「ほっ」と。キャンペーン

aqu@raceae

aquaraceae.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

実生ピクタム(No.1) #4

アグラオネマ ピクタム トリカラー
パダン産緑3色(TB便・モザイクタイプ) × アンダマン諸島産(多分ID)


#1→http://aquaraceae.exblog.jp/19022415/
#2→http://aquaraceae.exblog.jp/19258937/
#3→http://aquaraceae.exblog.jp/19598621/

一応、順調。
5株とも2枚目葉まで出たので予定通り植え替えました。

(2013.10.05)
d0249970_1841974.jpg
4株は葉3枚まで展開済みでした。
遅れていた1株も2枚目葉が展開。

ということで、葉の数は計14枚、、、さすがに密集しすぎです。


鉢をひっくり返すと...
d0249970_1842477.jpg
予想以上に根がしっかり!


d0249970_1842786.jpg
種子の半分くらいは溶けていました。

「溶け」 ということで一瞬 「ギクッ」 としますが大丈夫。
いわゆるアポトーシスってやつでしょうか、健全なトロケです。。。


植え付け
d0249970_1843226.jpg

区別するために鉢には番号を振りました。 既出ですが、最初の葉を展開した順番です。
d0249970_1843357.jpg


d0249970_1843551.jpg
なかなかハイスペックな感じの4番。

楽しみです。



植え付けから3週間
(2013.10.26)
d0249970_1843748.jpg
ほぼ変化なし。

植え替えのストレス + 栽培温度の低下 で動きが悪いのでしょう。
ともあれ、全株とも根付いているようなので一安心。
気長に見守っていきます。。。
[PR]
by bbex58582 | 2013-10-26 19:00 | アグラオネマ | Comments(2)

Aglaonema pictum "tricolor" type EUREKA P. Nias (白タイプ?)

type EUREKA 【AZ0611-4】 は昨年末をピークに花が咲いた後、状態が崩壊してしまいました。
現在復活に向けて育成中。
が、主に害虫が原因ですが葉を落としたりしてグダグダ...
なんとか、ようやく 状態上向きです。 (キンチョール様様です・・・これに関しては後ほど)

これとは別に、アクアリウムバスの時に衝動買いしていた株【AZ0912-4】がありましたが、今回はそれの紹介です。
当時、何となくタイプ違いに育ちそうな予感がして買ったのですが...

(2013.10.20)
d0249970_15545716.jpg
だいぶ白が強い...ように見えます。 (誤差範囲?)

特にこの辺、ニルバーシュ並の白さです。
d0249970_15593269.jpg
AZ0611-4 エウレカではこれほどの色バランスは無かったです。
微妙な栽培条件の違いによるものなのか、それとも根本的に株のタイプが違うのか...

ちなみに、先日のNO★MAD千駄ヶ谷で見たエウレカのリトルニアス展示鉢ではタイプ違いのエウレカがたくさん見られましたし、別のブース、sonsiさんやyamastyさん取扱いのエウレカもそれぞれ独特のタイプでした。
「エウレカ」と称されるタイプの中に明らかに異なる数タイプが混在しているのは確実です。


さて、この株、この先まだ変化があると思います。
楽しませてもらいましょう。

と思ったら、花芽...
d0249970_1624882.jpg
異常に小さい葉を出したので予感はあったのですが、困ったものです。


でも咲かせます!
でもって狙いは ×ニルバーシュ です。
うまくいけば タネ ネタになりますね。
タイミングや花粉の吹き出し次第、せめて保管花粉でもいけるなら可能性は広がるのですが、そのへんは別途実験中。


ちょっと脱線しましたが、アクアリウムバスでの衝動買いは今のところ間違ってなかったぞ! ということで...
[PR]
by bbex58582 | 2013-10-21 19:00 | アグラオネマ | Comments(2)

Aglaonema pictum "tricolor" NIRVASH P.Nias

前回投稿は6月だったでしょうか? (http://aquaraceae.exblog.jp/18980100/)
あれから4ヶ月弱ですが、何とか形になりました。
期間の割に良く育ったものです。

(2013.10.03)
d0249970_14251776.jpg
d0249970_14251941.jpg
ケース内での育成株です。

2回連続してカットしたら花芽を上げてしまいました。
花芽の前の葉が小ぶりですが、案の定です...

さらに、この写真撮影後、葉が2,3枚落ちて見栄えが悪くなってしまったので、とりあえず備忘録的にブログにUPです。

花はとりあえず咲かせます。
他タイプ・ピクタムとの交配もタイミング次第で...

去年はタイプ・エウレカが開花を期に状態が崩壊してしまった(しかも3株同時に...)ので同じ轍を踏まないように気を付けなければなりません。
少なくともハダニ・アザミウマの害虫対策に目処がついたのでだいぶ楽にはなりました(←逆に言い訳のできない状況とも言えますが...)。


常湿株の方
こっちはこっちでいい感じ。
d0249970_14252272.jpg
ただ、ちょっと小さいです。


ケース内株もそうでしたが、なかなか幹が太くなってくれないので難しい。
同産地のエウレカよりもクセがあるように感じます。
その分、しっかりと育った株の表現は素晴らしいので育てがいがあるのですが。


下葉が落ちて株のバランスが悪くなってきているのですが、切らずにこのまま育ててみます。
[PR]
by bbex58582 | 2013-10-20 19:00 | アグラオネマ | Comments(5)

アグラオネマ ピクタム トリカラー 西スマトラ・標高50m付近

kn3月便のトロケロールです。
ひとまず、完全復活!
  (2013.10.19)
d0249970_16491687.jpg
発病以来ずっと多湿環境で育てていて軟腐病を再発していないので完全に克服したものとみられます。
ひとえに、「運が良かった」 その一言に尽きます。
まぁ、それほど見当違いなことをしていたわけではないですが・・・

なお、より確実な導入方法はコチラ(ぱおさんのブログより)
knトロケロール対策に限らず、とても参考になります。

現地葉
d0249970_16585556.jpg
栽培下でまだこのレベルのモザイク柄は出ていません。

迷彩らしい迷彩柄、このレベルの葉で茂った大株は圧巻でしょうね・・・



復活1枚目
d0249970_16585771.jpg
以前にも紹介しましたが、かなりの後退です。

ちなみに、この葉の展開が7月、導入4ヶ月目でした。

ここらかはトントン拍子でしたが、ここまでは長かった・・・。



復活2枚目
d0249970_16585916.jpg
更に後退・・・

後退っぷりばかりが気になっていましたが、改めて見るととても地味です。。。
これが親葉のようになるなんて読めません。



復活3枚目とその次のドリル
d0249970_1659129.jpg
ここで一気に来ました。

次も楽しみです。



この子にはトロケて散った他の子の分もしっかりと育ってもらわねば…です。
[PR]
by bbex58582 | 2013-10-19 19:00 | アグラオネマ | Comments(2)
line

aqua+araceae             サトイモ科植物(水草)を中心とした栽培記録   


by bbex58582
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite