「ほっ」と。キャンペーン

aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Schismatoglottis pseudohatchii

Schismatoglottis pseudohatchii (Sarawak)
(2013.06.23)
元株
d0249970_2212778.jpg
晩秋にカットしたら冬の間絶不調でしたが気温の上昇とともに復活してようやくここまでになりました。

でも蕾が・・・

d0249970_2213013.jpg
けっこう大きい蕾です。

スキスマですね。。。



葉っぱから・・・
d0249970_225356.jpg
10円玉くらいの小さい葉(葉から出た子株の葉)を捨てずにミズゴケに乗せていたら芽吹いてきました。
この生命力には毎度驚かされます。

流石にこれよりも小さい葉っぱは溶けましたけどね...



別の葉、
d0249970_2275474.jpg
発生子株を収穫したら別の芽が育ってきました。

(凄い生命力だけど、もう驚きません)

ちなみに収穫子株
d0249970_22103851.jpg
ミスって狙いよりもだいぶ上の方で折ってしまいましたが何とか生きています。。。


子株収穫後の別の葉
d0249970_22105454.jpg
これも子株収穫時にミスって、逆に芽の部分を抉り過ぎてしまいました。

複数の芽が出ていて育っていたのはそのうち1つだけだったのに全部の芽ごと採ってしまったのです。

が、
d0249970_22191543.jpg
今度は葉裏から根を出してきました。

ひと月くらい前にひょんなことから気づいたのですが、流石にこれにはビックリです。。。

しかも、
d0249970_22191744.jpgd0249970_22184040.jpg
芽も出てきました!
この増殖意欲は怖いほどです...


常湿化実験中
d0249970_2223578.jpg
葉っぱからの1号機です。
(元葉が小さかったし、早々に溶けてしまったので株サイズは小さいです)

常湿移行中。
プラケースにビニールをかけて少しずつ穴を広げてきたのですが、本日ビニール袋を外し完全に開放しました。

d0249970_22231161.jpg
ちょっと葉先の萎れが目立ちますが・・・

さてどうなるでしょうか。。。




(追記 2013.07.04)
咲きました。。。
7/2ケースの蓋を開けたら何とも言えぬ香りが・・・
スキスマが開花していた模様。
花弁の隙間が少し広くなる程度、匂いが無ければ開花だと思わなかったと思う。
なお匂いは嗅いだことがあるけど何だったか思い出せない・・・菓子パンの何かなんだけど、メロンパンじゃないし・・・何だっけ???

写真は開花の翌々日
d0249970_2310103.jpg
(2013.07.04)

先っぽが枯れ?腐敗?
それ以外は開花時と変わらず。


d0249970_23112080.jpg
もう一つ、近々開花予定。
[PR]
by bbex58582 | 2013-06-23 23:00 | スキスマトグロッティス | Comments(4)

実生ピクタム(No.1) #1

d0249970_23331534.jpg


アグラオネマ ピクタム 2世誕生です!

経過をば報告を。

推定ですが、異産地ピクタム同士のハイブリッドです。
(同種だからハイブリッドとは言わないのかな?)
アグラオネマ ピクタム トリカラー
パダン産緑3色(TB便・モザイクタイプ) × アンダマン諸島産(多分ID)


その前に、開花から結実までは以下をご参照。

 ・開花 (2012.11.21(頃)) http://aquaraceae.exblog.jp/17205784/
 ・結実にちょっと期待 (2012.12.21) http://aquaraceae.exblog.jp/17487710/
 ・結実確定?!(2013.01.11) http://aquaraceae.exblog.jp/17613244/
 ・フルーツ肥大化!! (2013.02.16,27) http://aquaraceae.exblog.jp/17902436/

以下、時系列に沿って...


2013.03.03
d0249970_22285478.jpg
3つ花芽があるけど、写真の右からの順に開花しました。
開花の度に自花の花粉と同じタイミングで開花した別株の花粉があればそれも筆で雌蕊にコチョコチョしていました。

記録としては、
 1番目(右):自花・アンダマン
 2番目(中央):自花のみ
 3番目(左):自花・アンダマン・ネブロサム(TB便北サンガウ産3色)
です。

2番目のは膨らんでくれませんでした。
他の株でもそうでしたが、自花受粉はしないのでしょうかね?


2013.03.16
フルーツ付の株、3本立ちで混み合っていたのでカットしました。
d0249970_2236749.jpgd0249970_2236821.jpg
これが後に大惨事を招こうとは・・・


2013.03.31
d0249970_22371829.jpg


2013.04.10
3/16の切り口から菌が入り込んだらしく無残にトロケ...
d0249970_22381085.jpg
酷いものです。
knトロケロールの呪いってヤツですか...
(カットしたのは3月便トロケロールの購入前なので、11月便のトロケロールが遠因でしょうかね)

なお、6/21現在
右側の2本が何とか生きている状況、他はメルトダウン。
ロストは避けたいけど、油断できません。。。

この時点でフルーツ付の花芽は2つ。
1番目の花芽に5粒と3番目の花芽に1粒か2粒(?)、どちらも未熟。
未熟ではありましたが、それでも発芽するのは実証済みでしたので、それなりのサイズにまで育っていた1番目のフルーツを収穫しました。

2013.04.10
収穫&表皮をムキムキ
d0249970_22582562.jpgd0249970_2258427.jpgd0249970_22584455.jpgd0249970_22584742.jpgd0249970_22585266.jpgd0249970_22585454.jpg
d0249970_22585669.jpg
d0249970_22585931.jpgd0249970_2259025.jpg
蒔き蒔き
d0249970_2383794.jpgd0249970_2384094.jpg
3号プラ鉢、用土は適当。
種の場所が分かるように浅めに蒔きました。
水気を切らさぬように浅めの腰水をして密閉容器管理。


ちなみに、
もう一つの花芽の方もこの3日後に収穫しました。株本体がマズイ状態だったもので...
2013.04.13
d0249970_23155419.jpgd0249970_2316462.jpg

ちょっと若過ぎですね。
各写真右の小さい方の粒はともかく、左の粒は小さいながらも可能性があります。
6/21現在、発芽は確認できませんが蒔いた種自体は生きているようです。
これの経過に関してはまた別の機会に...

一方、これらの花芽を付けていた株はというと...
2013.05.02
d0249970_23161415.jpg
下の方からトロケが進行しました。
一応、この状態で溶けは止まったらしく回復に動いているようですがまだ油断なりません。


これに関しても詳しくは別の機会に...



少し逸れましたが、1番目の花芽の種子5粒、これらの動きを時系列に沿って紹介します。
(面白味には欠けますが、あくまで記録ですので...)

2013.04.27
d0249970_23273135.jpg
種蒔きから2週間とちょっと、芽の生長きを確認しました!


2013.05.16
d0249970_23285113.jpg


2013.05.18
d0249970_23291222.jpg


2013.05.19
d0249970_23293556.jpg


2013.05.22
d0249970_2329563.jpg


2013.05.24
d0249970_2330162.jpg


2013.05.30
d0249970_23304835.jpgd0249970_2331162.jpg


2013.06.04
d0249970_23312222.jpg
すべての種子で発芽確認!

未熟な種子で発芽率100%は凄いと思う。


2013.06.10
d0249970_23313981.jpg


2013.06.14
d0249970_23315967.jpg


2013.06.17
d0249970_23322144.jpgd0249970_23324594.jpg


2013.06.19
d0249970_23331534.jpg
これからが非常に楽しみです!

おさらいしておくと、両親株の表現は次の通り。
d0249970_1359462.jpgd0249970_23572029.jpgd0249970_17314695.jpg

どちらもはっきりとしたモザイク模様が美しいタイプ。
子株の表現が楽しみな限りです!

なお、他にいくつか種が採れそうな株がありますが、それらはまた別の機会に紹介したいと思います。
[PR]
by bbex58582 | 2013-06-22 00:00 | アグラオネマ | Comments(4)

スキスマグロッティス sp. "メタリカ" (LA)

葉っぱからの子株たち。
生長速いです!!

(2013.06.15)
d0249970_2321142.jpg

ちょっと暗いせいで、全体的にヒョロヒョロと育ってしまっています。
何とかしないと・・・
d0249970_233460.jpgd0249970_233528.jpgd0249970_233776.jpg




ちなみに、衣装ケースで栽培中です。
[PR]
by bbex58582 | 2013-06-15 23:30 | スキスマトグロッティス

Aglaonema pictum "tricolor" NIRVASH P.Nias

エウレカと来たらニルバーシュなので記録に...

これまた不調なのですが・・・

(2013.06.15)
d0249970_22391372.jpg
Aglaonema pictum "tricolor" NIRVASH P.Nias
ちゃんと仕上げられないまま鉢数だけが増えています(汗
最初の葉3,4枚くらいまでは問題ないのですが、その後調子が落ちる傾向に・・・
エウレカみたく幹もなかなか太くなってくれないし、個人的にちょっと難しく感じます。
今は全体的に安定している...のかな。。。
右上の鉢だけ常湿管理で残りはケース内。
左下はとりあえずトレード要員...のつもり。お相手募集中。

いちばん変化が進んだ表現の葉はこれでしょうか。
d0249970_22415137.jpg
本気には程遠いですね...

兄弟株のリリース先ではもっとしっかりした模様が出ているようなので、ポテンシャルは確かな筈、ウチもちゃんと引き出してあげないといけません。



d0249970_2252176.jpg
左奥の株は取り木中。

元々そのつもりは無かったのですが、下葉がほとんど落ちたところに気根が沢山出てきたものだから・・・

こんなことをしているから太く育ってくれないのでしょうけどね・・・


今シーズンの目標は1株でも立派に育て上げること。
どうしたものか・・・
[PR]
by bbex58582 | 2013-06-15 23:00 | アグラオネマ | Comments(4)

Aglaonema pictum "tricolor" type EUREKA P. Nias

もっとも思い入れのあるAPTです。
が、ここ半年くらい絶不調、ようやく調子上向き傾向です。

調子は悪くても数は増えていて...

(2013.06.02)
ケース管理の6鉢。
d0249970_16272962.jpg

120cm2つと30cm水槽に分散させて親株を含め8鉢。
写真は親株以外です。
d0249970_16315692.jpg
刻み過ぎましたでしょうか...

まだまだ時間がかかりそう。


右下の鉢だけミズゴケ植えです。
軽くて良いです。
d0249970_1632546.jpgd0249970_1632472.jpg

d0249970_1634257.jpg
復活の生ミズゴケ、
元気良すぎ。。。


d0249970_16362348.jpg
この株、ケースから出したこの機会に今日から常湿移行させます!

きまぐれでですが、梅雨時期ですし、まぁ、大丈夫でしょう。



常湿管理の先客は4鉢。
d0249970_16382255.jpg
d0249970_16385971.jpgd0249970_1639045.jpg
常湿だと動きが遅いような気がしますが...
今更後には引けないので余程のことが無ければこのまま行きます。
ちなみに右のは一度常湿で芽をあげたものの枯れてしまったタケノコ株、脇芽を出して再チャレンジとなっていますが、今回は季節的にも大丈夫でしょう(←期待を込めて...)
d0249970_1639248.jpgd0249970_1639316.jpg
常湿だと白の部分が青っぽくなります。
この2株は以前から常湿で育てていた鉢から出てきたタケノコ株。
生まれながらの常湿エリート(?)なので見ていて安心です。

で、肝心の常湿元株は植え替えの時根元で折ってしまい挿し木をして養生中。
d0249970_16485167.jpg
かつての雄姿
を思うと無残極まりない状態。
早く復活させてあげたいです。

左の株は根がポットの側面まで届いて好状態ですが、右のは不明。
両者の発根を確認次第寄せ植えにして復活を目指します。

この株もだけど、他にケースで育てている元株2つ(脇芽有)、花芽を上げて以来不調続き。
冬時期の管理温度が低めだったのもあるけど、とにかく葉が落ちる・・・
現状、葉が1枚とか2枚とか・・・これらもしっかりと復活させてあげないとなりません。

花芽はちょっと困りものなのですが、微妙に成果を上げているからこれまた扱いに困る...
d0249970_16585595.jpg
TB便のパダン産の緑3色(マーブルタイプの方)ですが、このフルーツの受粉親はエウレカタイプ!

まだまだこれからですが、どんな表現の株になるか早くも楽しみです。


ちょっと脱線したけど、以上のエウレカ14鉢で15株(葉っぱゼロでも1株とカウント:苦笑)
確か他に4株ほどリリースしているので、棒切れから2年足らずでよく殖えたものです。
育成技術が伴わず綺麗維持できていないのが恥ずかしい限り。
再度出直して頑張ります。。。
[PR]
by bbex58582 | 2013-06-02 21:00 | アグラオネマ | Comments(6)

Aglaonema Yok siam

気まぐれに園芸アグラオネマをば...

Aglaonema Yok siam
(2013.06.02)
d0249970_1661320.jpg

昨年春に導入、間もなく調子を落として以来多分1年くらいケース内で育てています。
ちなみに導入当初の雄姿はこちら

ここ最新の葉、2枚
d0249970_168683.jpg
ほぼ白の葉が続いています。

植物としてはこれはまずいのでは...

これが続くようだと考え物です。


このひとつ前はこんなでした。
d0249970_1694689.jpg
個人的にはベストな表現!

厚めの葉質にもとてもマッチしています。



さらにもう1枚前。
d0249970_16105257.jpg
白と緑のツートンカラー
(中間色も入っていますが)
なかなか面白い表現です。

このあたらりからでしょうか、葉のサイズが小さくなってしまっています。
ミズゴケ植えの限界でしょうか?
そろそろ用土植えに戻してあげないと...

これは大きかったころの葉。
d0249970_16134693.jpg
毎回全然違う柄を出してくれるのでとてもお得な感じ(笑)

センターのレッドラインもいいアクセントになっています。


コレもいい表現!


アグラオネマは園芸種も色々あって面白いです。
タイなどでは派手な赤系が人気のようですが、日本だとこういったカラーが人気でしょうかね?
管理にちょっとクセがある(ように感じる)のが難点ですがとても良い観葉植物だと思います。
[PR]
by bbex58582 | 2013-06-02 20:00 | アグラオネマ | Comments(0)
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite