水上栽培で使用のすべての照明がLED化されたのでちょっとスッキリ。
[PR]
by bbex58582 | 2012-12-15 20:00 | 水上ケース
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite